雨の日は憂鬱

 またまた冷たい雨が・・・。

 ここ数日はこんな感じなのでしょうかね。雨だと力が抜けるのですな。ヨシ!っていう気持ちがね。なんかですな、子どもの頃(小学生1,2年の頃かな)風邪かなんかひいて学校やすんで寝てたわけです。それでそのまま夕方になって、それでも家には自分しかいなくて、雨が降っていて。

 布団の中から窓ガラスに伝わる雨粒の筋をじっと見つめていたわけです。だんだん暗くなってきて、そんでもってグレーな色合いと雨粒が妙に悲しくて、なんだか身震いしたくなるような気分だった時があったわけです。そんな記憶がこんな雨の日に甦るわけですな。なんとも・・・。

 ですからこんな日こそ何も考えずに体を動かすのが一番なんだけど、本の整理をしようにももう空きスペースがなく、そのため溜まった本の居場所も作れず。その前に事務仕事をかたずけなければならないし、とか思っていると、急に睡魔が・・・なんてどうにも集中力に欠けるわけでした。

 まずはコーヒーを飲み、気分を落ち着かせて。外に出て冷たい空気に触れ、アタマをリフレッシュ。花粉はやだけど深呼吸。さて、落ち着いて始めましょうかね。

 明日また雨でも明後日には晴れるかな?晴れたらいいね。

 今日の国分寺は雨。寒いね。

 今日の気になる本は、「山之口獏詩集」。取り置きを頼まれている本だけど、中を確認しながらページを括っていると気になる言葉が。この人の詩は・・・なのだ、っていうのが多いのでなんだかバカボンのパパみたい(笑)。それで「頭を抱える宇宙人」っていう詩の一節で、いつまで経っても意気地なしの 文なしじゃないか と来る筈なのだ(前後の詩はあえて省く)に妙にハマって反応してしまいました・・・。

 今日流れているのは、マイクオールドフィールド「チューブラーベルズ」です。
b0304265_15154426.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-03-08 15:15 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 古本山に登ろう 夏前までのイベントは・・・ >>