「古時計百種百話」緑川洋一あります

 家の目覚まし時計がひとついかれてしまって、もうひとつある目覚まし時計も鳴ったり鳴らなかったりで、頼りないことこの上なし。絶対起きなければならない時間に目覚ましが鳴ってくれず、寝坊したことも(鳴ったんだけど止めてただけだったりして)。

 時計というのは、ただ時間を表示しているだけに過ぎないはずなのに(時計そのものが時間であるわけでもないのに)時計という固体に時間が宿っている気がしてくる時がある。お店にも昭和レトロな壁掛け時計があるが、やたらとボンボンうるさいのでネジを巻かずに放置している。静かな時にいきなりボーンと鳴るので、お客様もビックリしてのけぞってしまうから(笑)。それが面白くてネジを巻きまくってた時もあったが。

 お店には古時計マニア垂涎(?)の、「古時計百種百話」がある。歯医者さんで写真家の緑川洋一の本。緑川洋一がひたすら集めた古時計たちと、その時計たちにまつわる話をエッセイ風に書いている本だ。なかでも讃岐の円座という村の、古い時計屋で求めた古時計の逸話が面白かった。鳥籠の鳥が動く置時計と、大正時代の古時計二つの合計三つ。幾らかと老人の主人に尋ねると、幾らで買うか、と。三つで六千円。そう答えると、老人は即座に六千円?とんでもない、と言う。安すぎたかな・・・と思って、しまった顔をしたら老人は緑川の顔をしげしげとのぞきこんで、お前さんは時計屋ではないな。これを六千円で売ったとあっては円座の時計屋が末代まで笑われる。高すぎる。ひとつ五百円、三つで千五百円。それ以上は絶対受け取らん。お前さんはよほど時計が好きらしい。上方から業者が来て売ってくれと言われたこともあったが、今までついぞ売らなかった。わしは年老いた。どうかそれを可愛がっておくんなさいよ・・・(一部本文から抜粋)と言われたそうだ。

 昭和の何年の話かわからないけど、当時の六千円ならそれなりの金額だったんだろうなと思うが、後で調べたら鳥籠の置時計は相当古いものだったらしい。そんな古時計にまつわる話と、現物のモノクロ写真が百種百話。本自体もレアだけど、中に載っている時計たちもレアものばかり。・・・面白いね。

 時間というのはほんとにあるのか、それともないのか。あってもなくても古時計には古い過去の時間も詰まっていそうな気がする。お店の掛時計もたまにはネジを巻いてみようかな。・・・昭和な時間が流れそうだよ。

 今日の国分寺は晴れ。ギリシャ戦は・・・。次のコロンビア戦に、一縷の望みをかけよう。限りなくゼロに近い確率でも、確定してないものはどうなるかなんてほんとわからないから(と、自分に言い聞かせています)。

 今日流れているのはクラッシュ。「ロンドンコーリング」で迷いを吹き飛ばせ!
b0304265_1601383.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-06-20 16:00 | 本あれこれ | Comments(0)

咳をしても一人

 最近どういうわけか梅雨に入ってからというもの、お店では、咳をしても一人・・・なのであった(さびしー!)。いやいや、そんな話じゃなくて、「咳をしても一人」の作者、尾崎放哉の話。

 ご存じ種田山頭火と同じく、自由律俳句の俳人、尾崎放哉。山頭火もいい感じだけど、放哉の句には妙な哀感があって好き。人柄自体はとんでもなく困った人だったらしいが、句は残ったね。作品を残せたんだからいいよね。すたれることもないだろうし。

 俳句っていうのも不思議なもんで、五七五のたったの17文字だけの表現なのに、深い表現ができたりする。しかも自由律俳句の場合は、季語もないし文字数も制約なしだから、ほんと自由に表現していいわけだ。放哉の句は、情景を詠んで情景にとどまらず。そして、心情を詠んで心情にとどまらず。その通りですな。

 長編小説のかたちと自由律俳句のかたちは全く反対のものに見えるが、中身はまるでいっしょ。文字数の多い少ないの違いだけで表現の幅は同じ、というところがすごいと思う。ほんの一行足らずで、世界が立ち現れるのだから、たとえば通勤・通学の電車の中で今日考えたことや感じたことを、句にして詠んでみたら面白いかと思う。が、そううまくできないんだよね、これが。作ろうとして作ると無理があってよそよそしいし、日常的に詠んでこそなんだろうね。かまえてもできないもんだし。

