<   2018年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

chibimadoで憩う

 今日もヒノキ花粉が飛びまくってる。昨夜なんか夜中中(おお、これもダブル!)鼻が詰まって死ぬかと思った。ふつう、片方づつ詰まるもんですよね?ふつうは。それが両方とも一緒に詰まつてくれるもんだから息できないし。口呼吸で金魚みたいに寝てたけど眠れない。

 昼も似たようなもんだけどね。あ~あ、今夜も眠れないのかな。

 話変わって、最近chibimadoのご利用が少なめですが、4月からまた息を吹き返しますよ(笑)。ていうか、みなさんじゃんじゃん借りてくださいー。週末2日コースとか3日コースとかもありますし、格安ですし。店舗型ギャラリーですから、店舗を持っていないネット店舗さんのリアル販売とか、一箱古本市とかなんでも行けると思いますんで、ちょっとやってみようかなって方がいらっしゃったら、ご連絡ください。

 もちろん何でもかんでもできるわけじゃないので、お問い合わせいただかないと何とも言えませんが、アート系、手作り物販系、ワークショップなど飲食の販売以外ならご相談させていただきます。でも、怪しいものを売りつける系とかダメですよ(笑)。

 自己表現したい、発表したい、自分の作品を見せたい売りたい、でもどうしたらいいかわからない。予算も少しだけ。そんな皆さま、どしどしchibimadoでやってください。応援しますから。お待ちしております!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「ペシャンコにされてもへこたれないぞ!」ナット・ヘントフ。晶文社。買取した本だけど、このタイトルには大いに励まされる。ティーンエージャー向けであろうが、読めば力が湧きそうだ。もうちょっとへこたれたら読んでみよう。

 今日流れているのは、ピンク・フロイド。原子心母で盛り返そう。
b0304265_1552577.jpg
 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-31 15:53 | お店あれこれ | Comments(0)

あれは春だったね

 今日は一日、ニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」をかけていた。午後に用事で出ていたので、その間は副店長が何かほかのをかけていたかも知れないが、いまこうして流れているのでやっぱ一日中ニール・ヤングだったんだろう。

 パソコンの不具合か、ルーターのせいかでネットにつながらなくなっていたので今の時間になって、やっとこうして書けている。ヒノキ花粉の猛威で一日中鼻づまりがひどく、呼吸するのもつらい。スギ花粉はそんなでもなかったなと思っていたらヒノキの方がこんなにきついとは・・・。

 思えば30年以上花粉症。まだ社会で花粉症という症状が認知がされていない頃からの花粉症なので、スギにしてもヒノキにしてもいちおうに反応していたけど、ヒノキはそんなにきつくなかったのに、今年はきついのだった。齢をとると楽になっていくらしいが一向に楽にならないのでやっぱ若いのかな(笑)。

 こないだザ・バンドをかけていた時と、キャロル・キングをかけていた時にも思ったんだけど、ニール・ヤングも同じ味があって、この時代感がいい感じなんだけどね。正直、ニール・ヤングはあんまり聴いたことなくてここ数年前から聴いてるというだけ(笑)。だから、あ、ニール・ヤングだって言われてもうまく反応できない(笑)。

 ニールヤングも花粉症も春だったなーと。あれは春だったね・・・って拓郎か(笑)。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、フロイトの「夢判断」。出版社不明。さっき学生さんからフロイトないかって訊かれて一瞬、ピンクフロイド?って訊き返しそうになった(笑)。バックヤードの箱の中にぜったいあるんだけど、すぐ出せないのでごめん・・・と。でもフロイトを読もうとする学生さんがうちに来てくれるのはうれしい。

 今日流れているのは、ニール・ヤングです。
b0304265_19134042.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-30 19:13 | ミュージックあれこれ | Comments(0)

暖かな日

 今日は、汗ばむくらいのポカポカ陽気。それでも夕方のこの時間になると少し涼しい感じ。足元が冷えてきた。

 今日は午前中から本の整理を始めてしまい、終わったのが15時過ぎ(終わったって言っても本を隅に寄せただけ)。それから接客が続き昼のお弁当を食べたのが16時過ぎ。いまやっと落ち着いて書いている次第。まだ今日中の仕事がいくつか残っているので、これを書いてすぐ取り掛からねばまた残業になってしまいそう。

 残業って言ったって、自分が自分に、残業!って言ってやっているので、苦しくはないブラック残業というか(笑)。早く帰ってテレビでも見てボケーっとしていれば気も楽になりそうだけども、もう1分1秒すら無駄にできない感を醸しつつやることやってその後でゆっくり晩酌したいもんですな。

 それにしてもこの春は花粉もきついし、何かと物入りで気がせいてしょうがない。小金井公園あたりへ、のんびり花見にでも行きたい。早いとここの急場をしのいであっという間に夏になり、夏の夜風の中、星や月を眺めていられればいい。あー、追い込まないで前を向こう。

 というわけで今日はこの辺で。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「ライ麦畑でつかまえて」J.D.サリンジャー。白水社。本の整理中、村上春樹訳の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を含めると6冊くらい出てきた。古本畑でつかまえて。なんか寒いと思ったら上着脱いだままだった・・・。

 今日流れているのは、R.E.Mです。
b0304265_17173314.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-29 17:17 | お店あれこれ | Comments(0)

次は何?

