絵本は深かった

 先日の定休日に、久し振りに都心に出て展覧会など観に行った。目黒にある庭園美術館でフランスの絵本展を観て、それから銀座に出て恩師の個展へ。

 フランスの絵本は1800年代や1900年代初頭の絵本があり、もうそのリアリティに打ちのめされて、会場をウロウロ、ウロウロしてしまった。本というのはやはり時間という衣をまとうとまた別の力が生まれるのか、または器物としての命が宿るのか、そんな気がしてならないほどのリアリティがあり、もしこの絵本たちがまどそら堂に並んでいたらなどと,ありもしない夢想をしてしまうのだった。

 比較的新しい絵本である象のババールにしても、当時フランスの本屋の店頭に並んでいたであろう頃の佇まいをそのままにして、もう何とも言えない手触り感というか、表紙の絵など空気にさらされて緩やかに酸化していくインクの味わいが素敵すぎて、ああ、やっぱ絵本っていいなーと。

 消費される本だったかもしれないけど、こうして時を経ると、こうも熟成されるわけで、だから本っていうのはいいもんだと本屋なのにというか本屋だからこそなのかわからないけど、しみじみ思うのだった。これだってアートともいえるんじゃないかってふと思う。

 絵本を読むという体験が少なかった、ていうか皆無に近かったので、絵本についてなんやかんやと語れないんだけども、本のカテゴリの中でもこんなに魅力があるものなのだということに今更気が付いているという・・・。まどそら堂にこんないい絵本が並ぶように妄想だけでもいいからしておこう、などと思ったわけでした。

 今日の国分寺は晴れ。梅雨の合間に太陽が。

 今日の気になる一冊は、「詩の世界」詩の世界社。ボブ・ディラン特集。発行年月日が出ていないのでいつの号なのかわからず。しかしこの本(雑誌?)すごい。ラビさんも寄稿してるし。もうちっと高くしとくか(笑)。

 今日流れているのはブライアン・イーノをベースに懐かし系も。
b0304265_14141130.jpg

 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2018-06-07 14:14 | 本あれこれ | Comments(2)

本にからかわれている

 本にからかわれている?そんな気がすることが結構ある。

 たとえばイベントに持って行くために箱の奥にしまった本。いつもは店頭に並べていてすぐそこにあったのに、しまうとあの本はないか?と聞かれたり。どこそこの○○本はないか?と聞かれ,ありますありますとさがしてもなくて、あれ―?無いですね・・・とお客様が帰ってから目の前の棚にちゃんとあったり。

 不思議でしょうがないのは、ずーっと並べていてまったく反応が無かった本をしまうと、なぜかその本についての問い合わせがあったりするし、この作家の本を探しているんだけどって言われて作家の名前を聞くと、ついこないだバックヤードの奥底にしまって棚卸でもないと出てきません状態になってたりする。なぜかしまって時間が経たないうちに問い合わせがあったりすることが不思議。

 だったら店頭にあるうちにつながればいいのになーと思うんだけど、それがそういうわけにはいかないんだよね(笑)。本は自分の意志を持っているのかな(笑)。

 だからしまう時はどこそこにあるって記憶するようにしているんだけど、一晩寝ればもう忘れる(笑)。管理がしやすいバックヤードにすればいいだけなんだけどね。あー、もっと広い空間があれば・・・。ていうか空間の広さじゃなくて管理能力の問題なだけですか(笑)。

 今日の国分寺は雨。

 今日の気になる一冊は、「ちびくろ・さんぼ」岩波書店。お店にあるのは昭和36年の版。いろいろ変わってない頃の版。昔の版なので少しお高い。みなさん手に取って見られるけれども、買うまでにはいかないのはお値段が高いからかなーと思いつつ・・・。

 今日流れているのは、いしだあゆみ&ティンパンアレイファミリー他です。
b0304265_1441775.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2018-06-06 14:04 | 本あれこれ | Comments(0)

てのわ市、トリハ展無事終了

 てのわ市、終了しました。トリハ展も。今回は2つが重なってしまったので、あたふた気味でしたが、無事終わったのでよかったです。来ていただいたお客様、気にかけていただいた皆さま、ありがとうございました。

 てのわ市は気温が高くてみなヘロヘロでしたが、あの炎天下の中、直射日光を浴びながらギャラリーchibimadoブースでライブペインティングをしてくれた、たまちゃん(玉川宗則さん)、ありがとう!とてもハートフルな絵を描いてくれましたよ。

 さてさて今日はイベント後の本の整理に没頭したいところですが、別件で用事があり、お店は副店長に任せて僕は外出の予定です。蚤の市、てのわ市、トリハ展とイベントが同じ時期に重なってちょっと負荷がかかり過ぎた感がありましたが、これも若さで乗り切ったかなと(笑)。

 実際、蚤の市の搬出では今回場所が変更になっためスムーズにいかず、古書店の人たちみんなで助け合って搬出となったんだけど、若い店主さんたちの動きの軽さと、うちの荷物もどんどん運んでくれたりしてうれしかったわけです。自分ももうちっと若ければフットワークも軽くいけるかなと思ったりして。てのわでもサブリエのみなさんがうちの荷物を運んでくれました。感謝!