 放哉の句は、静けさを感じる句が多いね。

 一日物云わず蝶の影さす

 沈黙の池に亀ひとつ浮き上がる

 たった一人になり切って夕空  ・・・・・・とか。

 センチメンタルな句も多い。結構好きな傾向。たとえば、

 淋しいぞ一人五本の指を開いて見る

 淋しいからだから爪がのび出す

 淋しい寝る本がない  ・・・・・・など。「淋しい」が好きなんだねー(笑)。

 寂しい、じゃなくて淋しい、っていう字の方だよね。やっぱり。また、こういう句も面白い。たとえば、

 人をそしる心をすて豆の皮むく

 にくい顔思ひ出して石ころをける

 ・・・・・・まったく反対じゃないか(笑)。

 個人的に好きなのは、

 何か求むる心海へ放つ

 大空のました帽子かぶらず

 ひどい風だ、どこ迄も青空  ・・・・・・など。

 荻原井泉水が出した放哉の句集「大空」が欲しいなあ・・・。皆さんも人生に疲れを感じたら、放哉をどうぞ。・・・・・・きっと効きますよ。

 今日の国分寺は曇り、雨、晴れ。全部セットになってます。それと、明日は定休日ですのでお休みです。また金曜日にお会いしましょう。金曜の朝はギリシャ戦。たのむぜ!

 今日流れているのはカンサス。「すべては風の中に」のライヴバージョンが入っているアルバムです。
b0304265_1565719.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-06-18 15:06 | 本あれこれ | Comments(0)

新入荷情報19

 昨日に引き続き新入荷情報です。SF・ミステリ、コミックス、児童書・絵本については、昨日の新入荷情報18をご覧ください。


[料理]
「江上トミの家庭料理 1野菜」大門出版/昭和48年・4刷
「江上トミの家庭料理 2魚」大門出版/昭和48年・4刷
「江上トミの家庭料理 3肉」大門出版/昭和48年・5刷
「江上トミの家庭料理 5ご飯・めん類・パン・お菓子」大門出版/昭和48年・5刷
「ベターホームのお魚料理」ベターホーム出版局/1993年・4刷
「包丁入門」田中恒雄/柴田書店/昭和55年・14版

[文芸]
「越前竹人形」水上勉/中央公論社/昭和45年・14版
「高瀬川」水上勉/集英社文庫/昭和52年・1刷
「この世の外なら何処へでも」一條諦輔/文芸春秋/1984年・1刷
「オリオンの哀しみ」氷上恵介遺稿集/国立多摩全生園/1985年
「スタヴロスは染まらない」武藤芳治/新潮社/1985年・初版
「無縁の生活」阿部昭/講談社文庫/昭和55年・1刷
「札幌婦人」吉行淳之介/集英社文庫/昭和61年・1刷
「ぼんち」山崎豊子/新潮文庫/昭和41年・11刷
「望みなきに非ず」石川達三/新潮文庫/昭和45年・33刷
「ヘチマくん」遠藤周作/角川文庫/昭和46年・10版
「協奏曲」遠藤周作文庫/講談社/1974年・1刷
「黒いレンズ」黒岩重吾/中公文庫/昭和57年・初版
「酔いどれ天使」渡辺淳一/角川文庫/昭和57年・18版
「楼蘭」井上靖/新潮文庫/昭和43年・初版
「忍ぶ川」三浦哲郎/新潮文庫/昭和44年・10刷
「共喰い」田中慎弥/集英社文庫/2013年・5刷

[学術]
「夢の科学」三輪和雄/新潮選書/昭和59年・初版
「ガイアの時代」J・ラヴロック/工作舎/1989年・1刷
「ロゴスの世界」向坂寛/徑草書房/1976年・4刷
「出がらし ものぐさ精神分析」岸田秀/青土社/昭和55年・3刷
「情報文明論」公文俊平/NTT出版/1994年・初版