 次は何って?

 次は釣り堀ですよ、釣り堀!「まどそら堂の古本釣り堀」。

 ホントにやるのかって?やるんですよ!ていうかやるんですよね?って自分に言ってたりして(笑)。これは瓢箪から駒、いやそうじゃなくて夢が現実化したというか、白日夢で見たあの風景が現実に・・・。

 来月4月8日(日)、武蔵国分寺公園のSunday Park Cafeの中のワークショップでやることになりました。公園でやるわけでもちろん水はって池作って・・・なんてことじゃありませんよ。池に見立てた堀を作って(ここが池です的なマーキングするだけです)、魚を泳がして(紙で作った魚です)、釣るわけですよ。魚は開きみたいになっていてお腹の中に本が入っているという(笑)。だから釣ってみるまでわからないわけです。どんな本が入っているか。

 一応1回100円いただいて(100ぶんじでもOK)、3尾まで釣ることができてその3尾の中から好きな本を選び、残りの2尾はリリースしてもらうというのがルール。

 とはいえ公園の中でやるワークショップですからお子さん対象の親子で参加型の釣り堀になりますから、本もかわいいミニ絵本が中心。パパとママ用に文庫本魚も用意しますけど。

 さてさてこれは面白いのか?いや、もちろん楽しんで遊びながら本に接するというワークショップですから、釣り堀というのは仕掛けというか設定なのであって、大義は子どもと本をつなげるということです。ちゃんとまじめな企画なんですな、実は。

 とはいえ最初の動機は釣り堀でボケーっとしていたい・・・という白日夢ですから(笑)。でもこれがなかなか面白くて受けちゃったらまどそら堂名物企画として柱になるかも。ほろ酔い、こどもてつがくに続いて三本柱(笑)。

 ま、とにかく世界中探しても古本釣り堀はないと思います。まどそら堂が自信を持って贈るオリジナル企画!こうご期待!近くなったらまた告知入れます。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、村上春樹「風の歌を聴け」。講談社。誰もが知ってるのに読んだことない人も多い村上春樹のデビュー作。リアルタイムで読んだけど、あの頃(80年代初め)はこんな語り口の作風の作家が多かった気がしますな。今度来たときまで取り置きお願いしますと言われて正直に取り置きしてるけどもう3ヶ月が過ぎようとしております…(泣)。

 今日流れているのは、ボブ・ディランです。
b0304265_15265331.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-28 15:27 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore無事終了

 3days Bookstore、無事に終了しました。

 来ていただいたお客様、気にかけていただいたお客様、ありがとうございます。京王線・西調布駅はほんとフツーの街で、来ていただいたお客様には、こんなところに手紙社があるのか?と思われたかも。

 そんなフツーの街角に忽然と現れる手紙社のおしゃれ空間。1階の菜花さんのランチはかなりの美味しさ(お世辞でなく)だったし、2階会場のEDiTORESまでのアプローチは魔法のよう。おしゃれブティックの奥にある秘密の扉を開けるとそこには3days Bookstore。

 古書モダンクラシックさんをはじめ、カヌー犬ブックスさん、MAIN TENTさん、古書玉椿さん、クラリスブックスさん、古書むしくい堂さん、それとまどそら堂の7つの古書店と手紙社さんがタッグを組み、いわゆる普通の古本市らしからぬ新しい古本市を立ち上げようと始まった企画。

 まずは初めての3日間が終わりちょっと脱力。まどそら堂としては反省点だらけで、でもしかし、次の3日間につなげるよう思ったこと考えたことをちゃんと整理しておかないと。ちょっと凝り固まっていた古本観をほぐして再構築するきっかけになったので、この3days Bookstoreはうちにとっては大きな意味を持つものになったなーと。

 次回の日取りはまだ決まっていないけれども、年4回やる予定なので、次回はさらにパワーアップして取り組みますよー!みなさん、また来てくださいねー。

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、幸田文「番茶菓子」。講談社文芸文庫。しとけない文章で魅了されます。3days Bookstoreの最終日に幸田文を数冊持って行ったけど、遅かったね・・・

