コーヒーとこどもてつがくとよりみちと

 今日は朝からコーヒーばかり飲んでる。だから胃がガポガポだ。

 相変わらず下腹部は重く、本箱を抱えるとけっこう来る。いい加減落ち着かないものかな(泣)。来週から国分寺ミーツで展示販売が始まるし、月曜日にはこどもてつがくもある。どちらも準備しなければならないし、体が言うこと聞かないときつい。

 こどもてつがくはまだ席があるので、興味のある子は応募してほしいです。店頭でもメールでも。展示販売の方は、国分寺ミーツの3階、プラタナス広場で22日(日)から28日(土)まで。最終日の28日15:00よりトークイベントがあります。なんとまたまたわたくしが登壇!どうなることやら。今から胃が重く頭痛が痛いです。

 ま、そんなことよりどうレイアウトするか、どんな本を持って行くかの方が今のところ気に病むところで、ああでもないこうでもないと試行中。量的には少ないので気負うこともないんだけど、でも国分寺だし恥ずかしいこともできず。でもいつも通りでいいですかね。センス良ければ悩むとこでもないんだけど・・・。

 まずは本の選定とスリップ入れを営業しながらやってます。古本だけじゃなくてリトルプレス系も持って行きます。いい感じになってくれればいいんだけどな。ていうか国分寺及び近隣の方、まったく遠くの方もぜひいらしてください。トークイベントもぜひ(無料です)。

 今日の国分寺は、雨のち晴天。

 今日の気になる一冊は、リチャード・ブローディガン「アメリカの鱒釣り」晶文社。ブローディガンのデビュー作。古本屋にはかならず並んでいると言われる定番本。まどそら堂にもありました(笑)。同じくブローディガンの「西瓜糖の日々」が好き。こちらは貸し棚コーナー・咲文庫さんの棚に文庫版があります・・・。

 今日流れているのは、ブライアン・イーノです。
b0304265_1517961.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-04-18 15:17 | 国分寺あれこれ | Comments(0)
<< ロッド・スチュアートと青空 背筋を伸ばす >>