春はもうすぐ

 僕にとって春は5月過ぎて花粉が飛ばなくなった時にやってくる。

 まだまだ先だけど、今週末には東京では桜が満開か?世の中はもう春なのですな。ここ最近の強風でドアは閉めっぱなしだったけど、今日はいくぶん落ち着いているのでドア全開。

 花粉でボケてるせいかつり銭間違いが多い。ていうかレジの打ち間違い。しっかりしないと・・・。気が付いたら包装用袋もきれてるし。抜けてる・・・。

 気持ちを変えて、買い取り本のクリーニングと値付けをしよう。映画のパンフもそろそろ品出ししなけりゃ。積みあがった本もなんとかして。ほんと、気付けで目玉に唐辛子をすりこむくらいのことしなけりゃ駄目だな・・・。

 なんか大声で叫びたくなる衝動が湧き起こりそうな、ちょっとまずいかも的金曜の午後。イージーミスくらいでひっくり返っていても仕方ないし、ここはふんばろう。といいつつかぶりを振る。

 さて、明日(3月23日・土曜日)の朝9:30~、本多公民館で今年一発目の国分寺ブックタウンフェスのミーティングがあります。参加ご希望の方、ボランティアをしてくださる方、興味のある方、見学だけでも大丈夫なので、本多公民館2階和室2へおいで下さい。国分寺の人でなくても大丈夫。本が好きで、本のイベントに興味があればオッケー。ぜひご参加ください。

 今日の国分寺は晴れ少し曇り。

 今日の気になる一冊は、「放送禁止映像大全」天野ミチヒロ。三才ブックス。この本の中の映画の項に出てくる「ノストラダムスの大予言」の映画版のポスター。子どもの頃、銭湯に貼ってあったものをじーっと眺めていた記憶があり、その世界観が怖くて、でもそのポスターの怖さに魅かれて似たようなシュールな絵を描いたっけなー。なつかしい・・・。

 今日もお侍さんのCD です。
b0304265_1536264.jpg


 
# by yoshizo1961 | 2019-03-22 15:36 | お店あれこれ | Comments(1)

睡眠&覚醒時無呼吸症候群と強風

 どうやら寝ている時、呼吸をしていないらしい・・・いわゆる睡眠時無呼吸症候群というやつ。

 呼吸が止まって、再開するまでの間、つまりそれは自律神経がもう駄目だ呼吸せよと指令を出すまでの間は止まっているわけで、何秒くらいかわからないけどその間は俺はどうなっているんだろう・・・。

 寝ているのでまったく自覚できないし、ていうか海の底で息を止めて泳いでいる時みたいに体の中に残っている酸素でなんとか賄っている状態って。だからお弁当を食べた後に睡魔がくるのかな?

 起きていてもボケーっとしている時があるので、覚醒時無呼吸症候群だったりして(笑)。って笑えないけどね・・・。それにしても今日は風が強い。こんな強風ではドアが開けられないよ。ほこりや微細な砂粒が舞い上がってお店に飛び込んでくると、本がざらざらしはじめる。

 こんな日の翌日は掃除が大変。本もすべて拭かなきゃならなくなるので、今日は祝日で人出もありそうだけどドアは閉めっぱなし。本が傷むからなー・・・。でもせっかくのお休みだからドア全開にしときたいんだが、残念な強風の日。ほかの店はどうしてるんだろうか。

 百均ワゴンはもうざらざら。エアーコンプレッサーがほしい・・・。はたきをかけてると、昭和な本屋のおじさんみたいになってる(笑)。春の風は気持ちよさそうでそうでもないのでした。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、「リンゴの木の上のおばあさん」ミラ=ローベ。学研。このあたりの名作児童書って岩波もそうだけど函入りだったりする。昭和40年代くらいの本だと、函はもうぼろぼろなんだけど、中身は新品くらいきれいなものが多い。とはいえ函をはずして売るのも・・・。函がぼろぼろでもいい本はいいですよ。

 今日もお侍さんのCDです。
b0304265_15323394.jpg

# by yoshizo1961 | 2019-03-21 15:32 | お店あれこれ | Comments(0)

そして卒業

 卒業式のシーズン。

 終わりがあれば始まりもあるので、気持ちも入れ替えて新しい環境に飛び込む季節なのである。
新しいとなんでも嬉しい。新鮮。見た目も新鮮にと、うちのお店の本も少しだけだが入れ替えることにした。

 いつも思うのは、これを見てほしい、これを買ってほしいと前面に出してもそれがそのまま訴求力があるかといえばそうでもなく、むしろ慎ましく棚の隅っこに納まって居たもののほうが売れたりする。要は本そのものの力があるかないかってことなんだと思う。とはいえ卒業と始まりだ。まどそら堂も新学期に備えて、本をリフレッシュして隅っこの本も面陳の本も等しく新鮮な風をあてなければならない。

