呪文を唱える

 いやー疲れがたまっているのか眠くてたまらん。食後だから?お客様がいる前で熟睡しそう(笑)。ていうか、体が動かないのは何か魔法にかかっているのかな?(て、ファンタジックな言い方してる)

 春眠暁を覚えず、って。ま、そういうことかな。魔法といえば、子ども時代からすりこまれてる呪文ってありますか?例えば、テクマクマヤコン、テクマクマヤコンお姫様になあれ・・・とか。マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン?エロエムエッサイム、エロエムエッサイム・・・。汝の正体見たり、前世魔人ワレアタマ…(これは違うか)。

 子どもの頃のわけのわからない言葉っていまだに覚えているってのに、近々の予定とか覚えきらんのだよ。そういうもんかね?パン・ツー・〇・ミエとかよく言ってたなー(笑)。何が楽しかったのか(笑)。月亭可朝さんがお亡くなりになったそうだが、ボインの他にコインとかナインとかもあったよね。ボインだけが残ったのはやっぱインパクトあるから?

 ま、そういう話でなくて、毎日の生活を縛る呪文をついついつぶやいてしまうのがいけないなーと。すぐ「だからー」とか言ってしまったり、まず「いや、」と否定から入るとか。まずは聞いてそれから全方向まっとうに話す。それができる余裕をもてるかどうか。

 テクマクマヤコンならいいんだけどね。余裕が欲しいね。心の余裕(て、自分に言ってるんだけどね)。まずは眠気覚ましのコーヒーを飲みますかね・・・。

 今日の国分寺は晴れたり曇ったり。

 今日の気になる一冊は、「1973年のピンボール」村上春樹。講談社。お店にあるのは、文庫じゃなくて当時の単行本。店頭にあるのは14刷だが、奥には初版もあったと思う。佐々木マキの絵もいい感じ。当時リアルタイムで読んだっけ。4畳半的生活者から見ると(読むと)、その生活スタイルや思考がお洒落過ぎて。卵かけごはんなんて食べないだろうな的主人公の視点に憧れてしまう自分はまだ若かったなーと・・・。

 今日流れているのは、クロノス・カルテットです。
b0304265_1471687.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-04-14 14:07 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 新入荷情報119 エイプリルまっただ中。 >>