なんにもない

 今日は唐突なお話。

 地球が、明日も地球として在るのを疑ったことが無くても、予測できない突然の災厄で、地球が明日消滅することがあるとしたら、その時、今まで生きてきてやってきたことや、この先こうして生きて行こうと考えていたことが突然終わる事を、どう捉えるだろうか?

 自分が消滅することはあっても、明日地球が消滅することはない。どう考えても。けれども思考実験のつもりで考えてみる。地球が消え去ればもちろんすべてなくなる。土も水も、人も。何にもない。今までの歴史も積み上げてきた知識もすべて。何もないということは、そしてそれを確認する対象すらないのならば、初めから何もなかったことと同じ。思考する主体がないのなら宇宙そのものがない。どこかで宇宙人が思考していたとして、ああ、地球とその思考は消えてしまったなぁと思っていたとしたら、それだけのこととして記憶されることはあるかもしれないが、宇宙人もいなかったらすべて無に帰することになる。

 無、ってなんだろうか。何にもないって?

 なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない・・・という歌は在ったけど。在るという概念、いや、在るという実感があるから無は在る。在るから無い。無を後から実感できるのは、ぐっすり眠って起きた時。夢も見ず、寝返りを打っても覚えていないくらい熟睡したら、その時間には世界は消滅して、無が広がっていたわけだ。眠りについたときは真暗だったのに眼が覚めたときには朝日が射して明るくなっていた。その間の時間の波は飛び飛びに進んでいたのかそれとも停止していたのかまたは時間そのものが無くなってしまっていたのか。自分にとっては世界は消えた?無がそこに在った?

 地球が消滅して思考も消えて何にもなくなった無で、いや、ここにあったんですよ、地球という星が、思考が渦巻いていたんですよ、と言う存在が無い。ここにわたしはいました、家族も、友達も、みんなここにいたんですという私も無い。なんにもない。

 悲しいとかつらいというのでもない、無常が押し寄せる。諦念でもない、無常。知りたいという思いも解りたいという欲求も無常に包まれて見えなくなる。在るのか無いのかすらもわからない。何もないということだけを考えれば考えるほど無から遠ざかる。在る、それは無があるから。無、それは在るの裏返し。それとも在るも無いも思考の内なのか。思考が消えるとき世界は終わる。

 今夜眠るとき無について考えながら寝てみよう。夢で答えがわかるかも知れない。目をつむってから開くときまで、夢も見ず意識も飛んでいたらそれが正真正銘の答えなんだけど。

 今日の国分寺は晴れ。寒いけど。冷えがよくないんだけどなあ。

 今日流れているのは、クラフトワーク。今日は音を絞って。
b0304265_1451108.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-11-16 14:51 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

痔の話

  数日前からお尻の状態が思わしくない。そ、それは・・・そう、痔ですな。

 7,8年前かね?痔になって往生したのは。これが痛くて痛くて泣きそうだったもんね。結局、手術して完治したけどね。それでもたまに冷えたり、飲み過ぎたり(お酒)、ストレスとか下痢とか体が弱っていて、同じ姿勢でずっと座ってたりすると来ますな。

 それでも気を付けてるほうだと思うんだが、1年に1、2回は怪しいときがあるんだよね。座薬を使うと数日で良くなるけど、一回手ひどいやつをやっているので怪しいとビクビクしちゃって・・・。経験がある方ならおわかりだと思うが、結構憂鬱になりますよ、これが。

 お店でずっと座りっぱなしっていうのもイカンのだと思う。トイレでいきむのも良くない。古本屋の日常と痔の関係を書いても仕方ないけど、どうもね、気になるもんだから(ふつうに痔になって治ってという痔主さんたちは慣れてるのかもしれないけど、一度手術までしてると、もう絶対したくないので気になるんですな)。

 痔にもいろいろあって、ポピュラーないぼ痔から切れ痔、ちょっとやっかいな痔ろう(あな痔)などがあるけど、ちゃんとお医者さんに行って診てもらわないとだめですよ。慢性化するとあとでつらくなるから。初めてなった時は風呂上がりに鏡で毎晩チェックしていたから、お尻の穴の構造にやたらと詳しくなった(笑)。だから状態を聞けばだいたいどういう痔かわかる(笑)。

お医者さんに行くのもなんだし、座薬でも芳しくないというアナタ、お店でそおっと耳打ちしてくれればアドバイスできると思いますよ(あくまでも実体験の話に基づいた経験談だけですが)。・・・どんな古本屋なんじゃ!

