カテゴリ:副店長ネタ( 20 )

カエルも跳ねる虫も飛ぶ

 暑いですな。昨日、営業も終了時間となりレジを締めようとしたところ、いきなり鼻の先にブブブっと飛んでくるモノあり。突然のことでぐわわわーっ言葉にならない言葉を発しのけぞりながら逃げる。

 なんだなんだとよく見るとゴキちゃん大の黒い虫が飛んでいる。うわーやめてくれーと叫びつつ虫取り網(お店に常備している)を手に取り、差し出したら向こうから網の中へ。無事捕獲したので落ち着いてよく見てみると、やっぱよくわからない。カミキリムシかと思ったが、そうでもなく、ハンミョウのでかいのでもなく、もちろんゴキちゃんでもない。

 写真撮ればよかったけど、そんな余裕もなく。見た目はゴキちゃんにカミキリムシの長い触角をつけた感じ。全身真っ黒。外へ出るとたまたま茂右衛門さんがいたので見せてワーワーと。さいごにサブリエさんに見せてワーワー。そのあと逃がす。

 この時期になるといろんな虫が入って来るので虫捕り網は必須アイテム。蜂が入って来ると大活躍する。もう、蜂なんかやめてほしいんだけど、意外とゆっくり飛ぶので捕まえやすい。

 ほどなくして店でこんなことがあったよと家に電話すると、副店長が素っ頓狂な声を上げていた。八百屋で買ったレタスの中にカエルが忍んでいたらしく、レタスから飛び出て家の中をぴょんぴょん飛び跳ねているらしかった。

 わけのわからない虫やカエルには慕われるんだけどね(笑)。人より虫の方が来客数として多いかも(笑)。そんなわけでした。

 今日の気になる一冊は、「平凡パンチ 3月28日号」平凡出版。3月っていっても昭和42年の号なので、51年前だもんね。広告なんか凄いことになってる。ファッションも。時代が違うとこうも違うわけで。そんな違いを見るだけでも楽しめる一冊。

 今日流れているのは、キース・ジャレットです。
b0304265_1511508.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-12 15:11 | 副店長ネタ | Comments(0)

二人朗読会

 まだ雨は降らず。けれども普通の何倍もの風が吹きまくる、昨日の話。

 めずらしく店長(自分)・副店長の2人体制で一日中お店にいたんだけど、あの風のせいかお客様どころか人が全く歩いていないという状況(ま、多少は歩いていたけどw)。

 従業員2名なのにお客様ゼロでは、あまりにも効率悪い店になってるなと、ウロウロしていてもしかたないと思いながらも、この風に吹き上げられた砂ぼこりが開けっ放しのドアからビュウ―ビュウーとするのではたきなぞかけつつ、ううーと唸りつつ。

 それでも数えるくらいしかこの全開ドアを越えてくるお客様はおらず。そうとなればもうふて寝でもするしかないかと、二人して帳場に沈み込み他愛のない話などして過ごす。

 ていうかこれでは家にいる時と変わらんではないかと、それではと、昨日ブログで書いたあの茨木のり子の詩の一編を朗読してみようと、副店長がいかにもな表情で読みだした。

 なんかほろ酔い夜話みたいだなって言いながら、なんで夫婦でお店の帳場でうずくまりながら朗読会してるのかって考えたら笑えてきたんだけど、では朝ドラのすずめだったらどう読むかとか始まって、結局チコちゃんが読む茨木のり子ってのが面白かったので、今度のほろ酔いでやるかって笑ってた・・・。

 あーでもこんなことしてていいんだろうかと思いつつもお客様なんて来やしない。そんな日もある、なんて嘯いてる余裕はないし(笑)。でもほんと誰も来なかった(笑)。

 そんな日もある。あ、また言ってる(笑)。ま、こういう日もあるよね、ってまた(笑)。

 今日の国分寺は曇り。時々雨。

 今日の気になる一冊は、「金閣寺」三島由紀夫。新潮文庫。三島本が数冊入荷したので。でも三島由紀夫ってちゃんと読んでない。何故だろう。なんとなく本人のイメージが先に来ちゃって作品に向かう前にそのイメージで固まっちゃう・・・ってところが。この夏にはちゃんと読みますかね・・・。

