人気ブログランキング |

表裏一体な自分と宇宙

 ツイッターで流れ星が爆発して煙になる映像を見ていたら、なんだか感傷的な気分に。

 ていうか流れ星が煙になって消えていくところではなく、バックの星々がなんだか哀しくて。星屑の先にはまた星屑。なんでこんなに星があるのだろうか。ていうか何で星があるのか?星って何?

 いつも思うのは世界はすべからく表裏一体なんじゃないかっていうこと。星屑を見ているとそんな気がする。星は量子。量子は星。マクロの果てはミクロ。ミクロの果てはマクロ。宇宙の果てを見ようとすれば自分自身が見える。自分自身を見れば宇宙の果てが見える。

 謎だと思うことはあまりにも単純で、単純すぎてわからないだけで、本当はわかっていることなのに気が付いていないだけとか。なんか星屑をじっと見ているとそんな気がしてくる。

自分の指先のほんの少し上を凝視してみたら星屑の宇宙が見えてくる・・・。そんなことありそうですよね。ていうかたぶん指先のほんの少し上に宇宙の果てがあり、その果てに自分が投影されていて、自分も宇宙の果ても表裏一体で在るというか・・・。

今日の国分寺は晴れ。今日は少し晴れてよかった。

今日流れているのは、リュートです。
b0304265_15414492.jpg

by yoshizo1961 | 2019-07-17 15:41 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 再びお知らせ 雨のジュディ・シル >>