昭和なあれこれ

 いま手元に「毎日ムック 戦後50年」という大型で分厚いムック本があるんだけれど、パラパラめくっていると、ああこんな・・・とか、おお、これって・・・などと唸ってしまう写真が満載ですごいことになっていた。

 おお、1971年にピンクフロイドが来日してる!大阪でライヴした時の写真?この年ははっぴいえんどが「風待ろまん」を発表してる。歌謡曲では「雨の御堂筋」とか「また逢う日まで」が流行してた。まんがは「男おいどん」。テレビは「スター誕生」、「野生の王国」など。野生の王国懐かしい・・・。テーマ曲もう一度聴きたいね。ていうか1971年って、そんな時代だったんだ。三島由紀夫の割腹自殺やよど号ハイジャックはその前の年の70年。

 スプーン曲げが流行ったのが1974年。関口少年ってこんな子だったっけ・・・。いまどうしているだろう。この頃の大衆食堂の写真がでっかく載ってるんだけど、いい感じ。トタンの看板に手書きの看板文字。暖簾も大きめで渋いなー。電柱はモルタルじゃなくて木だし。店の前にとまっているカブはあんまり変わらない(笑)。なんかこんな風景の路地を作ったら面白そう。

 昭和バリバリの古本屋もやってみたいなあ。隣が大衆食堂に喫茶店、大衆酒場にレコードや、駄菓子屋などなど。三丁目の夕日みたいか(笑)。

 ま、そんな懐かしい写真が満載のムック本、お店の中央ちょっと奥の棚の真ん中あたりに並べてあります。興味ありましたらぜひどうぞ。

 今日の国分寺は曇り時々雨。いま陽がでてる。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日の気になる一冊は、「学習漫画 日本の歴史」集英社。小学校の時、教室の学級文庫の定番本だった。学習とはいえ漫画なのでよく読んだ記憶がある。お店にあるのは昭和50年の版だけど、初版が昭和42年だからリアルで読んだ本かも。歴史自体は頭に入ってないけどね…(笑)。

 今日流れているのは、またしても小林武文です。
b0304265_168076.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-09-03 16:08 | 本あれこれ | Comments(0)
<< どうせハゲですよ14 三度目は無し >>