小谷ふみ「ふみとロウソクの夢」始まる

 今日から小谷ふみさんの新作「うたたねのうたかた」(私家版)の展示販売。

 昨夜、ご本人があーでもないこーでもないと、展示場所のミシン台ディスプレイ上で格闘。ほどなくして無事展示し終えてホッとした顔でお帰りになりました(笑)。作家さんのこだわりがそのままミシン台の上に乗っかっておりますので、小谷ファンはもとより、ご来店の皆さま、どうぞ手に取ってご高覧頂き、お求めいただければと。新作以外にもおなじみの「やがて森になる」「よりそうつきひ」なども同じ台上にて販売中。こちらもどうぞよろしく。

 26日の夜には【不思議なお話の会】も開催。小谷さんを囲んで不思議な話の会を。参加される方はどこか不思議な話をひとつふたつお持ちいただいて、電気を消した店内で懐中電灯を顔に当てながら話すという・・・。コスプレもOK。どんな会になりますやら。

 不思議系でもホラー、オカルト系でもいいので、われこそはという方がいらっしゃったら当日飛び込みでも大丈夫です。参加費が1000円かかります。今すでに12名ほど予約が入っておりますのでほぼ満席状態ですが、ま、なんとかなると思います。

 小谷さんの作品を一望するには最適な展示になっております(作家自身制作によるプロフィール帳もありますよ!)。どうぞよろしくお願いいたします。

 今日の国分寺は晴れのち曇りのち時々雨。

 今日の気になる一冊は、「赤い花」ガルシン。思索選書(思索社)。ガルシンって、いまは絶版の福武文庫に入っている短編集を読んだことがあるけど、ひょっとしてこれが底本かも。1950年版。ガルシン、意外といいです。

 今日流れているのは、昨日と同じくクリンぺライ。
b0304265_14592020.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-08-23 14:59 | 詩あれこれ | Comments(0)
<< ほの白く肺はちぢまり レトロ銭湯と木星 >>