カテゴリ:お店あれこれ( 477 )

連休最終日も酷暑

 3連休最後の月曜日。昨日からの灼熱地獄は続いております。

 こう暑いと何もかもストップしてじっとしている方が身のためかも。しかし世の中は動かなければ立ち行かない。古本屋も開けて商売しなければならないのですな。とはいえお客様が来なければ始まらないとあって、何とか来てもらいたくてクーラーギンギンにしてさあどうぞと準備オッケーなんだけど、人が歩いていない(笑)。

 ま、こんな昼日中、外を歩いている方がおかしいくらいの気温なのですな。いまリアルタイムで100均ワゴンを物色中のお客様二人、さあ、お店に入ってきなさい・・・クーラー冷え冷えだよ(笑)。普通、お店に入ればクーラー効いているのは当たり前だけど、うちでは特別なんですよ。クーラー嫌いですから。ま、入れなければどうしようもない暑さですもんね。

 そうか、今日は月曜日。週の始まり。だけど祝日。明日は定休日なのでお休み。なんか調子でないパターンですな。あ、さっきのお二人、入って来ない・・・。行っちゃった。やっぱドア開けとこうかなー。クーラー効かなくなるけど(笑)。微妙なんだよね。開けとけば何となく入ってきやすいし。ドア締まってると何となく入るには気合い入れなきゃならない?からね。

 ま、なんとか、乗り切りましょう。この暑さ。

 今月末には3daysBookstoreもあるし、chibimadoで展示販売もあるし、その前にはchibimadoで夜の古本屋も開催されます。来月にはお店で小谷ふみさんの夏のイベント「ふみとロウソクの夢」も開催されます。もろもろ近々お知らせしますねー。ほろ酔い夜話は秋くらいですかね。

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、「文章読本」谷崎潤一郎。中央公論社版。文章の書き方って?文章に実用的と芸術的との区別なし・・・。文法的に正確なのが必ずしも名文にあらず・・・。文章のよしあしは曰く云い難し、唯感覚を以て感ずべきのみ・・・。さすが谷崎先生!

今日流れているのは、マイク・オールドフィールドです。
b0304265_1533724.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-16 15:33 | お店あれこれ | Comments(0)

冷房病

 クーラー効き過ぎでキツイ時もある。うちのお店はクーラーが設置されている壁の手前がバックヤードになっており、2メートルくらいの幅をとって大きな本棚の壁になっている。その本棚の上部、約50センチくらいの幅がクーラーの抜け道というかお店全体に冷房を流すので、効率が悪く、しかもその本棚の横に帳場があるので、自分の場所は冷房が効きすぎる。

 お店の入口付近は暑く、帳場は寒い。この逆がいいんだけども、本棚のレイアウト上こうなってしまう。お客様が暑そうなら冷房強めにとは思うんだけど、ここは寒くて(笑)。ま、ドア開けっ放しなんだから冷房の効きが悪いのは当たり前か(エアーカーテンしてるんだけどね)。

 だいたい暖房も冷房も電気代が高くてつらい。一年中適温な気候にならんもんか・・・。などと呑気なことを言う。ま、本気で効率よくしようと思えば、省エネのクーラーに替えて、棚のレイアウトを変更するくらいのことをすればよいのだけれども。それはそれで、ね。

 素っ裸、いやせめて海パンくらいで足元に子ども用のミニプールなんか置いて・・・ってのもいいかも(笑)。古本屋に入ったらオヤジが海パン一丁で接客してたら嫌だろうなー(笑)。筋肉マンだったらまだいいかもしれないけど、骨皮筋衛門だしなー(笑)。そういえば骨皮筋さん、どうしたでしょうね・・・。

 昨夜はベルギー×フランス戦を見てしまったのでなんだか眠たい。ていうか見るつもりでもなく寝てたんだけども蚊に起こされて(?)、つい最後まで見てしまった。この朝方の時間は涼しかった。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「御馳走帖」内田百閒。中公文庫。おなじみ百閒先生の食随筆。食に関する随筆って、何か興味が湧くもんだ。今の10代、20代の若者食随筆など読んでみたい。

 今日流れているのは、小栗綾子「Sleepless Night」です。
b0304265_1426392.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-11 14:26 | お店あれこれ | Comments(0)

七夕か・・・

 今日は土曜日、古本デー!