 今日の国分寺は晴れ。お尻は痛くともいい天気です。

 今日流れているのは、クリンぺライ。ぽこぽこです。
b0304265_15211147.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-11-15 15:20 | お店あれこれ | Comments(0)

新入荷情報34

 本日は入荷情報です。もう品出ししてあります。よろしくお願い致します。

[コミックス]
「あさりちゃん2」室山まゆみ/てんとう虫コミックス/1996年・72刷
「陽あたり良好!1・2」あだち充/フラワーコミックス/昭和57年・21刷
「気まぐれコンセプト」ホイチョイプロダクション/小学館/昭和59年・2刷
「つげ義春アンコール劇場」つげ義春/カタログハウス/1998年・初版

[児童書・絵本]
「炭焼きの辰」岸武雄/偕成社/昭和47年・函
「がんばれヘンリーくん」クレアリー作 ダーリング絵/学研/昭和43年・函
「おならうた」谷川俊太郎・飯野和好/絵本館/2007年・7刷
「いちねんせい」谷川俊太郎・和田誠/小学館/1988年・5刷
「悲しい本」マイケル・ローゼン 谷川俊太郎訳/あかね書房/2005・2刷
「ブレーメンのおんがくたい」ハンス・フィッシャー/福音館書店/2003年・75刷

[料理]
「洋食や」茂出木心護/中公文庫/昭和55年・3版
「ことことふっくら豆料理」辰巳芳子/農文協/2012年・17刷
「中国料理200選」女子栄養大学出版部/昭和50年・初版
「食事のマナー 出し方・食べ方」女子栄養大学出版部/昭和50年・初版

[文芸]
「リルケ 愛と死の歌」石丸静雄訳/沖積舎/昭和59年・初版
「吉本隆明詩集」詩潮社/1981年・19刷
「ポシェット童話」村上春樹ほか/北宋社/1995年・初版
「天の花 淵の声 能界遊歩」小川国夫/角川書店/昭和51年・再版・函
「麦屋町昼下がり」藤沢周平/文芸春秋/1989年・3刷
「どくろ銭」角田喜久雄/東京文芸社/昭和61年・初版

[その他]
「月の記憶 上・下」アンドリュー・スミス/ヴィレッジブックス/2006年・初版
「帝国ホテルの不思議」村松友視/文春文庫/2013年・1刷
「マレーの虎 ハリマオ伝説」中野不二男/文春文庫/1994年・1刷
「盗まれた神話 記・紀の秘密」古田武彦/角川文庫/昭和54年・初版
「アイデアレター」河原淳/カラーブックス/昭和48年・4刷
「フェアトレードのおかしな真実」コナー・ウッドマン/英治出版/2013年・1刷
「なぜ意志の力はあてにならないのか」ダニエル・アクスト/NTT出版/2011年・初版
「炎」特集:MR.BIG/ピンクフロイド/シンコーミュージック/平成6年・8月号


 今日の国分寺は晴れ。寒いけど絶好のいい天気。こんな日はお外で遊びたい!

 今日流れているのは、フランク・ポール。のどかです。
b0304265_13434043.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-11-14 13:43 | 入荷情報 | Comments(0)

作品2点について

  先日、久し振りに詩人の久保亜図美さんがやって来て、最近書いているという短編小説を持ってきてくれた。400字詰めで14枚。タイトルは「桜の骨組み」。他にも体の部位にまつわる短編をいくつか書き上げているという。連作としてまとめれば面白い本になりそう。

 表現することが自分自身の糧となるので、たくさん書いてもらいたい。小説でも詩でもどちらでもいいからね。可愛くて丸っこい小さな手書きの文字に似合わず、内容は越えている小説というのが、かっこいいと思う。予定調和な作品なんかくそくらえ!だよ(越えた地平にこそ引きつけるものがあるのだ)。ただいま亜図美さんの作品はまどそら堂で読めます。