[その他]
「UFO革命」横尾忠則/晶文社/1979年・初版
「映画は夢の祭り」長部日出雄/文芸春秋/1988年・1刷
「映画監督になる法」長部日出雄/文芸春秋/1985年・1刷
「ヨーロッパ鉄道の旅」中田安治/昭和48年・初版
「日本死刑史」森川哲郎/日本文芸社/昭和54年・初版
「キャンピング」酒井哲雄・橋本憲之/日本YMAC同盟出版部/1968年・5版
「いじわる紳士」野坂昭如/講談社/昭和41年・1刷
「風に訊け」開高健/集英社/1985年・4刷
「真夜中対談」五木寛之/文芸春秋/昭和46年・2刷
「何が何だか」ナンシー関/世界文化社/1997年・初版
「続 家庭口論」井上ひさし/中央公論社/昭和50年・3版
「撮影地ガイド」丸茂慎一/玄光社/昭和28年・初版
「買ってはいけない」週刊金曜日増刊/株式会社金曜日/2001年・22刷
「近代界繪画」小林秀雄/新潮社/昭和35年・8刷
「参禅入門」大森曹玄/春秋社/1980年・7刷 函欠
「わら一本の革命」福岡正信/春秋社/2008年・11刷
「チェルカといっしょに 東欧の手づくり」雄鶏社/2008年
「日本の温泉 分類別400選」毎日新聞社/昭和46年・初版
「歌舞伎名作事典」演劇出版社/平成10年再版
「表千家茶の湯」千宗左/主婦の友社/昭和45年・32版 函
「動物画参考資料」河北人民出版社/1981年
「田中一村作品集」日本放送出版協会/昭和61年・6刷

 きょうの国分寺は晴れ時々曇り。バス待ちの人も少ない午後だす。

 今日流れているのはグランド・ファンク・レイルロード。ハードな曲で鼓舞していますが、お店にはしっとり系があっているみたいです。

b0304265_15183754.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-06-17 15:18 | 入荷情報 | Comments(0)

新入荷情報18

 本日と明日の2日間に渡り、新入荷情報をお送りします。

 本日は、≪SF・ミステリ≫,≪コミックス≫、≪児童書・絵本≫。明日は≪料理≫、≪文芸≫、≪学術≫、≪その他≫です。


[SF・ミステリ]

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」フィリップ・K・デイック/ハヤカワ文庫/1993年・29刷
「妖精作戦」笹本祐一/ソノラマ文庫/昭和60年・3版
「ハレーション・ゴースト」笹本祐一/ソノラマ文庫/昭和60年・初版
「カーニバル・ナイト」笹本祐一/ソノラマ文庫/昭和60年・6版
「ラスト・レター」笹本祐一/ソノラマ文庫/昭和60年・初版
「天才はつくられる」眉村卓/秋元文庫/昭和53年・13刷
「地獄の才能」眉村卓/秋元文庫/昭和56年・15刷
「ねじれた町」眉村卓/秋元文庫/昭和53年・9刷
「七瀬ふたたび」筒井康隆/新潮文庫/昭和54年・6刷・帯付き
「宇宙の声」星新一/角川文庫/昭和51年・初版
「舞台裏の殺人」キャロリン・G・ハート/ハヤカワ文庫/1992年・3版
「血まみれの野獣」大藪春彦/新潮文庫/昭和54年・初版
「風少女」樋口有介/文春文庫/1993年・1刷
「女友達」新津きよみ/角川ホラー文庫/平成10年・9版
「犯罪見本市」都筑道夫/集英社文庫/昭和56年・1刷
「怪奇小説という題名の怪奇小説」都筑道夫/集英社文庫/昭和55年・1刷
「柔らかな頬 上・下」桐野夏生/文春文庫/2004年・1刷

[コミックス]

「宇宙船製造法」藤子不二雄/小学館/昭和60年・初版
「ショウほどすてきなマンハッタン」わたせせいぞう/徳間ジャパン/1987年・初版
「ふたたびの旅。」グレゴリ青山/メディアファクトリー/2002年・初版
「まんが専門誌 ぱふ 特集:夢野一子」雑草社/1982年・7月号

[児童書・絵本]