 おまけに今日は七夕でした。七夕ですか・・・。

 願い事を短冊に書きましたか?子どもの頃は、七夕のストーリーに感傷的になりました・・・。いまは?

 会いたい人がいますか?

 一年に一度・・・。

 さてさて、あいかわらず眠い午後のひととき。なんか病気ですかね?眠すぎ。ボーッとしてたら、お客様に、いつからやってんの、って唐突に訊かれる。

 風は相変わらず強くて、開放中のドアからビュービュー吹いてくるのでクーラーは入れずに営業中。また埃っぽくなりそう。雨降ってないだけいいか。ていうことは彦星と織姫は逢えるのかな。一年の一度の逢瀬ね・・・。

 カラッと晴れてくれれば多少気持ちも上がるのにね。梅雨明け早々に台風、大雨、サッカーロス、死刑執行。気持ちも下がります。

 こんな日だからこそ古本デー!なんだけどな。自分自身が下がってたらいけませんな。

 さてさて、本の整理をしましょう。

 今日の国分寺は曇り。

 今日の気になる一冊は、「ジャイアント・ロボ 原作完全版 第一部誕生編 上」横山光輝。講談社漫画文庫。テレビと全然違う。大作少年じゃないんだ・・・。ジャイアント・ロボを純文学で書いてみたら凄そうだ・・・って思う。

 今日流れているのは、キャロル・キングです。
b0304265_1450255.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-07 14:50 | お店あれこれ | Comments(0)

おれはミミズ

 もう7月だ。July Booksさん元気かな。ひるねこbooksで本並べてるんだっけな。見に行きたいけど行けそうにないか。だいたいまだ、ひるねこさんにも行ってないって。

 あー、もっといろんなとこ見て廻らないと埋没してしまう。このクソ暑い夏が始まったばかりの今。
暑さを蹴散らして走りたい!子どもの頃みたいに裸足でアスファルトの上でアチチって跳ねながら走り回る。入道雲を見上げて汗を垂らして。なんか回想して補ってる。子どもの頃の記憶で今の自分を癒す。変なの。

 汗をふきつつ鈍重な足取りでもいいからせめて電車に乗って都心部に足を踏み入れたら、おお、東京だーって都会の真っただ中でジャンプして足ひねってイテテってしかめっ面で天を仰ぎ、真っ青な空の真ん中でうぉーって叫んで。

 もう支離滅裂思考でもなんでもいいや。まずは一歩踏み出すための呪文をこさえてつぶやき続けよう。ぶつぶつぶつぶつ。国分寺マンションの竪穴式住居のいちばん下の、古本洞窟の奥でじっと外を見つめながらそんな妄想をする暑い夏の日。

 インプットせねば!思考が枯渇する。熱情が蒸発して消えてしまう。昨日、入荷した本のチェックをしていたら、茨木のり子の詩らしき言葉が小さな紙にコピーされて挟まっていた。・・・自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ って書いてあったな。この本の持ち主はどんな気持ちでそうしていたんだろう。でもなんとなくわかる。

 自分の感受性なんていつの間にか干からびたミミズみたいになっちゃって、水かけたって戻るわけもなくせめて一夜干しのミミズくらいだったらまだなんとかなるかなって。井の中のミミズ、大海を知らず。されど空の青さを知る。空の青さは嫌になるくらい知っているのに、早く潤さないとそれすら見えなくなりそうだ。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「宇宙の声」星新一。角川文庫。おなじみ星新一ですが、夏になると読みたくなる率が上がる気がするのは、夏休みの読書感想文とかで読んで書きやすいというかすぐ読めるっていうかそんなところの評価が高いのかも。星新一かー、って定番過ぎてスルーされる方も多いんだけど、でも必ず売れて行く鉄板でもあるのです。

 今日流れているのは、クリンぺライです。
b0304265_14322317.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-04 14:32 | お店あれこれ | Comments(0)

3days Bookstore vol.2 発進!