 それともうひとり、こちらも詩人の骨皮筋さんから手紙が来て、作品が入っていたのでこちらもご開陳(本人のご希望なので)。骨皮さんはいま逃亡中。書き溜めた作品をまとめたい旨の話だったが。今年の5月の「問う今日と、国分寺詩」展に出品していただいた作家さんたちはみなさん作品を作り続けて発表してるね。みんなすごいよ。みなさん、また作品見せてくださいね。

 「おやすみ」 骨皮 筋

呼吸することを意識するのは肺に申し訳なく
肩を撫でてみるのは今日も痛む肩甲骨の裏側をおもんばかって
腰に手を当てるのは砕けそうな腰骨とその周りの筋にあやまりたくて 
明日があるのかないのか考える余裕がない
昨日も今日もそれでも生きていた
そして今日も今日とて一日が終わる
重たかろうが軽かろうがまた一晩眠ればキラキラ輝く明日がやってきます、そうだ、そうだろう?そう言って目をつむる。絶望、希望。

何かを成し遂げるまでは死んでも死に切れません、死んでたら死に切る前に死んでますよ
さあ、笑って
腹を抱えて笑い転げれば絶望もひっくり返り明日のキラキラ輝く朝日となって痛みを和らげてくれます。そうだろう?そうですね

寒いあなたの手は冷たくてこころもカチコチに凍ってしまい、解凍するための電気コンロを買いました
それで事足りるならばそんなに卑下してふさぐこともない
なぜなら今夜はそれほどの寒さでもなかろうよ
痛い冬はもうすぐだけど、今夜はまだまだ大丈夫
そんなことばかり考えて今日も今日とて一日がおわる
明日は必ずあるけれど、ないこともある
おやすみなさい

 今日の国分寺は曇り。明日は晴れますかね。明日は定休日なのでお休みです。また金曜日に。

 今日流れているのは、ピンクフロイド。「ファイナル・カット」です。
 
b0304265_14163668.jpg
                        
[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-11-12 14:16 | 詩あれこれ | Comments(0)

ホカホカ!「絶対食べたい!ごちそう鍋レシピ74」

 今日は雨ですなー。いやー、めっきり寒くなってきたねー、ほんとに。細くて脂肪が無いので寒いんだわ、これが(笑)。普通のひとより寒いのは損なのかよくわからないけど。

小さい頃から厚着してなんとかしのいできたけど、齢を重ねるとこの寒さというのは身に沁みますな。学生の頃、あればいいなと夢想していたのはホットウォークマン。S〇NYで新発売すればいいのにと。仕組みは携帯しているだけで体の表面から5センチくらいの厚み分、空気の層が熱せられて暖かいというもの。これをポケットに入れていれば、Tシャツ一枚でOK!夏はクールに変換するだけで冷やされる機能も。そんなもんがあればなーと、よく想像したもんだ。そんなもん作っていればS〇NYもまだまだイケてただろうに。

それにしてもこの歳になると、熱燗とかおでんとか鍋とかでないとシンパシーが湧きませんな。と、お店の料理本コーナーをふと見ると、おおっ、いい具合に鍋の本が(わざとらしい)!

この料理本を見ながら鍋をつついている気になって温まりましょうかね。ホクホクの湯気が立ち上って美味しそう♡・・・などと言って今日は何が言いたいのか・・・。

「絶対食べたい!ごちそう鍋レシピ74」監修:夏梅美智子/朝日新聞出版←この料理本の鍋の美味そうなことといったら!21ページのシンプルな豚肉と里いもの鍋をいただきながら熱燗をお願いします、って誰に言っているのか。18ページの豚キムチ鍋でもいいですな。体がすぐポカポカしてきそう。31ページのいかと大根のみそ鍋って、妙に田舎ティストでほっこりします。ホカホカのごはんといっしょにいただきたい。

 えーと、エアー鍋で寒さを和らげてみましたが、リアルの鍋が食べたくなってきました(笑)。美味しい鍋を作ってみたいという方、「絶対食べたい!ごちそう鍋レシピ74」、おすすめです。実は古本ではなく新刊本です。だから、近所の書店で買えます。どうぞよろしく。

 今日の国分寺は雨。明日は晴れて欲しい。

 今日流れているのは、ブライアン・イーノ。ディスクリート・ミュージックです。
b0304265_14235480.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-11-11 14:23 | 本あれこれ | Comments(0)