「ほっ」と。キャンペーン

落ち葉の押し葉

 いま、特集棚で村上春樹本を並べているが、初期の頃の作品である『ダンス・ダンス・ダンス』の本の中から、10枚前後の押し花ならぬ”押し葉”が出てきた。

 『ダンス・ダンス・ダンス』は買取した記憶がないので、たぶん自分で買って読んだ本だと思う。ということは、この押し葉も自分でしたんだろうか・・・ほんと、記憶がない(笑)。でも自分でした気もしてくる(笑)ので、自分がしたのかもしれない。

 記憶がないからリアルタイムで読んだ頃にしたとしたら、この押し葉も28年ものということになる。いい感じで圧縮というかプレスされており、スッとした形といい、深い色合いといい、熟成されたウィスキーのようでいい感じなので売ることにした(笑)。

 特に謂れを掲示してないのでただ単なる落ち葉を売っているかのようだが、気に留めてくれたら、ササ―ッと寄って行っていやー実はこうこうでこうなんですよーと説明するけれども、まだ一枚(一葉?)も売れていない(笑)。

 以前、道に舞っているきれいめな落ち葉を拾って売ってみようかなと書いたことがあるが、ほんとに売ってみると売れないものだという・・・。あたりまえ?ま、そうですかね(笑)。

 それでもいい感じの押し葉なので、いいなと思った方、いかがですか。栞代わりにもなりますよ。

 今日の国分寺は晴れ。お知らせ:お隣のお隣、元ガラクタヤさんが入っていたところに新しいお店がもうすぐオープンします。こうご期待!

 今日流れているのは、ジム・クロウチです。
b0304265_1454144.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-02-03 14:54 | 本あれこれ | Comments(0)

新入荷情報86

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。

【SF】早川書房海外ノヴェルズシリーズ

「リングワールド」ラリィ・ニーヴン/早川書房/昭和53年/初版
「リングワールドふたたび」ラリィ・ニーヴン/早川書房/昭和56年/初版
「光の王」ロジャー・ゼラズ二イ/早川書房/昭和53年/初版
「ゲイトウエィ」フレディック・ポール/早川書房/昭和55年/初版
「JEM」フレディック・ポール/早川書房/昭和56年/初版
「地球帝国」アーサー・C ・クラーク/早川書房/昭和53年/初版


【いろいろ】

「HUR GICK DET SEN?」TOVE JANSSON/ALEFABETA
「関東周辺 山と地酒の旅」坂倉登喜子/小川清美/新潮社/1990年
「ギター独奏 日本民謡曲集」協楽社/1959年
「私の台所から生まれた母の味140品」有元葉子/グラフ社/1999年
「わが家で居酒屋つまみ」主婦の友生活シリーズ/2005年
「フランス刺繍と図案 クッション特集」戸塚きく・戸塚貞子/啓佑社/1995年
「失敗しない田舎暮らし入門」山本一典/洋泉社/1999年
「私とシュタイナー教育」子安美知子/学陽書房/1991年
「北斎と廣重 木曽路六十九次」講談社/昭和39年
「北斎と廣重 諸国名所」講談社/昭和39年
「まいごになったおにんぎょう」岩波の子どもの本/岩波書店/2013年/8刷
「かいけつゾロリとなぞのまほう少女」原ゆたか/ポプラ社/2003年
「かいけつゾロリとまほうのへや」原ゆたか/ポプラ社/2004年
「かいけつゾロリはなよめとゾロリじょう」原ゆたか/ポプラ社/2011年
「限りなく透明に近いブルー」村上龍/講談社/1976年/7刷
「ガンズ・アンド・ローゼズ」エディ・マクススクェア/CBSソニー出版
「屍者の帝国」伊藤計劃×円城塔/河出文庫/2014年/初版
「寺山修司少女詩集」寺山修司/角川文庫/平成17年
「欲望」小池真理子/新潮文庫/平成13年/6刷
「転がる香港に苔は生えない」星野博美/文春文庫/2006年/1刷
「東京むかしむかし」朝日新聞社会部編/角川新書/昭和31年/初版
「おやじ対こども」松田道雄/岩波新書/1966年/1刷
「サイボーグ009 第1巻」石森章太郎/サンデーコミックス/昭和54年/70版
「ネパールに行ってみた!」堀田あきお&かよ/小学館/2003年/初版

 今日の国分寺は晴れ。乾燥してます。

 今日流れているのは、クリンぺライです。
b0304265_12584195.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-02-02 12:58 | 入荷情報 | Comments(0)

「オネスティ」は骨スティ

 ビリー・ジョエルってキャッチーなメロディなので、本人を知らなくても、あー、聴いたことあるなーという人も多いと思う。

 「ストレンジャー」とか「素顔のままで」とか有名な曲がいっぱいあるけど、なぜかこの「オネスティ」がいちばん好きなのである。

 街中やラジオでこの曲が流れていると、ふと立ち止まってしまう。せつなくなるんだね、なぜか。ていうかこの曲をヘビーローテーションで聴いていた10代の終わりを思い出してしまうのだった。