 今月後半の27日から29日の3日間、西調布の手紙社EDiTORSにて「3daysBookstore Vol.2」が開催されます。

 3days・・・って?ま、いわゆる古本市。といってもいろんなところでやってる古本市とは一線を画す・・・一線を画すと言ってもえらそうな意味ではなく、スタンダードでオーソドックスなタイプではなく、いままでになかった!と言えるような古本市にしたいという思いが込められたイベントです。

 手紙社がやるくらいだから、オーソドックスであるわけないし、ある意味新しい視点と挑戦がこめられているわけですが、出店する古本屋側にも新たな視点が要求されます。ただ本を持って行けばいいってわけでなく、ポリシーを持って行くって感じで。

 もちろんどこの古本市でもその辺は色々考えられているとは思うんだけど、3days・・・の場合は
その辺がシビアなので、いつも以上に気が抜けません。手を抜くとすぐバレる…そんな緊張感が漂っています。

 初回は今年の3月でした。その時の結果や感じたことなどふり返りをしつつ、新たなコンテンツを立ち上げて2回目に臨むというわけです。今回は蔵書票を作るワークショップや、本に絡めたディナーなど、そうそう簡単には出来そうもないコンテンツが組み込まれています。こういうところは手紙社さんでないとできそうもないところです。

 そんな3daysBookstoreにまどそら堂も出店しますので、どうぞみなさん、西調布まで足を運んでくださいませ。近くなりましたらまたご案内いたします。

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日(まどそら堂は火曜定休です)。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、「14歳からの哲学」池田晶子。トランスビュー。言わずと知れた池田晶子さんの名著。思春期の子ども向けだが、もちろん大人が読んでも同じように反応できる。思春期の反抗期とか対応に困りがちな親御さんこそ読んでみたい本なんじゃないだろうか。

 今日流れているのは、アズテックカメラです。
b0304265_15525186.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-02 15:52 | お店あれこれ | Comments(0)

連鎖する不思議現象

 古本屋に限らず、どこでも何かしらこんな現象があるんだろうな的お話。

 今日は朝から蒸し暑く、営業的にはどうなんだろうって思いながら開店すると、すぐさまお客様が買って下さる。お支払いは5千円札。

 ま、ふつうだけど、ここからが不思議な話。それからのお客様のお支払いがなぜか5千円札が続く!いつもこんなことないのに。千円札は減るばかりで5千円札はどんどん増えて行く。

 5千円札って意外と入って来ず、両替もなんだか不効率。1万円入れても2枚しか返ってこない(あたりまえかw)。だからうれしいんだけどね。

 それともう一つは今日の買取は雑誌が多い。ていうか雑誌ばかりだ(笑)。こういう日もあるんだなーって。なにがしらの法則とか意味があるとしか思えないこういう日って、どこのお店でもあったりするんだろうな。

 触った本が売れるとか、何故か気になった本が売れるとか、とても不思議な何かを感ずることがたまにあるし今日みたいな連続5千円札と連続雑誌買取などほんと面白いですな。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「POPEYE 君の街から、本屋が消えたら大変だ!」マガジンハウス。今日買取した雑誌の中の一冊。お客様と話していた本屋が偶然にもその雑誌に載っていた。これまた不思議な符号かな・・・そうでもないか(笑)。

 今日流れているのは、マイク・オールド・フィールドです。
b0304265_15471393.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-30 15:47 | お店あれこれ | Comments(0)

ツンデレミーちゃん

 今日は本関係とはちょっと違う話。 

 家までの帰り道の途中である一軒の家の窓越しにいつもちょこんとお座りしているミーちゃん。かわいいネコのミーちゃんに挨拶をするのが日課になっている。

 疲れているときも、気持ちがやさぐれている時も、ミーちゃんを見るといっとき心が安らぐ。

 ミーちゃんは西洋系の小柄なネコちゃんで、それはそれでかわいい日本の三毛猫タイプではなく、どこか気品があり、それでいて怖そうな感じでもない西洋系にしてはかわいい感じのネコちゃん。

