国分寺で、てのわ市!

 いよいよ明日はてのわ市です。

 天気もよさそうだし、国分寺でのイベントですから気合いも入ります。朝から準備して、オープンは10時半から。午後4時終了ですが3時半くらいには片付けモードになっていると思うので、掘り出し物探しでしたら早めにどうぞ。

 開催場所の都立武蔵国分寺公園のこもれび広場は、その名の通りこもれびがきれいな空間です。木々の間に清らかな風が吹いていて、その場所にいるだけでも落ち着きます。その広場に、クラフト作家さんが40名以上、ショップもおよそ20店、フードも15店くらい、その他にもワークショップにライブと盛りだくさん。

 まどそら堂はもちろん古本。ギャラリーchibimadoではアーティストの玉川宗則さんのライブペインティングと絵画の販売です。まどそら堂とchibimadoは同じブースです。

 このてのわ市が終われば、通常営業に戻れます(笑)。そうしたら落ち着いてブログも書けるというもの・・・。いろいろほったらかし状態なので、ひとつひとつ片づけて落ち着いた清々しい風が流れる古本屋になりたい(笑)。

 みなさん、ゆっくりお店で楽しめるようがんばりますので応援よろしくお願いします。ていうかお前がなんとか頑張れよってことですかね(笑)。わかりました、がんばります。

 今日の国分寺は晴れ。明日は終日、てのわ市におりますので、ブログはお休みします。なお国分寺マンションの店舗は副店長が開けておりますのでてのわ、店舗どちらもお立ち寄りくださいませ。

 今日の気になる一冊は、「ひな菊の人生」吉本ばなな・奈良美智。ロッキングオン。まどそら堂では定番アイテムの奈良美智本。奈良さん、鉄板です。ありがとうございます。

 今日流れているのは、はっぴいえんどです。
b0304265_1517956.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-06-02 15:17 | 国分寺あれこれ | Comments(0)
<< てのわ市、トリハ展無事終了 新入荷情報123 >>