カテゴリ:お店あれこれ( 447 )

次は何?

 次は何って?

 次は釣り堀ですよ、釣り堀!「まどそら堂の古本釣り堀」。

 ホントにやるのかって?やるんですよ!ていうかやるんですよね?って自分に言ってたりして(笑)。これは瓢箪から駒、いやそうじゃなくて夢が現実化したというか、白日夢で見たあの風景が現実に・・・。

 来月4月8日(日)、武蔵国分寺公園のSunday Park Cafeの中のワークショップでやることになりました。公園でやるわけでもちろん水はって池作って・・・なんてことじゃありませんよ。池に見立てた堀を作って(ここが池です的なマーキングするだけです)、魚を泳がして(紙で作った魚です)、釣るわけですよ。魚は開きみたいになっていてお腹の中に本が入っているという(笑)。だから釣ってみるまでわからないわけです。どんな本が入っているか。

 一応1回100円いただいて(100ぶんじでもOK)、3尾まで釣ることができてその3尾の中から好きな本を選び、残りの2尾はリリースしてもらうというのがルール。

 とはいえ公園の中でやるワークショップですからお子さん対象の親子で参加型の釣り堀になりますから、本もかわいいミニ絵本が中心。パパとママ用に文庫本魚も用意しますけど。

 さてさてこれは面白いのか?いや、もちろん楽しんで遊びながら本に接するというワークショップですから、釣り堀というのは仕掛けというか設定なのであって、大義は子どもと本をつなげるということです。ちゃんとまじめな企画なんですな、実は。

 とはいえ最初の動機は釣り堀でボケーっとしていたい・・・という白日夢ですから(笑)。でもこれがなかなか面白くて受けちゃったらまどそら堂名物企画として柱になるかも。ほろ酔い、こどもてつがくに続いて三本柱(笑)。

 ま、とにかく世界中探しても古本釣り堀はないと思います。まどそら堂が自信を持って贈るオリジナル企画!こうご期待!近くなったらまた告知入れます。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、村上春樹「風の歌を聴け」。講談社。誰もが知ってるのに読んだことない人も多い村上春樹のデビュー作。リアルタイムで読んだけど、あの頃(80年代初め)はこんな語り口の作風の作家が多かった気がしますな。今度来たときまで取り置きお願いしますと言われて正直に取り置きしてるけどもう3ヶ月が過ぎようとしております…(泣)。

 今日流れているのは、ボブ・ディランです。
b0304265_15265331.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-28 15:27 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore無事終了

 3days Bookstore、無事に終了しました。

 来ていただいたお客様、気にかけていただいたお客様、ありがとうございます。京王線・西調布駅はほんとフツーの街で、来ていただいたお客様には、こんなところに手紙社があるのか?と思われたかも。

 そんなフツーの街角に忽然と現れる手紙社のおしゃれ空間。1階の菜花さんのランチはかなりの美味しさ(お世辞でなく)だったし、2階会場のEDiTORESまでのアプローチは魔法のよう。おしゃれブティックの奥にある秘密の扉を開けるとそこには3days Bookstore。

 古書モダンクラシックさんをはじめ、カヌー犬ブックスさん、MAIN TENTさん、古書玉椿さん、クラリスブックスさん、古書むしくい堂さん、それとまどそら堂の7つの古書店と手紙社さんがタッグを組み、いわゆる普通の古本市らしからぬ新しい古本市を立ち上げようと始まった企画。

 まずは初めての3日間が終わりちょっと脱力。まどそら堂としては反省点だらけで、でもしかし、次の3日間につなげるよう思ったこと考えたことをちゃんと整理しておかないと。ちょっと凝り固まっていた古本観をほぐして再構築するきっかけになったので、この3days Bookstoreはうちにとっては大きな意味を持つものになったなーと。

 次回の日取りはまだ決まっていないけれども、年4回やる予定なので、次回はさらにパワーアップして取り組みますよー!みなさん、また来てくださいねー。

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、幸田文「番茶菓子」。講談社文芸文庫。しとけない文章で魅了されます。3days Bookstoreの最終日に幸田文を数冊持って行ったけど、遅かったね・・・

 今日流れているのは、ビートルズ。サージェント・・・です。
b0304265_13341640.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-26 13:34 | お店あれこれ | Comments(0)

本についていろいろ考えた

 今回の3days Bookstoreでは、ヴィンテージコミックス系やSFとミステリ(共に文庫中心)、ヴィンテージ雑誌と文学、レトロ児童書を中心にして、あと写真集系を持って行った。