 ただこのミーちゃん、ツンデレなところがあり、3日に1回くらいしか振り向いてくれない。ミーちゃん、ミーちゃんって呼んでも無視、そっぽを向いて相手にしてくれないんだけど、たまーに、うにゃ?って首をかしげてこちらを見てくれる。

 たまに窓際にいない日もあり、そんな時は残念な気持ちになるが、ツンデレに翻弄されながらも、恋心が募るというそんな気持ちが何となくわかる気がしてくるミーちゃんなのであった。

 こうした毎日の一コマというか日常習慣というか、そんな時間が割と好きだったりする。ちなみにミーちゃんは自分が勝手につけた名前でほんとの名前は知らない(笑)。フランソワーズかもしれない(笑)。

 今日の国分寺は晴れ。酷暑。

 今日の気になる一冊は、「ザ・ベリー・ベスト・オブ ナンシー関の小耳にはさもう 100」ナンシー関。朝日文庫。ナンシー関の文章はとても気になる文章で、こういうの書ける人は凄いなあとよく思って読んでいたっけ。うまいというか。文学的というのではないけど、鋭いんだよね。もっといろいろ書けただろうなー。

 今日流れているのは、カーペンターズのトルビュート盤。
b0304265_1338599.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-29 13:39 | お店あれこれ | Comments(0)

オーディオ復旧

 今日も暑いのだった。

 夏にはまだ早いんでは?でも否応なく暑い今日この頃。みんなバテないように。

 昨日CDプレーヤーが復旧しました。壊れたのは2度目ですが、今回も分解バラバラ(っていっても外側だけね)して、中の基盤など触らずに、ディスクのイジェクト用歯車を指でくりくりしてなんとかトレイを開け、どこか引っかかっていたのかなとなんどかくりくりを繰り返し、もう一度組み立てて電源を入れたらなおった!あー、よかった。

 最近パソコンはたまに不調になるし、電球はパチンパチン球と切れるし、CDプレーヤーまでぶっ壊れるなんてなー、と。ま、これでまた好きな音楽が聴けるのでいいですな。ブライアン・イーノさんには随分お世話になりましたが、しばらくユーチューブ経由ってのもお休みです(ホントのところ、なんでブライアン・イーノばっかりだったかというと、他のは途中でCM入るし、数分で終わっちゃってその度に入れ直すなんてめんどくさいしその点ではブライアンさんのは1時間以上ほったらかしで行けるし、第一、本屋向け環境音楽だったので)。

 ま、そういうことで今日は久しぶりにキース・ジャレットをかけてます。あんまり変わんないかな(笑)。でも好きな曲を好きに聴けるのはいいですな。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「漬けものと保存食」婦人之友社。昭和39年に出た本なのでかれこれ50年以上前のものですか。実は以前在庫していて何年も前に売れたんですが、再入荷しました。懐かしいです。ぼくがぬか漬けを始めたのは12年前のドイツワールドカップの時ですが、漬物は奥が深く、いまだにこれだなって境地には至りません。

 今日流れているのは、キース・ジャレットです。
b0304265_13263111.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-28 13:27 | お店あれこれ | Comments(0)

6月ももう終わり

 どうしちゃったのか何だか夏みたいな日が続いてる。夏の日差しがサンサン。梅雨ってどうしちゃったのか。

 何しろ暑いのでクーラーも入れざるを得ず、電気代を払ったばっかりでなおまた電気代がかさむことが腹立たしいところではありますが、この暑さでは仕方なくクーラースイッチオン。今日は異常に風が強いため、後ろのドアをあけて風を通すと店内が暴風でざらつくので、ま、とりあえずクーラー入れるしかない。