 お店でお客様とその辺の話をしていて、もう少し若ければねーというと、いやいやそんなことないでしょ、って言ってくれて、いくつですか?って聞かれたので即座に38歳って答えたら、真顔であーそうですかって(笑)。そこでツッこんで貰わないとリアクションしづらいですがな(笑)。

 なにはともあれ若さは必要。今日のこの青い空のように。気持ちだけでも若くいようと思ってます。

 今日の国分寺は晴れ。明日は火曜日ですのでお休みです。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、「夏への扉」ロバート・A・ハインライン。ハヤカワ文庫。一昔前かもしれないけど、定番中の定番のタイムトラベルSF。夏になればこの本を読みたくなるSF好きさんはたくさんいるかな?いまはそうでもないのかな?おすすめです。

 今日流れているのは、ブライアン・イーノです。今週にはゆっくりプレーヤーを直そうと思っています。
b0304265_1342415.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2018-06-04 13:42 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

国分寺で、てのわ市!

 いよいよ明日はてのわ市です。

 天気もよさそうだし、国分寺でのイベントですから気合いも入ります。朝から準備して、オープンは10時半から。午後4時終了ですが3時半くらいには片付けモードになっていると思うので、掘り出し物探しでしたら早めにどうぞ。

 開催場所の都立武蔵国分寺公園のこもれび広場は、その名の通りこもれびがきれいな空間です。木々の間に清らかな風が吹いていて、その場所にいるだけでも落ち着きます。その広場に、クラフト作家さんが40名以上、ショップもおよそ20店、フードも15店くらい、その他にもワークショップにライブと盛りだくさん。

 まどそら堂はもちろん古本。ギャラリーchibimadoではアーティストの玉川宗則さんのライブペインティングと絵画の販売です。まどそら堂とchibimadoは同じブースです。

 このてのわ市が終われば、通常営業に戻れます(笑)。そうしたら落ち着いてブログも書けるというもの・・・。いろいろほったらかし状態なので、ひとつひとつ片づけて落ち着いた清々しい風が流れる古本屋になりたい(笑)。

 みなさん、ゆっくりお店で楽しめるようがんばりますので応援よろしくお願いします。ていうかお前がなんとか頑張れよってことですかね(笑)。わかりました、がんばります。

 今日の国分寺は晴れ。明日は終日、てのわ市におりますので、ブログはお休みします。なお国分寺マンションの店舗は副店長が開けておりますのでてのわ、店舗どちらもお立ち寄りくださいませ。

 今日の気になる一冊は、「ひな菊の人生」吉本ばなな・奈良美智。ロッキングオン。まどそら堂では定番アイテムの奈良美智本。奈良さん、鉄板です。ありがとうございます。

 今日流れているのは、はっぴいえんどです。
b0304265_1517956.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2018-06-02 15:17 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

新入荷情報123

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。

【いろいろ】
「健康問答 平成の養生訓」五木寛之・帯津良一/平凡社ライブラリー/2010年
「フィネガンズ・ウエィクⅠ・Ⅱ」ジェイムズ・ジョイス/河出書房新社/1991年/初版
「私の浅草」沢村貞子/暮しの手帖/版昭和53年9刷
「貝のうた」沢村貞子/暮らしの手帖社/昭和53年
「東京文学百景」志村士郎/有峰書店/昭和47年
「ピカソ 愛と苦悩―ゲルニカへの道」東武美術館図録/1995年
「ヴィンテージ紙もの雑貨コレクション」ブライアン・ディー・コールマン/グラフィック社/2015年/初版
「不思議の国のアリス」画=ヤン・シュヴァンクマイエル/エクスファイアマガジンジャパン/2006年/初版
「オウエンのために祈りを 上・下」ジョン・アーヴィング/新潮社/1999年
「未亡人の一年 上・下」ジョン・アーヴィング/新潮社/2000年
「ピギー・スニードを救う話」ジョン・アーヴィング/新潮社/1999年
「サーカスの息子 上・下」ジョン・アーヴィング/新潮社/1999年
「パノラマ島奇談」江戸川乱歩/昭和53年/1刷
「底の抜けた柄杓 憂愁の俳人たち」吉屋信子/新潮社/昭和39年/2刷
「お弁当のいろいろ」御厨良子/日本教育會/昭和30年/14版
「NARA NOTE」奈良美智/筑摩書房/2008年/6刷
「ひな菊の人生」吉本ばなな・奈良美智/ロッキング・オン/2000年/初版
「レアモノ大図鑑 1巻」TASCHEN/2003年/1刷
「コ・ラボ・アート 特集:サンクチュアリ」セゾン現代美術館/1994年
「HIBINO」日比野克彦/朝日出版社/1983年
「版画藝術 33特集:アンリ・マチス」阿部出版/1981年
「版画藝術 36:現代版画アメリカ特集」阿部出版/1982年
「版画藝術 30:W・カンディンスキー版画特集」阿部出版/1980年
「版画藝術 39特集:日本木版画大系」阿部出版/1982年
「版画藝術 42特集:アンディ・ウォーホル」阿部出版/1983年
「版画藝術 38特集:日本銅版画大系」阿部出版/1982年
「版画藝術 35:エドワルド・ムンク特集」阿部出版/1981年
「版画藝術 29:ルノアールと印象派の版画」阿部出版/1980年
「世界の服飾 デザイン発見の旅」飯塚信雄/日本ヴォーグ社/昭和52年/初版
「一皿の料理」常原久彌/暮しの手帖版/昭和50年/4刷
「母さんの小さかったとき」越後登代子・文/ながたはるみ・絵/福音館書店/1988年
「父さんの小さかったころ」塩野米松・文/松岡達英・絵/福音館書店/1988年
「現代コミック1 石森章太郎集」双葉社/1969年/初版


 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、お休みします。

 今日流れているのは、ブライアン・イーノです。
b0304265_14512280.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2018-06-01 14:51 | 入荷情報 | Comments(0)