昨日はありがとうございました

 昨日はイベント2つで皆さんにお世話になりました。ありがとうございます。

 稲城長沼駅の高架下にあるくらすクラスのクラス広場にて開催された古本市。朝から出張って売ってきました。緩やかに始まってゆっくりな時間を過ごしていい感じでした。お隣が路地ブックスさんだったのでお客様が空いたときなどいろんな話ができて楽しかったです。

 JRの高架下ということで時折電車の音がするくらいで、駅のそばなのにとても静かな環境でした。稲城の人たちもこうした空間でつながっているわけですな。国分寺でもこうした半野外的な場所があればなーと。

 まったく関係ないんだけど、高架下の横には川(といっても側溝)があり、子どもの頃はよくこういうところで立小便をしたことを思い出しました。もちろん今の子は、ていうか今のご時勢では立小便などご法度ですが、ゆるかった時代というかそんなことを思い出してしまったわけです。

 いな暮らしさんのお弁当を食べて満足してたらあっという間に終了の午後4時になり、かたづけて国分寺へ。稲城の余韻に浸りながら、ゆるゆると坂を下って来ると、いつもの国分寺マンションの雰囲気とはちょっと違うテンションがじわじわと伝わってきて、下ったところの入口まで来て目を疑う光景が。

 たぶん国分寺マンション・アンティークアヴェニュー始まって以来の人出と熱気!(始まって以来といっても昔のことは知らない)。あまりの人の多さにほんとにここがアンティークアヴェニューか!?と叫んでしまうほど。帰ってきたのに自分のお店にも入れない状況になっていて驚くやらうれしいやら。この狂騒は終了の夜8時半まで続いていました。

 くらすクラスのほうも手のわ夜市のほうも各々、単独でまた振り返りをしますので、またそのとき詳しく。実際今日はもうヘトヘトで呼吸も苦しい感じです(笑)。でもこういったイベントは作り上げていくスタッフがいてこそで、スタッフみなさんには頭が下がります。もちろん来ていただいたお客様も。ありがとうございました。

 今日の国分寺は曇り。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、「アイドル40年」近映文庫。パート1から8まで出てるんだけど、お店にはパート5迄あります。もう何と言っていいものかというくらいアイドル好きにはたまらない文庫ですな。ていっても昭和30年代から60年代くらいなので今の若い人にはちんぷんかんぷんですが・・・。日本が豊かになっていく時代のアイドルさんたちです。なつかしい。

 今日流れているのは、サキソフォンの曲です。

すみません、画像がさかさまですがどうやってもなおりません・・・
b0304265_1720483.jpg

b0304265_1725940.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-10-08 17:18 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 「藍色夏恋」で癒される 7日はお祭り >>