雨の街を

アンニュイな気分になると、聴きたくなる曲があり、それがユーミンの『雨の街を』。

 雨は降っていなくとも、頭蓋に雨音がこだまして、それでいて静寂な心持のままグレーな気分になってくる。いや、グレーというより無彩色な。そして何でもかんでも思い詰めてそれでいて思慮が浅かった学生の頃に引き戻されるような。そのまま、どこまでも遠いところへ歩いて行けそうな気分になる。

 今日は簡単だけれどもこの辺で。明日は定休日です。

 今日の国分寺は晴れ。東経大は卒業式。はかま姿の学生さんがたくさん。ではまた金曜日に。

 今日流れているのは一柳慧。それらしくなっています。



[PR]
by yoshizo1961 | 2016-03-23 14:45 | ミュージックあれこれ | Comments(0)
<< こどもパンです! 『蔵六の奇病』再読 >>