 今日流れているのは、ターシ―・スーです。
b0304265_1542049.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-05 15:04 | 副店長ネタ | Comments(0)

ボーダーとドット

 楳図かずおといえば、赤いボーダーシャツ。もうそれ以外の服は持ってないんじゃないかってくらいボーダー。

 副店長もボーダー大好きで、青系の細いラインのボーダーが多いけど、ボーダー族といっていいと思えるくらいのボーダー派。そうやって周りを見てみると、ボーダー族って結構いらっしゃる。

 男女隔てなくみんな着てるなーと。横ラインだから、太く見える?ってそんなことないよね。服くらいの幅で錯覚するほどでもなし。ホソホソの僕が着れば、少しは肉がついているように見えるかな?ってそんなことないし。

 というわけで、夏に向けて副店長のボーダーも新パターンが。なんと楳図かずお系の赤色ボーダー。ま、いいかもね、って結構この赤ボーダー着てる人も見かける。で、なんでボーダーの話かというと、版画雑誌「プリンツ21」の2001年楳図かずお特集号が入荷していて、なぜか草間彌生とのツーショット写真が表紙になっているから。楳図かずお特集なのになんで草間彌生が?って思うよね?

 ま、巻頭で二人の対談が載っているからだけど、あー、そうか!草間彌生はドット!ラインとドッドの対比だったのね・・・。それだけで草間彌生が出張って来てるのかな(笑)。すごいなー。

 そういえば副店長はドットも好きなので、どちらにもシンパシーを感じるらしい。僕は無地・・・。

 今日の国分寺は晴れ。明日は火曜日なので定休日です。それともうひとつお知らせ。水・木の2日間、僕は出かけているので終日お店にいません。その間は副店長が居りますので、お店は通常営業しております。どうぞよろしくお願いいたします。ブログも3連休となります。ではまた金曜日に!

 今日の気になる一冊は、テル・リー「謎の大陸アトランティス」。角川文庫。もー、表紙絵が素敵すぎる。へたくそと言えばへたくそなんだけど、これ系の挿絵っていうかSF系の絵ってなぜか身もだえてしまう。子どもの頃に刷り込まれちゃってるのかなー?ていっても見なけりゃわかんないですよね(笑)。ご覧になりたい方はどうぞお店で。たぶん売れそうにない系なのであると思います(泣)。

 今日流れているのは、はっぴいえんどです。
b0304265_1454675.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-04-30 14:05 | 副店長ネタ | Comments(0)

サリンジャーに花束を

 明日で北口の駅ビル(ミーツ国分寺)での展示販売も終了。最終日の明日、15:00~16:00で、トークをします。つくし文具店店主の萩原修さんと僕とで、国分寺やお店について。お時間ありましたら聞きに来てください。場所は会場のプラタナス広場です。

 さてさて、昨日は終日用事があり出かけていたので、お店は副店長に任せていました。お客様対応は僕より丁寧なのでなんら不安もなく・・・なのですが、なにぶん天然気質なのでなにかやらかさないかと一抹の不安もないではない・・・というところです。

 夜に家で今日の様子など聞くと、滞りなく、問題もなくミーツの方もチェックもして万全な対応に安どして休みました。翌朝(今朝)、店頭のサリンジャー「キャッチャー・イン・ザ・ライ」(村上春樹訳版)が切れているので、補充しとかなきゃと家にあるものをカバンに詰めていたら、それを見たのかどうなのかわからないけど、

 そういえば、昨日「・・・の花束を」がないかってお客様が来たからそういえばあったなーって、さがして売ったよ、と。

 ん?何の花束?

 だから、サリンジャーに花束を、だよ。

 サリンジャーに花束を?はー???アルジャーノンじゃなくて!?

 てなもんで、やっぱ天然気質は生きているのだなと。でも「サリンジャーに花束を」って小説あったら読んでみたい(笑)。なんかおしゃれ(爆笑)。

 今日の国分寺は曇り。

 今日の気になる一冊は、「少年探偵 海底の魔術師」江戸川乱歩。ポプラ社。さきほどある取材で取り上げてもらった本。クイズ形式の・・・って詳しく言ってしまうとまずいか(笑)。5月の17日になるとわかります・・・ってこれは凄いヒント!・・・って全然意味わかんないですよね。17日にはわかります!

