買取ありがとうございます

 今日は昼から立て続けに買取があり、うれしいんだけど支払いでオタオタしますな。その分、売れて行けばいいんだけどね・・・。

 愛着のある本を手放すのはちょっとつらいものがある・・・ってお客様もいれば、もう未練なしの達観した感じのお客様もいるし、そもそもまったく頓着してないお客様もいるしで、ま、買取で成り立っておりますので、みなさん本を売っていただいてありがとうございます。

 買取で気にすることはもちろんその本自体の内容なんですが、あと状態っていうのもかなり気になるところです。いい本なんだけど破れているとか書き込みがあるとか。残念だなーと。拭いて磨けばなんとかなるものもあるのですが、児童書・絵本系は汚れ・シミはつらいですな。でも汚れがあっても昔の味わいのある絵本は捨てがたいものがあるので何とも言えないとこもあり、やっぱ現物を見ないとわからない、というところですかね。

 それと、きれいな状態でも数年前のベストセラー本とかベストセラー作家の文庫とかって、もちろん買わせていただくんですが、買取額は少なくなりますな・・・。とにかく世の中にたくさんあるのでダブついているというわけです。

 あと、レア本でもヴィンテージ本でなくても、こりゃすげー、いやこりゃ面白い、これは見たことない、こんな本あるのかーって本は結構好きですので買わせていただきます(笑)。ま、まどそら堂基準での判断になりますが(笑)。

 というわけで今日は買取合戦になっていますが、売っている本が買われていきませんなー。だれか買ってくれー!(笑)

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、キース・ジャレットです
b0304265_15512734.jpg



 
[PR]
by yoshizo1961 | 2018-02-09 15:51 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 貸本屋さんの思い出 駄菓子屋さんにタイムスリップ >>