人気ブログランキング |

表現の動機

 何らかの美術作品を作る動機ってなんだろうか?描きたい、作りたいっていう表現欲求が湧きだして止まらない・・・っていうことなんだろう。根本的には。

 年取ってそういった熱情みたいなものが薄れてくると、何か表現しなければ、という、やむにやまれぬ思いみたいなものがサラッとしてくるというか、こだわっていたところが平たく見えてきたというか。

これは枯れている、ということだろうか?冬の枯れた樹木のような、鼠色とも水分の抜けた茶色とも言い難い灰色の木肌みたいな心持・・・。

 いやいや、自分が枯れたと言っているわけではなく(ま、多少はそうだが)、自分の見ている世界自体がフラットになっているというか、起伏を感じるような出会いがないというか・・・。それは世界自体がそうなっているわけでもなく、自分自身の行動がそうなっているということで。

 毎日のルーチンワークをこなすのがやっとな生活では、様々な刺激には触れられず。とはいえそれはそれで大事な毎日ではあるのだから、自分自身の行動の幅に起伏を持たせられればいいわけで。

 歩いていても目を閉じていても何らかの出会いがあるわけで、そこを気付かずにスルーして過ごすことをせず、何らかの美を見出し(美でなくてもいいけど)、表現の芽としてかかえる・・・そんな心持で過ごしたい。そんな気がした冬の一日。

 今日の国分寺は晴れ。明日は午後、外出しますのでブログはお休みします。お店は副店長があけていますのでよろしくお願いいたします。

 今日の気になる一冊は、ふたたび「創造&老年」横尾忠則。SBクリエィティブ。年をとっても言うことがカッコいいのはまだ若いからか・・・。年をとるのはいやだけど、せめてこの世とあの世の理など少しは垣間見て納得顔のじじいになりたい・・・。

 今日流れているのは、ふたたびリュートです。
b0304265_15494756.jpg

by yoshizo1961 | 2019-01-16 15:49 | 美術あれこれ | Comments(2)
Commented by peko2nd at 2019-01-16 23:03
生きている証としての「表現」っていうことを追求することが難しい時代になったなあと痛感しています。一体自分は何がしたいんだろう…なんて、この歳になって自問自答することが増えました。引きこもってじーっとしていたいと思うのは寒さのせいだけではない?もう少し暖かくなったら本を買いに行きますね(^^)
Commented by yoshizo1961 at 2019-01-17 13:39
peko2ndさま

コメントありがとうございます。
じーっとしているとやっぱよくなさそうなので、暖かくなったらお店に本を買いに来てください(笑)。体冷えるのでビール飲み過ぎないように(笑)。
<< 今日という一日 こんな冬の日の思い出話 >>