 今日流れているのは、フィリップ・グラスです。
b0304265_1515813.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-04-27 15:15 | 副店長ネタ | Comments(0)

読む金曜日

 おお、早くも金曜日か・・・。時間が経つのが早いなー。

生まれてから何回目の金曜日だろうか?1か月に4回もしくは5回、それに12掛けてそれに年齢を掛ければ・・・あ、歳がばれるからやめよう(笑)。しかし何千回も金曜日を迎えているわけだ。楽しかった金曜日もあれば、泣きはらした金曜日もある・・・。ていうかなんでそんな話になっているのかな?

 金曜日は普通うれしいよね。明日は土曜日だし。でもお店はじめてから土日はお仕事ですから。週末がうれしい感は変わりました。でも土日に来てくれるお客様たちはみんなうれしそうだし。だからやっぱり金曜日はうれしいですな。

 英語でフライデーは覚えやすかったね。チューズデーとか覚えにくくなかった?綴りとか書きにくいし。フライデーは簡単。楽しいもんはわかりやすいんですな、きっと。金曜日に本を読むと楽しいですよ。なぜかって?それは金曜日は、読む金だからです!

 読む金っていうのは、うちの副店長が去年くらいからはじめたキャンペーンで、金曜日は本を読もう!っていうことで、毎週フェイスブックでうたっています。土曜日の古本デーキャンペーンに対抗してますかね(笑)。

 ま、なにはともあれ金曜日は楽しい日ですから、本を読んでも食事をしても寝ていても楽しいです。僕は毎週金曜日は残業ですけどねー・・・。ははは。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。

 今日の気になる一冊は、「つげ義春作品集」青林堂。おなじみの「ねじ式」所収。ねじ式は歴史的名作だが、河原で河原の石を並べて売る話「石を売る」が好き。残念ながらこの作品集には入っていない。明後日の「古本釣り堀」はこの「石を売る」と底の方で繋がっていると自分では思っている。
釣りに来た子どもたち、虫けらってどんな虫?って聞かないでね・・・。

 今日流れているのは、ニール・ヤングです。
b0304265_14325267.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-04-06 14:32 | 副店長ネタ | Comments(0)

店番は副店長

 外が暗くなってる。

 もうこんな時間か・・・。今日は用事があり、お店は副店長に任せてお出かけしていた。帰って遅ーい昼飯を食べ、ふと外を見るともう夕方だった。土曜日だし・・・。

 今日はみなさんどんな風に過ごしましたか?仕事ですか?遊び?

 今日出かけた先はほぼ山の中(といっても多摩地区)。モノレールに乗ったんだけど、窓外の風景はほぼ山を削って住宅地を作った感じで、モノレールの目線よりもはるかに高い標高に家が密集していて、これはすごいな、と。

 自分の家があのてっぺんの家だったら、駅降りて歩いて帰るのはほぼ修行状態。心肺機能は高まるだろうが。この辺に住んでいる人は健康な人が多いんじゃないだろうか。自転車なんてアシストがなければとてもじゃないけど上れそうもない。

 はけのある国分寺でも高低差はかなりあって、まっ平らなところなんてないし、なんて思ってたけど、ここら辺は国分寺がまっ平らに思えるほど山だった。

 某大学に行き、その学内に入ると建物までのアプローチが心臓破りの階段になっていて天高く連なるその様は、まさに天国への階段みたい(笑)。階段の横にエスカレーターもついているのがすごいなと。大学の建物、設備もなんだかどこかの美術館みたいでこんなスニーカーで上がってもいいんですか、ってくらいの洗練さ。

 いまどきの大学ってみんなこんな感じ?すばらしい講義を聴いて速攻で帰ってきたけど、もう夕方。お店はお客様がたくさん来てくれていたので、よかったよかったと。副店長が店番してた方がいいのかな(笑)。

 さて、夜まで僕が店番です。はじめましょー。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、押尾コータローです。
b0304265_1733570.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-01-20 17:33 | 副店長ネタ | Comments(0)

