2018年 07月 18日 ( 1 )

夜の古本屋

 さてさて、夏の夜はいかがお過ごしですか?

 仕事から帰って、または学校から帰って夕食済ませてからテレビ?今どきテレビなんて見ないのかな?夏の夜は長いので自由時間を作って過ごしましょう。

 そこで考えたのが、夜の古本屋。夜のいっとき、古本屋を開店します。え?今やってるじゃないって?まどそら堂は夜の7時まで。夜の古本屋は7時半から。ていってもここじゃなくてchibimadoで。

 つまりこちらを定刻に閉めて、chibimadoで夜の古本屋を。夏の夜限定。星を見上げながらお客様が来るのを待つわけです。内容もchibimadoの展示空間の特性を生かして、特集を組んで。初回は「映画パンフレットの夕べ」(仮)。映画パンフを面陳でドドーンと飾ってみます。箱でパタパタパタ・・・と見るパターンではなく、一冊一冊見られるようにして。

 たとえばSF特集とか、児童書特集とか、日によって変えてみる。夏の夜の自由時間にフラッと寄ってみたくなる夜の古本屋・・・。時間も1時間くらいだけ。たまたま前を通ったら開いていた、って感じで。うちでテレビを見てるよりいいかも。夜の散歩の途中に寄ってほしい。そんな夜の古本屋、まもなく開店です。ひょっとしたら明日の晩、テストでやってみるかも!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「週末香港・マカオでちょっとエキゾチック」下川裕治。写真:阿部稔哉。朝日文庫。下川さんの旅本はいつも魅力的。行ってなくても行った気になる。香港に行きたい、けど行けてない。この状況を下川本で慰めよう・・・。

 今日流れているのは、エディット・ピアフです。
b0304265_14352172.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-07-18 14:35 | お店あれこれ | Comments(0)