「なぞなぞ頭のたいそうブック」辰野千寿 絵・峰たろう/講談社/昭和55年5刷
「風にのってきたメアリー・ポピンズ 帰ってきたメアリー・ポピンズ」P・L・トラヴァース/岩波書店/1963年・1刷
「講演のメアリー・ポピンズ/ P・L・トラヴァース/岩波書店/1965年・1刷
「クマのプーさん プー横町にたった家」A・A・ミルン/岩波書店/昭和38年・3刷
「地に消える少年鼓手」ウィリアム・メイン/岩波書店/1977 ・3刷
「ふしぎならんぷ」アラビアンナイト/集英社/昭和40年
「私が1ばん好きな絵本2 日本の絵本150選」中央公論新社/2002年・初版
「保育絵本 ねこねここねこ」小学館/1987年
「宮沢賢治 花の童話集」いわさきちひろ/童心社/2000年・67刷
「ブルくんとかなちゃん」ふくざわゆみこ/福音館書店/2007年・1刷
「ふたりだけのキャンプ」松居友/童心社/2001年・3刷
「夜にみちびかれて」ロイス・ダンカン/BL出版/2001年・1刷
「コブタをかぞえて Ⅰ(いち)からMM(にせん)」アーサー・ガイサート 訳:久美沙織/BL出版/1999年・Ⅰ刷
「ねえ、どれがいい?」ジョン・バーニンガム/評論社/1996年・12刷
「山下清の絵本」監修:式場俊三/ノーベル書房/昭和55年・初版


 今日の国分寺は晴れ。梅雨の合間の晴れですから、古本屋巡りでも・・・いかかですか。

 今日流れているのは、カバーディル・ペイジ。カバーデルかな?もちろんあのデヴィット・カバーデルとジミー・ペイジのコンビアルバムです。

b0304265_15421036.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-06-16 15:42 | 入荷情報 | Comments(0)

ウォン・カーワァイで人心地。

 香港のことをちらっと考えたので、今日は香港映画の話。といってもカンフーでもなく、ノワールものでもない変わり種を。

 1990年代半ば、ウォン・カーワァイ(香港の映画監督)の映画が観たくて、小さな映画館でかかっていたこの監督の映画を見て回ったことがある。当時、マイナーながらもそれなりの話題になってたし、尖っていて刺激的だった。

 日本語のタイトルは配給元がうまいことつけたみたいで、映画の雰囲気にピッタリだった。「恋する惑星」、「天使の涙」、「欲望の翼」、「楽園の瑕」など。日本で公開されて話題になった「恋する惑星」は、あのフェイ・ウォンが主演。他にトニー・レオン、金城武など。モンチッチみたいな髪型のフェイ・ウォンにはちょっと引いたが(フェイフェイは中国出身で香港の歌姫)。

 香港の九龍を舞台にしているので、あの怪しげな街の光、移ろう影が絶大な効果をもたらしているが、撮影をしているクリストファー・ドイルの光の捉え方が独特で、ほとんど彼の色感がこの映画のキモとなっている(それは「天使の涙」でも「楽園の瑕」でも同じ)。しかも香港好きならうれしくてたまらないロケーション満載で、そういう意味でも楽しめる。

 ウォン・カーウァイ監督は脚本も書くが、映画を制作するにあたり、まともな脚本は作らず大筋のメモ程度で作っていく人である。シーンごとに、その場の雰囲気とノリが重要なポイントで、役者もそれに乗って演じていくので、できた映画は妙にライヴ感がある。ストーリーそのものが重要なのではなくて、映画そのものの息づかいが重要なのだろう。話の展開は妙だけれど、ああ、俺はいま映画を観ているんだなぁと、どっぷりと浸れる。

 「天使の涙」では、金城武がパインの缶詰をむさぼり食うシーンが繰り返されたり、なんだか変なことばっかりで不思議な話だが、べつにむちゃくちゃでも、映画足り得るその映像感に揺さぶられるものがあった。いまどきの泣ける・・・とか、某デ○ズニーの映画とは正反対の、映画というものはこういうものであると言ってしまいたい映画なのであった。コートジボワールに負けてしまったことだし、ここは落ち着くためにひとごごちついて、DVDでも借りてきて観てみようかな。・・・時間を忘れられますよ。

 今日の国分寺は晴れ。次のギリシャ戦、コロンビア戦で連勝すればいいだけの話じゃないか?ね?

 今日流れているのはエアロスミス。「ドリーム・オン」などです。
 
b0304265_15515953.jpg
 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-06-15 15:52 | 本あれこれ | Comments(0)