秋に思うこと

 うーん、ちょっと前から片耳が急に耳鳴り・・・。どうしちゃったんだろう。風邪でもひいたか。

 とにもかくにも8月ももう終わり。31日ではないか!夏休みが終わってしまう。今日は金曜日だからまだ土、日2日間は学校休みか・・・。とはいえ今日日の学校は早めに新学期が始まるんだっけ?国分寺はもう始まってるもんな。

 ああ、学校行かなくていいからよかったー。子どもじゃないし。ていうか宿題とかしなくていいのはうれしいな。夏休みの宿題ほど嫌なものはなかったような・・・。ちゃんと早めにやっておけば楽勝だし、毎日キチキチやればいいだけだから、どうってことないはずなんだけど、それができれば悩むことないわなー。ま、そんな子どもの頃を回想していている場合じゃないんだけど、そう、月末はなんやかんやと出ていくばかりでそっちを考えれば、子どものままで夏休みの宿題で一喜一憂してた方がまだ楽かな、と。

 ま、そんな話をしていてどうするんだというわけで、明日から9月なので秋から冬のかけての予定などを確認しつつこじんまりとまとまらず、ガンガン行こうという感じですかね。ていうかどんな風なガンガンか自分でもわからないんですが(笑)。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り時々雨。

 今日の気になる一冊は、「死の蔵書」ジョン・ダニング。ハヤカワ文庫。アメリカにあっても古本屋は古本屋で、同じようなことに一喜一憂しているわけですな。もちろんこの小説はミステリで、ハードボイルドだったりするして、古本好き、ミステリ好きなら誰でもハマる作品というわけです。

 今日流れているのもリュートです。
b0304265_159628.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-08-31 15:09 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 読める本とは 秋はもうすぐ >>