風邪菌はなぜ

 ここにきてやっとこさ風邪が治ってきて、ホッとしていたら、今度は右ひじから右肩あたりまでが痛いという・・・。まともに普通の時がないというのが悲しい。元気いっぱいな生活・・・なんてすばらしい響き。そうならんもんかのぅ・・・。

 思うに風邪菌と言うのは確かに意志を持っているのでは。というのも、明らかに風邪菌を保有している人は、すれ違いざまにかならず咳をするのである。風邪を引いている人が咳をするのはあたりまえ?ま、そうですけど。体内の風邪菌を出そうとして起こる生体反応が咳だと教えられたが、ほんとにそうなのだろうか?

 これは自分の仮説だが、風邪菌にはちゃんと意識があり、とにかく今いる宿主から別の宿主に移り住むために人の体に咳を起こさせて飛び移るのではないのか?なぜそう思うかと言うと、さきほど書いたように、風邪をひいている人は人とすれ違いざまにタイミングバッチリで咳をするのである。しかも人の顔に向けて。

 もちろん人に移さないようにマスクをしたり、咳が出るときに下を向いたりするくらいの気遣いをする人も多いと思いますが、なぜか人の意志に関係なく、というか人の意志を操作してマスクを外させ、顔に向けて最短距離になったとたんに咳発射!させるのですよ、恐るべし、風邪菌!

 というわけで僕はもう抗体ができているので風邪はもうひかないと思いますが、みなさんご注意ください。くれぐれも人とすれ違う時には要注意!

 今日の国分寺は晴れのち曇り。夜は雨ですか?

 今日流れているのはゆるいボサノバ系です。
b0304265_1492153.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-12-13 14:09 | 国分寺あれこれ | Comments(0)
<< ギター、弾きたい 新入荷情報81 >>