 基本的にクーラーは好きではなくて、たとえば食事に行ってクーラーがガンガンに効いているところなどは避けるし、クーラーの吹き出し口から直撃の場所など座ったら帰るまで機嫌が悪くなるという(笑)。昭和40年代頃には世の中にはクーラーなんてなかったんだけどなー(すげー年寄みたいw)。ま、今の気温とは違うけど。

 今日は本の整理を。月曜日の帰りがけに棚の入れ替えなどをしていて途中でほかして帰ってしまったので、そのまんまの状態からなんとか復旧せねば。ここのところ買取が続いているので本が溢れてまた積み上げそのまんまタワーがあちこちに。

 もう見た目はフツーの古本屋の風景なんだけど、この雑然とした様はあんまり好きじゃなく、雑然さにこそ古本屋の醍醐味ありと感ずるお客様には申し訳ないけど早急にきれいにしなければと思っております。

 さてさて、気合いを入れてやりましょうかね。まずその前にコーヒーでも・・・それがいかんのだよ!と自覚しつつ今日も開けております。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「はじめてのえほん パーマンとのりもの」小学館。新幹線や車にパーマンが絡むだけなんだけど、いったいこれはとっきゅうでんしゃとパーマンのどっちに重きを置かれているのかと。パーマンはもちろん添え物でイラストがちょこっと脇に載ってるだけなんだけど、パーマン好きでないと買わなそうな装幀でうーん、のりものにかこつけてのパーマンなのか・・・などと要らぬお世話な感想でした。

 今日流れているのもいつものブライアン・イーノです。
b0304265_13483575.jpg


 
 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-27 13:48 | お店あれこれ | Comments(0)

今日という日

 真っ白な画面に文字を埋めてゆく。今日という今日は眠ってしまったらおしまいで、もうないってことなのか。こんな天気のせいかお客様の入りが芳しくなく、張り合いの無い一日。

 お客様対応がないし、やる気も出ないのでボーッとしていようかと思ったが、やることはいっぱいあるし、無けりゃ掃除でもしてろよって感じなんだけど、やっぱやる気が起こらず、店内をウロウロしてたまに外に出てみたり。

 パソコンにらめっこも飽き飽きだし、スマホもいじりたくない。こんなにいっぱい本があるのに読む気もせず、それでいてめずらしく今日は眠くない。

 こんな日はなるがままに、時間が過ぎてゆくのをじっとして見ているだけしかできそうもない。だから今日という今日は特に記することのない一日として消えてゆくのかな、と。眠ったらまた明日で。

 明日は明日。こんな日にこそ、ちびまど時代みたいに9時の女神(夜の9時になる頃になぜかたくさん買ってくれる女子のお客様がやってきた)がやって来ないかなと思いつつ外を見れば、前の道を歩く学生さん達がたまに見えるだけで、活気といえるほどの人が歩いていない。

 ま、こんな日もある。

 お店にこもりっきりだとお客様と話をするくらいしかつながらず、外に出てインプットする時間を持たないと枯れてしまいそう。ストックされていたものをアウトプットしていてもちょっと在庫切れ状態。まとまった時間でもっていろんなものや事を見たり聞いたりして、脳内を潤したいな、と。
そんな時間を取れるような仕事スタイルを作らないといけないね。

 今日の国分寺は雨。昨日は日本代表戦見て歓喜してました。セネガルは無茶苦茶強そうだけど、また勝ってほしいです。お知らせ:明日は終日外出の為、お店は副店長が仕切ります。どうぞよろしくお願いいたします。ブログも明日はお休みさせていただきます。

 今日の気になる一冊は、「SFカーニバル」フレドリック・ブラウン。創元推理文庫。フレドリック・ブラウンが編んだSF短編集だが、往年のSFムードというか、スタンダードというか、オーソドックスなSFを読みたければこれだ的短編集。いまどきのややこしさがないので昔チックなSFを御所望ならおすすめかも。SF棚上から2段目にあります。

 今日もブライアン・イーノです。
b0304265_15105997.jpg


[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-20 15:11 | お店あれこれ | Comments(0)