 友達のFくんが録ってくれたカセットテープに入っていた「オネスティ」。当時、“でる単“で英単語を必死こいて覚えていた頃。オネスティってどういう意味だ?と聞いたらFくんは、正直者、っていう意味だ、と教えてくれたが、俺たちはオネスティかどうかなんて話をひとくさりした。

 オネスティはHonestyと書き、アタマがHなのが当時変な気がして、そのために綴りも記憶できたという・・・。頭の中では骨スティだった。閑話休題。

 ま、とにかくこの曲を聴くと、当時のやるせなさが沸々と沸き返って来てなんともせつなくなるのであった。誰にもそういう曲がひとつやふたつありますよね?ビリージョエルの「オネスティ」、いいですよ。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、ビリージョエル他、です。

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-02-01 13:25 | ミュージックあれこれ | Comments(0)

つかまるものがあるか?

 さきほどお客様と宇宙について話をしていた時に、何もない宇宙空間に放り出されたらどうなるか・・・なんて話になった。

 近傍にある惑星や何かの重力がまったく及ばないまっさらの宇宙空間を、命綱もなく、よりかかるところもなく、ましてやつかまるものもない漆黒の宇宙を漂う・・・酸素ボンベが切れるまで。

 いったいどうすればよいのかと泣きべそをかきながら、それでも生き残る手段がないか必死に考えるんだろうな、と。ま、宇宙空間じゃないけど、現実もそんなに変わらない。

 他人事のように言っている場合じゃないんだよ、と。月日は経ってどんどん年寄になってゆく。宇宙も時間も永遠ならいいけど、そうでもなさそうだ・・・。天を見上げて、つかまるものがないとうそぶいているより、両腕を振り回してもがいているほうがいい。ていうかなんとか振り絞ってもがく力を捻出しよう。

 いつもいつもイッパイイッパイな心持では、つかまえてくれている地面も揺れ始める。落ち着いて自分の重力を感じたい。もう、月末。

 今日の国分寺は晴れ。超暖かい。明日は定休日。また水曜日に。

 今日流れているのは、ブラッククロウズです。
b0304265_12305052.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-01-30 12:30 | お店あれこれ | Comments(0)

新入荷情報85

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。


【ミステリ】

「殺人列車は走る」鮎川哲也編/徳間文庫/1983年/初版
「憎悪の化石」鮎川哲也/角川文庫/昭和53年/7版
「黒い白鳥」鮎川哲也/角川文庫/昭和54年/6版
「偽りの墳墓」鮎川哲也/角川文庫/昭和54年/初版
「砂の城」鮎川哲也/角川文庫/昭和54年/3版
「死のある風景」鮎川哲也/角川文庫/昭和53年/3版
「法廷の魔女」高木彬光/角川文庫/昭和54年/4版
「わが一高時代の犯罪」高木彬光/角川文庫/昭和53年/5版
「妖術師」高木彬光/角川文庫/昭和62年/初版
「悪魔の火祭」高木彬光/角川文庫/昭和54/年初版
「二幕半の殺人」高木彬光/角川文庫/昭和51年/再版
「破戒裁判」高木彬光/角川文庫/昭和53年9版
「罠の中」結城昌治/集英社文庫/昭和52年/1刷
「温情判事」結城昌治/角川文庫/昭和56年/初版
「赤の組曲」土屋隆夫/講談社文庫/昭和52年/4刷
「危険な童話」土屋隆夫/角川文庫/昭和50年/初版

【いろいろ】
「はちみつレモン 君平青春譜」東君平サンリオ1990年
「空飛び猫」アーシュラ・K・ル=グウィン村上春樹訳講談社文庫2009年20刷
「たのしいムーミン一家」ヤンソン講談社文庫1999年51刷
「イグアナの娘」萩尾望都小学館文庫2010年13刷
「マイナス・ゼロ」広瀬正集英社文庫2016年5刷
「パリ散歩の時間」藤田一咲枻文庫2004年初版
「かわいい手づくり雑貨 1000の手芸」くりくり編集室編二見書房2008年初版
「少女スタイル手帖」宇山あゆみ河出書房新社2002年初版
「ショートストーリーなごや」ショートストーリーなごや実行委員会平成25年
「シュタイナー教育入門」高橋巌角川選書平成2年9版
「かいけつゾロリ 大けっとう!ゾロリじょう」原ゆたかポプラ社1997年2刷
「かいけつゾロリのめいたんていとうじょう」原ゆたかポプラ社2005年33刷
「かいけつゾロリのなぞのうちゅうじん」原ゆたかポプラ社2001年27刷
「操体法の実際」橋本敬三監修茂貫雅嵩編著農文協1995年41刷
「操体道入門」中川重雄宝島新書2000年1刷
「天沢退二郎詩集 〈地獄〉にて」天沢退二郎思潮社1984年初版


 今日の国分寺は晴れ時々曇り。暖かいです。

 今日流れているのは、中国映画のサントラです。
b0304265_14174159.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-01-29 14:17 | 入荷情報 | Comments(0)