昼は弁当

 昼は副店長が作るお弁当をいただくわけだが、たまに無しの日があり、そんな時には外食するより駅ビルの地下でお弁当を買って食べることが多い。単純に外で食べている時間が無いというだけなんだけど、時間に余裕があれば近所のお店で食べたい時もある。

 駅ビルの地下でも選択肢はいくらでもあるように感じるが、選んでいるのが面倒くさいのでいつも同じ弁当を買う。某トンカツ屋さんのひれポテト弁当(ひとくちカツとコロッケのコンビ)。ほとんどいつもそれなので(たまに気分を変えたくて隣の某天丼屋さんの天丼弁当にする時もある)、飽きてしまって感動しないんだけど、なぜかそればっかり食べてしまう。

 ひとくちカツはホントにひとくち分の大きさしかなく、もっと食べたい人は普通のトンカツ弁当を食べればいいんだけど、脂っこいのが苦手なので、ま、ちょうどいいし、コロッケが好きなのでコロッケが入っているこの弁当が定番となってしまうわけ。

 しかししかし。やっぱお弁当は買ってきて食べるのは味気なく、作っていただくお弁当がいちばん。栄養的にも、何にしても副店長が作るお弁当がいちばんですよ、ホントホント。(これだけ書いておけば上等なおかずが一品くらい増えそうだな・・・へへへ)。

 今日の国分寺は晴れ。明日は火曜日なのでお休みです。また水曜日に。

 今日流れているのは、エラ・フィッジェラルドです。
b0304265_1447078.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-11-27 14:47 | 副店長ネタ | Comments(0)

ベロア?

 最近の女子ファッションのトレンドはベロアだそうだ。

 ベロアを一か所入れればナウい(今風)らしい。パンツとか上っ張り(上着)とかにベロア素材のものを入れてたりすればおしゃれなんだと。ま、たいがいのおじさんたちはベロアって何?って思うわけで、とりあえず副店長に訊いてみた。

 ベロアって何?

 ん?ベロア?あー、ベロアは、ほれ、あの、コーデュロイの線の無いやつっていうか、光ってるやつよ、えーと、コール天?

コール天!?…コール天って(笑)、なんか懐かしい言い方!ていうかいまコール天って言うか?(笑)。言う?ま、それはいいとして、ベロアですよ。ベロアはコール天じゃないし(笑)。

テレビで観たらああ、あれかってわかったんだけど、いまどきあの生地がなんで受けてるんでしょうかね。別珍みたいですよね。って別珍!別珍も久し振りな言い方(笑)。

ベルベットとも違うんですよね?ベロアですか。よくわかんないですが、気にして周りを見てみましょうかね、って今どきの女子のトレンドを知ってどうするんでしょうかね(笑)。古本の販売に反映できますかね(笑)。

 今日の国分寺は晴れ。ベロアどころじゃないですがな・・・今日のうちに蚤の市の本全部終了させねば・・・

 今日流れているのは、クィ―ンです。
b0304265_13363036.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-11-01 13:36 | 副店長ネタ | Comments(0)

恋するモーモーハナコ

 こんにちは、副店長です。店長ブログをジャックします!

 先日の真夏の東京蚤の市は、初めての大井競馬場であった。
 商品搬入の金曜日、店長は荷を積んだ赤帽に同乗して先に出発し、時間を合わせて副店長(私)も国分寺から中央線の人に。浜松町で東京モノレールに乗り換えて二駅、大井競馬場前にはほぼ一時間で到着した。東京モノレールに乗るのは100年ぶり、いえ、ずいぶんとしばらくぶりだ。ホームから下をのぞくと厩舎が見えて、ときどき飛び出した馬の鼻先がかわいいの。改札を抜けると、大きな倉庫が立ち並び、The湾岸エリアなのだなあと実感する。

 競馬場の北口の門まで歩く道すがら、なんとなく馬の匂いを感じたけど、それはたぶん馬の飼い葉の匂いなのだろう。門から会場に入ってみたら、なんとまあ広くてきれいな空間で、思わず右往左往。その様子を見かねた競馬場関係者の方に声をかけられ(怪しまれて?)、付き添ってもらって到着した古書店街の会場は、冷房完備の新しい建物であった。

