秋の風が吹くこの場所で

 お客様が一人入って来られてしばらくして何気に出て行かれた。こうして今日も古本屋をしているけれど、この秋の風が吹くこの場所で、本を売りつつ生きる算段をする・・・。そんな日常。

 お客様の気にいる本が無かったのだろう。そんなことはいつものことだが、すべてのお客様が一冊以上必ず買ってくれるのなら古本屋はいい商売ということになるんだろうな、と。現実はそんなわけもなく、こうして外を見つめつつ。

 隣の補強工事に理不尽さを感じつつ,しかしそれを憂いてもどうにもならない世の中のどうしようもない理に辟易しながら、心頭を滅して帳場に座っている。言えば愚痴にしかならないということはよくわかってはいても、胸の奥に澱む呪詛めいたものが自分の心を歪めてしまうので、自分のこころの許容量の狭さ故だとは承知していても、モヤモヤ感は消えない。

 昨日の工事の仕方の暴挙に驚きつつ、安全面での対応ができないために昨日は急遽臨時休業したが、その後家に帰り、出直して出かけたさきの古本屋で本を爆買いし憂さをはらすという・・・。本に集中して気持ちもおさまってきたが、財布はすっからかん、売り上げはゼロ。

 再度気を取り直し副店長と西武球場へナイターを観に行き、サッカー好きなのに野球観戦で大声出して気を持ち直す。それでもまだ黒い雲が湧きおこるというていたらく。

 それでも今日はタイミングよく無心を実践する人からの電話があったりして、思わずこころが安らげたのでよかった。自分自身でどうにかできるよう無心な人になりたいが遠いなー、と思いつつ今日という日常に戻ってゆく。

 外の100均箱をしげしげと見て、手に取って抱えてくれたお客様がいらっしゃるので、あー、よかったと思ってまた見ると本を置いて帰ってゆく・・・これもまたいつもの日常。さて本の整理をしますかね。

 今日の国分寺は曇り&雨。

 今日の気になる一冊は、「太陽の帝国」J・G・バラード。国書刊行会。映画でも観たし、リアルタイムで読んだ。映画のサントラも持ってたな・・・。SFじゃないけどバラードらしいところもあるし。ってバラードだからあたりまえか。

 今日流れているのもリュートです。
b0304265_14125884.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-09-20 14:13 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 10月・11月はイベント目白押し 本日は臨時休業 >>