 ま、いつものカテゴリというかラインナップというか。硬くなくそれでいて柔らかすぎず。うん、これでいいと並べながら思っていたが、全体の写真を撮り、個々のブースをまわりじっくり本を眺めて見ると、やっぱ全然違うのだった。

 そりゃあたりまえだが、選んできて並べている本一冊一冊が、それぞれの古書店のこだわりを表していて、何でもかんでも並べておけ的投げやり感はまったくなく、みなさんこれこそがうちの本と、自信を持って並べられているんだな、と。

 うちもね、うちのこだわりがあるんだけど、ああしてみんなの本を見ていると、もう少し幅が欲しくなってきた。こだわりの一冊を積み重ねて、本屋としての幅を増やしたいと。

 世界観は広い・・・などと勝手に思っていたけど、やっぱまだまだ世界は広かった。ぜんぜん広い!国分寺マンションの中の蛙・・・。

 だからまだまだのびしろはある、かな。だからやる気が出てきた!(って今までなかったみたいなw)。

 そういうわけで明日が最終日。西調布までみなさん足をお運びください。どうぞよろしく!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、手塚治虫「火の鳥 復活編」COM名作コミックス。火の鳥は説明する必要なしですな。さきほどCOMやら火の鳥やらマンガ少年やらを大量に買取して、帳場の横に山になっている。その山のてっぺんにこの一冊が。ああ、売れるのだろうか。こんなにたくさん買っちゃって・・・。

 今日流れているのは、シティです。
b0304265_1624567.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-24 16:02 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore始まった

 みなさん、とうとう始まりましたよ。3days Bookstore。いま手紙社さんから帰ってきました。
 
 最近このお知らせばっかりでしつこいですが、ま、あと明日と明後日です。今日は楽しかったです。レジも打ち間違いばっかして、普段レジ打ちしているというのに、レジ打ち初めてのメンバーの方が落ち着いていて間違わないという・・・。

 いまちょうどお客様でレジ打ちしたけど、うちのレジなら間違わない!ふー、安心だ・・・。とそんなこと言ってるところじゃなくて、ま、とにかく始まったわけです。

 明日はお店にいるのですが、明後日はまた現場です。

 しかし会場の手紙社さんの秘密基地EDiTORESはかっこいいですよ。西調布駅から5分くらいです。みなさんこぞって来てくださいませ!そういえば詳しいことは何も説明してませんでしたが、7つの古書店が集まって得意分野を持ち寄ってやっている古本市なのです。

 ま、もっと細かい話はまた明日ということで。

 ではでは、今日はこの辺で。明日また!

 今日の国分寺は晴れ?いま雨降ってます。

 今日の気になる1冊は「鈴木翁二作品集」青林堂。守り神として鎮座していた本がついに・・・。帰ってきたら売れてました。アド街の取材の時にあんなに熱く語った本でしたが、あっさりカットされてましたな(笑)。

 今日流れているのは、Takeo Toyamaです。
b0304265_2001552.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-23 20:00 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore準備のため簡単ですみません

 今日は3days Bookstoreの搬入の為、これから手紙社に向かいます。
 帰りは遅くなるので、今日のブログはお知らせのみですみません。

 明日も朝から会場に入りますのでご報告は明後日になるかもしれません。
 
 どうぞよろしくお願い致します。
b0304265_10314098.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-22 10:31 | お店あれこれ | Comments(0)

3月に降る雪は

 3月だというのに雪が降る。Tシャツ一枚の夏日が来たりした後に。今日は祝日。みんなお休みでよかったね(俺は仕事・・・ってすねているわけではありません)。

 今日は営業中だけど、仕事から離れて気分を解放して書いていいですかね。ここ最近3days Bookstoreの準備と、他のイベントの準備などで張り詰めてて気が澱んでいたので。明日搬入なのでその準備で気が抜けないんだけど、しばし今だけ。

 あー。来週の定休日は休むもんね。雪が降ろうが、晴れていようが。朝寝坊してもいいし(ていっても花粉のせいで鼻が詰まって夜中に目が覚めて眠れなくなるんだなこれが)。朝、おいしいコーヒーを淹れて。ふー。

 昨日は知恵熱なのか自律神経が誤作動したのか、熱っぽくてまいった。風邪引いたなんて言ってられないのにぞわぞわして。今日はそうでもないので何だったんだろう。やっぱ緊張しまくってんのかなー。気を解放して。ボーッとしよう。