 おかげさまでこのシーズンはまた買い取りが頻繁にあるので、面白い本もぞくぞく入荷中。生活に根差した本、定番の絵本、また尖った写真集も。東京蚤の市に持っていく本のストックもしなければならないので、全部というわけにはいかないが、生活系を中心に棚に入れていこうと。

 卒業してゆくみなさん、何から卒業するのかわからないけど、とりあえず新しい一歩を踏み出すための卒業、おめでとうございます。

 今日の国分寺は晴れ。

今日の気になる一冊は、「STRUCTURAL BOTANY」IVISON,BLAKEMAN,TAYLOR,AND COMPANY. 1880年のボタニカルのテキストブック。花や葉っぱの絵やおしべ・めしべ等の絵が載っている。こうした植物系、昆虫系の古めの本が集まってきているので特集コーナーでも作ろうかなと思っている。しかし、139年前の本か・・・。すごい。

 今日流れているのは、お侍さんのオリジナル曲です。
b0304265_15411538.jpg

# by yoshizo1961 | 2019-03-20 15:41 | お店あれこれ | Comments(0)

どこまでもいこう

 すみません。本日はブログはお休みします。明日もお休みです。明後日、水曜日にまた!





b0304265_13381932.jpg

# by yoshizo1961 | 2019-03-18 13:38 | お店あれこれ | Comments(0)

新入荷情報155

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。本のお問い合わせはカテゴリ内のお店案内をご覧ください。


【いろいろ】
「昔話覺書」柳田國男/修道社/昭和32年/初版
「名探偵ホームズ13 呪いの魔犬」ドイル・久米元一/偕成社版/昭和47年
「名探偵ホームズ11 姿なきスパイ」ドイル・武田武彦/偕成社版/1972年/重版
「DIE FAUTE HASELMAUS」CARLSEN VERLAG/EIN DAXI-BUCH19/1977年
「蟹工船・党生活者」小林多喜二/新潮文庫/平成20年/99刷
「銀の匙」中勘助/岩波文庫/2011年/23刷
「おきらく整体生活」奥谷まゆみ/ちくま文庫/2011年/2刷
「セクシーボイスアンドロボ1・2」黒田硫黄/小学館/2002年
「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン/長山さき訳/新潮社/2016年/4刷
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」J・Dサリンジャー/村上春樹訳/白水社/2003/年6刷
「ウィニー・ザ・プー」A・Aミルン/阿川佐和子訳/新潮社/2014年
「アルゼンチンババア」よしもとばなな文/奈良美智絵+写真/ロッキング・オン/2002年/初版
「烏に単は似合わない」阿部智里/文春文庫/2016年/15刷
「少女コレクション序説」澁澤龍彦/中公文庫/昭和60年/再版
「スパイのためのハンドブック」ウォルフガング・ロッツ/朝河伸英訳/ハヤカワ文庫/2007年/16刷
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎/祥伝社文庫/平成18年/初版
「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎/祥伝社文庫/平成21年/初版
「怪盗ルパン全集13 ピラミッドの秘密」原作ルブラン/南洋一郎/ポプラ社/昭和61年
「ウォルト・ディズニーのピノキオ」世界の絵本・新潮社/昭和26年
「non-no HANDWORKBOOK手作りを楽しむ本」集英社/昭和58年
「貝類研究叢書Ⅰ かたつむり」黒田徳米・渡部忠重/三明社/1949年/初版
「ごきげんならいおん」ルイーズ・ファティオぶん/ロジャー・デュボアザンえ/むらおかはなこやく/福音館書店/2009年/42刷
「おやすみなさいおつきさま」マーガレット・ワイズ・ブラウンさく/クレメント・ハードえ/せたていじやく評論社/2009年/38刷
「キャロル イン ワンダーランド」高橋康也/新書館/1976年/初版
「めの まど あけろ」谷川俊太郎ぶん/長新太え/福音館書店/2010年/38刷
「ちびゴリラのちびちび」ルース・ボーンスタインさく/いわたみみやく/ほるぷ出版/2009年/38刷
「バイロン」鶴見祐輔/大日本雄辯會講談社/昭和10年
「官話 北京事情」宮島吉敏編/文求堂蔵版/大正4年/再版
「あさになったのでまどをあけますよ」荒井良二/2012年/8刷
「はしれ!かもつたちのぎょうれつ」ドナルド・クリューズさ/くたむらりゅういちやく/評論社/2009年13刷


 今日の国分寺は晴れ。

 今日の気になる一冊は、お休みします。

 今日流れているのは、リュートです。
b0304265_1624545.jpg

# by yoshizo1961 | 2019-03-17 16:02 | 入荷情報 | Comments(0)