 今日流れているのは、ビートルズ。サージェント・・・です。
b0304265_13341640.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-26 13:34 | お店あれこれ | Comments(0)

新入荷情報117

 本日は入荷情報です。よろしくお願い致します。

【いろいろ】
「メニューヒンが語る 人間と音楽」イェフディ・メニューヒン/カーティス・W・デイヴィス著/別宮貞徳監修/日本放送出版協会/1983年/1刷
「世界の占星術とオカルチストたち」山内雅夫/自由国民社/1982年
「現代美術への招待」菅原猛評論集/新評論/1991年/初版
「異色作家短篇集11 壁抜け男」マルセル・エイメ/中村真一郎訳/早川書房/昭和51年/1刷
「ハンス・ベルメール イマージュの解剖学」種村季弘・瀧口修造訳/河出書房新社/1993年/3版
「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス梨木香歩訳/文藝春秋/2010年/1刷/函
「お医者さんのながいながい話」カレル・チャペック/フェリシモ出版/2008年/2刷
「ウエスト・ウイング」エドワード・ゴーリ―/河出書房新社/2014年/4刷
「不死の人」ボルヘス/土岐恒二訳/白水社/1985年
「生と死の演出」コウレン/文眞堂/1987年/初版
「かくれた次元」エドワード・ホール/みすず書房/1992年/24刷
「乳の潮」石牟礼道子/筑摩書房/1988年/2刷
「生きる希望」イバン・イリイチ/藤原書店/2006年/初版
「暗黙知の領野」グラハム・ダンスタン・マーティン/青土社/1995年/1刷
「精霊たちの家」イザベル・アジェンテ/国書刊行会/1992年/2刷
「老いの空白」鷲田清一/弘文堂/平成15年/初版
「白い蝶の記」関英雄 著/寺尾知文 絵/新日本出版社/1971年/1刷
「手仕事の道具と暮らしたい」GAKKEN MOOK/2005年
「ウンディーネ」M・フーケ―作/アーサー・ラッカム絵/岸田理央訳/新書館/1995年
「蜜の味」シーラ・ディレーニ―/小田島雄志訳/晶文社/1986年/4刷
「闇の中の子供」小松左京/新潮社/昭和50年/5刷
「愛のめぐり逢い」安井かずみ/大和書房/1974年/初版
「絵とかたち わが現代芸術家論」粟津則雄/新潮社/昭和52年/函
「ライ麦畑でつかまえて」J.D.サリンジャー/野崎孝訳/白水社/1973年/26刷
「ちっちゃなほわほわかぞく」マーガレット・ワイズ・ブラウン さく/ガ―ス・ウイリアムズ え/谷川俊太郎 やく/童話館/1994年
「ランボオ全作品集」粟津則雄訳/1972年/7刷
「猿のこしかけ」幸田文/新潮社版/昭和33/年函
「べえくん」筒井啓介作/渡辺三郎絵/あかね書房/1969年
「フランスの起床ラッパ」ルイ・アラゴン/新日本文庫/1980年/2刷
「パブロ・カザルス 鳥の歌」ジュリアン・ロイド・ウエッパー編/池田香代子訳/ちくま文庫/1996年

 今日の国分寺は晴れ。これから西調布に向かいます。3days Bookstore最終日です。

 今日の気になる一冊・・・お休みです。

 今日流れているのは、エディット・ピアフです。
b0304265_11583124.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-25 11:58 | 入荷情報 | Comments(0)

本についていろいろ考えた

 今回の3days Bookstoreでは、ヴィンテージコミックス系やSFとミステリ(共に文庫中心)、ヴィンテージ雑誌と文学、レトロ児童書を中心にして、あと写真集系を持って行った。

 ま、いつものカテゴリというかラインナップというか。硬くなくそれでいて柔らかすぎず。うん、これでいいと並べながら思っていたが、全体の写真を撮り、個々のブースをまわりじっくり本を眺めて見ると、やっぱ全然違うのだった。

 そりゃあたりまえだが、選んできて並べている本一冊一冊が、それぞれの古書店のこだわりを表していて、何でもかんでも並べておけ的投げやり感はまったくなく、みなさんこれこそがうちの本と、自信を持って並べられているんだな、と。

