本と休日

 今週も始まりましたな。うちのお店は火曜日定休なので、水曜日の今日が週の始まり、というわけです。

 昨日は重たい荷物を抱えて歩いたりしていたので、荷物を右手と左手とを持ち変える際、左の脇のそのまた下あたりの筋を違えてしまい今日になってちょっときついです。

 休日は本にまみれず、本のことも考えず、本から遠ざかる一日にしたいものだと思いつつ、結局図書館に行ってどっさり借りてきてしまい・・・。視力回復のために遠くの緑を見ましょう的リハビリで、リフレッシュのために本から遠ざかりましょう的な気持ちだったのに、、いつのまにやらフラフラと用事の後、図書館の棚の本の背をじっと見つめている。ぜんぜんリフレッシュになってない(笑)。

 ま、読書欲求は本を売るという行為とはまた別なので、やっぱ読みたい本を物色してる時間は本と切り離していることになるかな、とは思いつつも、家でオリンピックでも見てれば少しはゆっくりできたものを、と。

 いま気になっている最果タヒと、いつも読んでる雑誌(本系と物理系)と島田雅彦を借りてきた。島田雅彦は講談社文芸文庫に入った初期の短編集を。デビュー作からの数編と、「天国が降ってくる」が好きだったんだけど、未読の初期短篇に興味が湧き。最果タヒについては、ちょっとばかり読みこんでみて、自分の思い違いなのかそうでないのか確かめるためにもちゃんと読んでみたいなと。

 一昨日、ロバート・ネイサンの「ジェニーの肖像」を読み終え、同じ著者の別作品を読んでみようかなと思ったけど、図書館には無かったので残念。

 というわけで、結局、本に触れていた休日でした。

 今日の国分寺は曇り。寒いです。

 今日流れているのは、アバです。
b0304265_13552238.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2018-02-21 13:55 | お店あれこれ | Comments(0)
<< サブリエ猫まつり 最大の素数ふたたび >>