 昨日の午前中、打ち合わせなどした後、近所のめぐるみcafeでランチしたんだけど、店内にキャロル・キングの”つづれ織り”がかかっていていい感じだった。さすがわかってらっしゃる。ランチ後に副店長もフル回転で本の準備をしてくれて、明日の搬入はなんとかできそう。

 さてさて。また仕事モードに戻ってやりますかね。いつもなにか忘れたりしておまぬけなので、ちゃんとチェックして。みなさんは祝日のお休み楽しんでください(すねてませんよ)。

 今日の国分寺は雪。まだ降ってます。

 今日の気になる一冊は、原ゆたか「かいけつゾロリ」。ポプラ社。うちのお店に来る子どもらやママにも大人気。このあいだ店頭にあるゾロリ全部を大人買いしていただいたので、今あるのは奥から出してきた在庫が2冊のみ。ゾロリみたいに他の本も売れてくれればいいんだけど・・・。

 今日流れているのは、キャロル・キング。つづれ織りです。
b0304265_14284185.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-21 14:28 | お店あれこれ | Comments(0)

気合いの3月

 正直、体力的にも精神的にもきつい3月。早いとこ時間が過ぎて夏にでもなってくれまいか・・・。

 なんて弱音を吐くのはやめて頑張ろう!って自分に言う。気合いだ気合いだ気合いだ!ってどこかのおじさんみたいに叫んだりしないけど、気持ちはそのくらいで。なんとか乗りきろー!

 そんなわけで今落ち着いて書いていられない状態ですみません。ま、来週になれば少しは・・・。

 さきほど、中国から留学に来ていた学生さんが、もう卒業であした帰国するって言いに来てくれたんだけど、せっかく話ができるようになってきた頃だったのでとても残念。北京語教えてもらえばよかったなー。あっという間だったけど、新しい生活が始まるんですな。

 さてふたたび気合いを入れよう。今週末の3days Bookstore出店のためバタバタしてますが、どうぞよろしくお願いいたします!

 今日の国分寺は曇り。夜から雨?明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、雑誌の「pen」。2015年の4月号。CCCメディアハウス。特集が”若冲を見よ。“若冲についてはいまさら何も言うことはないんですが、ほんと、この絵描きさんの才能をほんの少しでいいので分けてもらえたら・・・。なんてこれまた弱気な発言。若冲、見てろよ!

 今日流れているのは、ピンクフロイドです。
b0304265_1514358.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-19 15:14 | お店あれこれ | Comments(0)

JKとオジサン

 昨日は暖かくて、でも風が強くてまいった。

 暖かいからずっとドアを全開にして営業していたら、なんだか外がびゅうびゅうしているので出てみると、風が強いのなんのって。

 風があるのはいいとしても店舗前の通路の砂ぼこりがブワブワ舞って店内を直撃中だった(泣)。入口付近の本はもうザラザラ状態で泣ける。速攻ではたきをかける。でもまた全部お掃除しないと・・・。ホント砂ぼこりだけは本屋泣かせですな。

 その後いっとき力を抜いていたところ、JK女子がお二人ご来店。店内の端っこの方を恥ずかし気に見て廻っているので、古本屋慣れしてないんだろうなーと思いつつ見守っていると、お一人がスマホで店内を撮影(動画)開始。

 いやいや、別に撮ってもいいですがせめてひとことなんか言ってくれたらな、と。そうしたらJKと会話もできてオジサンはうれしいしね(ここでパンチが来ます)。ほんと撮影だろうが握手だろうがサインだろうが、言ってくれれば全然OKですよ(笑)。

 でも年頃のお子たちはその辺、恥ずかしいのか気後れするのか頓着しないのかってとこなんですな。オッサンがいきなり撮影し始めたら速攻で、おいおいって言いますけどね(笑)。いいんですよ、JKなら(ここで2度目のパンチ来ます)。

 今日の国分寺は曇り時々雨。

 今日の気になる一冊は、「間取りの手帖」佐藤和歌子。リトル・モア。不動屋さんのガラス窓にズラーっと並んでいるあの間取り集。ワンルームあり、3LDKありの普通の間取りから変わった間取りまで。一時、間取りにはまって、週末のナントカ不動産のマンションチラシなんかを凝視してたことがある。間取り好きというより、逃避願望なんじゃないかと思う。

 今日流れているのは、イルカ。めずらしいでしょ?
b0304265_14464878.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-16 14:46 | お店あれこれ | Comments(0)