 うちもね、うちのこだわりがあるんだけど、ああしてみんなの本を見ていると、もう少し幅が欲しくなってきた。こだわりの一冊を積み重ねて、本屋としての幅を増やしたいと。

 世界観は広い・・・などと勝手に思っていたけど、やっぱまだまだ世界は広かった。ぜんぜん広い!国分寺マンションの中の蛙・・・。

 だからまだまだのびしろはある、かな。だからやる気が出てきた!(って今までなかったみたいなw)。

 そういうわけで明日が最終日。西調布までみなさん足をお運びください。どうぞよろしく!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、手塚治虫「火の鳥 復活編」COM名作コミックス。火の鳥は説明する必要なしですな。さきほどCOMやら火の鳥やらマンガ少年やらを大量に買取して、帳場の横に山になっている。その山のてっぺんにこの一冊が。ああ、売れるのだろうか。こんなにたくさん買っちゃって・・・。

 今日流れているのは、シティです。
b0304265_1624567.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-24 16:02 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore始まった

 みなさん、とうとう始まりましたよ。3days Bookstore。いま手紙社さんから帰ってきました。
 
 最近このお知らせばっかりでしつこいですが、ま、あと明日と明後日です。今日は楽しかったです。レジも打ち間違いばっかして、普段レジ打ちしているというのに、レジ打ち初めてのメンバーの方が落ち着いていて間違わないという・・・。

 いまちょうどお客様でレジ打ちしたけど、うちのレジなら間違わない!ふー、安心だ・・・。とそんなこと言ってるところじゃなくて、ま、とにかく始まったわけです。

 明日はお店にいるのですが、明後日はまた現場です。

 しかし会場の手紙社さんの秘密基地EDiTORESはかっこいいですよ。西調布駅から5分くらいです。みなさんこぞって来てくださいませ!そういえば詳しいことは何も説明してませんでしたが、7つの古書店が集まって得意分野を持ち寄ってやっている古本市なのです。

 ま、もっと細かい話はまた明日ということで。

 ではでは、今日はこの辺で。明日また!

 今日の国分寺は晴れ?いま雨降ってます。

 今日の気になる1冊は「鈴木翁二作品集」青林堂。守り神として鎮座していた本がついに・・・。帰ってきたら売れてました。アド街の取材の時にあんなに熱く語った本でしたが、あっさりカットされてましたな(笑)。

 今日流れているのは、Takeo Toyamaです。
b0304265_2001552.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-23 20:00 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore準備のため簡単ですみません

 今日は3days Bookstoreの搬入の為、これから手紙社に向かいます。
 帰りは遅くなるので、今日のブログはお知らせのみですみません。

 明日も朝から会場に入りますのでご報告は明後日になるかもしれません。
 
 どうぞよろしくお願い致します。
b0304265_10314098.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-22 10:31 | お店あれこれ | Comments(0)

3月に降る雪は

 3月だというのに雪が降る。Tシャツ一枚の夏日が来たりした後に。今日は祝日。みんなお休みでよかったね(俺は仕事・・・ってすねているわけではありません)。

 今日は営業中だけど、仕事から離れて気分を解放して書いていいですかね。ここ最近3days Bookstoreの準備と、他のイベントの準備などで張り詰めてて気が澱んでいたので。明日搬入なのでその準備で気が抜けないんだけど、しばし今だけ。

 あー。来週の定休日は休むもんね。雪が降ろうが、晴れていようが。朝寝坊してもいいし(ていっても花粉のせいで鼻が詰まって夜中に目が覚めて眠れなくなるんだなこれが)。朝、おいしいコーヒーを淹れて。ふー。

 昨日は知恵熱なのか自律神経が誤作動したのか、熱っぽくてまいった。風邪引いたなんて言ってられないのにぞわぞわして。今日はそうでもないので何だったんだろう。やっぱ緊張しまくってんのかなー。気を解放して。ボーッとしよう。

 昨日の午前中、打ち合わせなどした後、近所のめぐるみcafeでランチしたんだけど、店内にキャロル・キングの”つづれ織り”がかかっていていい感じだった。さすがわかってらっしゃる。ランチ後に副店長もフル回転で本の準備をしてくれて、明日の搬入はなんとかできそう。

 さてさて。また仕事モードに戻ってやりますかね。いつもなにか忘れたりしておまぬけなので、ちゃんとチェックして。みなさんは祝日のお休み楽しんでください(すねてませんよ)。

 今日の国分寺は雪。まだ降ってます。

 今日の気になる一冊は、原ゆたか「かいけつゾロリ」。ポプラ社。うちのお店に来る子どもらやママにも大人気。このあいだ店頭にあるゾロリ全部を大人買いしていただいたので、今あるのは奥から出してきた在庫が2冊のみ。ゾロリみたいに他の本も売れてくれればいいんだけど・・・。

 今日流れているのは、キャロル・キング。つづれ織りです。
b0304265_14284185.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-21 14:28 | お店あれこれ | Comments(0)