 無事に店長とも落ち合い、荷物を運び込み、指定された場所に店を設営する。すでに何度目かだけど、毎回頭を悩ませるのがブースの設営。途中、二度や三度は集中力が切れたりしてフリーズするのだ。さらに、今回は競馬場。会場の別棟は営業中で、館内には地方競馬の実況が鳴り響いていたのだった。確か、浦和競馬場の実況だったと思う。

 本屋の作業をしながら、聞くともなしに聞いてしまうレース状況。その前に、レースに登場する馬の名前、馬の体重、騎手の名前、騎手の体重が読み上げられる。500キロ以上ある馬体、ほぼ1割りくらいの体重の騎手。お盆過ぎだったせいもあり、イメージしちゃったのはきゅうりの馬。きゅうりの馬に黄金虫が乗っている感じなのかなぁ、と。 それにしても、馬の名前って舌を噛みそうなキテレツな名前が多いのはどうしてだろう。素人から見て、どうしてそんな名前を?と思えるものもあるよね。レースが迫ってくれば、当然、馬券購入時間がカウントダウンされる。投票(投票っていうんだ)まであと2分……、そういわれたら、え〜い買っちまえ〜となる人もいるんだろうかねえと思いながら、両手は本を運び、並べていく。

 突然、モーモーハナコと連呼されて、本を並べる手が止まる。ええっ? 馬? 牛? なんてシンプルな名前! 実況アナウンサーが、モーモーハナコ、モーモーハナコと叫ぶ。追い上げているのか、モーモーハナコ! 馬? 牛? と頭の中でメビウスの帯のようにリフレイン。そして店長ともども、次第に笑いがこみ上げてきたのだった。少々うるさいと感じていた実況中継が、癒しになった瞬間(笑) 馬とともに牛が走っていたら、それはそれで面白い!? 自宅に帰ってからも気になっていた「モーモーハナコ」。ネットで調べてみたら、当たりまえだけど馬だった。なんと、牛模様のマスクを被っていてかわいい、当日は3着だったけかな。

 しんどい設営も、最後はモーモーハナコのおかげで楽しく終わる。蚤の市当日は、広い会場にお客さま。土曜日は夕暮れ時にゲリラ豪雨に見舞われたけど、二日間無事に終了。モーモーハナコで、一段と楽しい蚤の市になったのだった。

今日流れているのは、走れコウタロー(ウソ)。走れ、走れ〜、モーモーハナコ〜♡

b0304265_13225986.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-31 13:23 | 副店長ネタ | Comments(0)

眠りの中の夢

 眠りの中で見ている夢は、どうしてこんなに突飛なんだろう?と思うことがよくあるけれど、昨夜もそんな夢を見た。

 どうやら素っ裸で出てきてしまった。パンツすらはいていない。どこかへ行こうとしているのか、帰ろうとしているのか、とにかく目的の地はあるのだけれど、なんだかよくわからない。とにかく行かねば。ああ、道の先に子どもらがたくさんたむろしている。マズいなー・・・。

 片手で大事な部分を隠しつつ、何事もなく過ぎ去ろうとしているんだけれど、それでもやっぱ素っ裸なので変な人には変わりない。そういえばこの間はパンツのみでズボンをはかずに来たっけ、なんて記憶がよみがえる・・・。あの時はパンツはいてるだけまだましだったかななどと思いつつ、なんだかよくわからないうちにアスファルトが凸凹で、道自体が波打ってうねうねしている大きな道路を自転車で疾走している。バウンドがついて飛び跳ねながらもなんとか走り続ける。地震で崩壊したような高速道路の端っこまで来て折り返す。もう服は着ているらしい。香港から電話が来たんだよ!と叫ぶ人。なんだかよくわからない。

 目が覚めて夢でよかったーと胸をなでおろす。こういう夢ってたまにあるよね?現実だったらほんとに困りもんの夢・・・。意味もわからないし。・・・というたわいもないお話しでした。

 それはそうと、昨夜は副店長が眠りながら笑ってた・・・こっちのほうが怖いか(笑)。

 今日の国分寺は曇り。涼しいです。

 今日もフランク・ポールです。
b0304265_14241828.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-03 14:24 | 副店長ネタ | Comments(0)