言葉がいっぱい

 昨日の定休日はお店にこもって作業。本の山を作っては崩し、崩しては作りを続けながら、あっちこっちと移動させているうちに終わってしまった。

 3days Bookstoreに持って行く本は段ボール1箱分しか準備できず、お客様からのご依頼本の探索とバックヤードの本をかきまわしただけで、あっという間に夜になっていた。

 あと1週間しかないのにできるのかなーと自分が自分に言う。こんなとき、バックヤードがもっと広ければとかそんなことばっかり考えて堂々巡りするのでいけない。

 実際にいまの在庫は自分のキャパを越えているのかもしれず、わりとすべて把握できているつもりの最大マックスを越えてしまうと、もう何がどこにあるのかわかりません状態。

 這う這うの体で家に帰ると、部屋で山積みになっている本にまた出会うという、もう本なんか見たくない症候群になりそうな夜であった。考えてみれば絵本の類は別にして、本の中には文字がびっしり埋まっているわけで、文字というか言葉がもう大量にあってそれに取り囲まれて生活しているわけで。

 そんな一日でした。たまにでいいから無になりたい。

 今日の国分寺は晴れ。暖かい!

 今日の気になる一冊は、「永遠の詩04 中原中也」選・鑑賞解説/高橋順子 エッセイ/川上未映子/小学館。新しめの中原中也の詩集だけども、表紙に横書きで、私はその日人生に、椅子を失くした。と書いてある。そんな一節、あったっけ?カッコよすぎじゃないか?(笑)でも中也の詩はヒリヒリしていて好き。

 今日流れているのは、Takeo Toyamaです。
b0304265_144098.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-14 14:40 | お店あれこれ | Comments(0)

火曜日はお休みですな

 うららかなお天気。穏やかな気持ちになります(花粉が飛んでなければね)。

 夜中の3時とか4時頃、鼻が詰まって眼が覚めてしまうので朝方また眠りにつくまでグタグタと。また眠れそうになるともう起きなきゃいけないから、結局昼眠いと・・・。

 この齢になると、若い頃に比べれば花粉症も楽になってはいる。ただ単に老化の為反応が鈍っているだけだと言われると悲しいものがあるけど、ま、たしかにそうなのかとも思う。夜、酒を呑むと余計にひどくなる気がするが、やっぱ呑んでしまうので、ま、あとひと月ほどはなんとかこらえてやり過ごすのみ。

 もう春なんだと思う。外はとても暖か。こういう日は建物の中の方が寒かったりする。ま、動いていれば寒くないけど。さっきからくしゃみ連発。昨日からわき腹が痛いのは変なくしゃみをして筋を違えたのかも。おおげさなくしゃみしてるからなー。

 それはそうと、明日は定休日。毎週火曜日はお休み。でも3days Bookstoreの準備のためにお店で作業する予定。持って行く本を整理しなきゃいけないのと、かたずけた本の中にお客様リクエスト本が埋もれているのでその探索も。火曜日は日曜日なはずなのに・・・。

 ま、これが勤め人であれば休日出勤クソ―ってなもんでブーブー言いたくなる気がしても、自分でやっていると、ま、それも仕方ないし・・・という気に。そりゃ休んで遊びにでも行きたいもんですな・・・って結局愚痴ってる(笑)。

 それといつもそうなんだけど、店内作業中ではあっても、今日は定休日です、お休みです、ってドドーンとドアに貼ってたりするんだけど、まったくお構いなしに入って来るお客様(笑)。お休みですし、作業できないんで!どうぞよろしくお願い致します(笑)。もちろん万札握りしめてのお買い物でしたら、作業中だろうがなんだろうが速攻で道作ってササ―っと赤じゅうたん敷いてご案内しますけどね(笑)。

 ま、そんなわけで火曜日は定休日です。帰るとウエンツの火曜サプライズやってます(関係ないか)。ではではまた水曜日に。今日より暖かくなっていそう。春到来です。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる本は、加藤節雄の「LONDON LIFE-STYLE ディスカバー・ロンドン」。ロンドンには行ったことないけど、いかにもロンドンっぽい装丁で気を惹く。60年代かなって思ったけど76年の本だった。ま、その頃の本みたいにサブカルぽくって、こういう本は意外とレアだったりする!って思ってしまうんだけど、調べるとそうでもなかった・・・ってパターンの方が多い(まだ調べてないんだけど)。ヒッピー風のうまいんだか下手なんだかわかんないイラスト(ヘタウマでもなく)にだまされてしまうんだよね・・・。

 今日流れているのは、フェイ・ウォンです。
b0304265_1453849.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-12 14:53 | お店あれこれ | Comments(0)