前向きなこの頃

 さて今年もあとひと月と少し。真冬もすぐそこ。

 今年の総括は12月になったらでいいか。来年の抱負も来月あたりに。最近ポジティヴ思考をするようになり(ていうかブレそうになるときに自分が自分に楽しくやろうと言い聞かせる)、考え方ひとつで世の中楽しくなったり苦しくなったりするし。そんなことは当たり前のことか。

 しかししかし。考え方ひとつで気も軽くなる。今までならムカ―ッ!とするところでも、ん?くらいに抑えられてる。あと、いやだなーと思い込んでいやいややっていたことも楽しく楽しくと思い切り暗示にかけて乗り切ろうと。

 根本的に博愛な気分になれているかといえばそうではなく、暗示をかけてそう思い込んでいるだけなのかもしれないけど、ま、効果はある気がする。みなさんもイライラしてる時には、スパッとその思いを捨て、何でも楽しくやろうじゃないか!と思い込めばなんか何とか乗り切れるのでいかがですか。そんなことあたりまえじゃないか?そうです、あたりまえなんですよね。

 しかししかし。それが上手くできないのでトラぶったりモヤモヤしたりするわけですよ。今日も買取がなんかうまい感じでいかなかったなーとかそんな引っ掛かりがとげみたいに残ってたりすると、いまいちな声しか出なくなるし、表情も暗くなりますな。もうスパッと気持ちを切り替えて(もちろん反省もしてだけど)、今日を進もうではありませんか。・・・ね、ポジティヴでしょ?

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、キース・リチャードです。
b0304265_1333688.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-11-29 13:03 | お店あれこれ | Comments(0)

昼は弁当

 昼は副店長が作るお弁当をいただくわけだが、たまに無しの日があり、そんな時には外食するより駅ビルの地下でお弁当を買って食べることが多い。単純に外で食べている時間が無いというだけなんだけど、時間に余裕があれば近所のお店で食べたい時もある。

 駅ビルの地下でも選択肢はいくらでもあるように感じるが、選んでいるのが面倒くさいのでいつも同じ弁当を買う。某トンカツ屋さんのひれポテト弁当(ひとくちカツとコロッケのコンビ)。ほとんどいつもそれなので(たまに気分を変えたくて隣の某天丼屋さんの天丼弁当にする時もある)、飽きてしまって感動しないんだけど、なぜかそればっかり食べてしまう。

 ひとくちカツはホントにひとくち分の大きさしかなく、もっと食べたい人は普通のトンカツ弁当を食べればいいんだけど、脂っこいのが苦手なので、ま、ちょうどいいし、コロッケが好きなのでコロッケが入っているこの弁当が定番となってしまうわけ。

 しかししかし。やっぱお弁当は買ってきて食べるのは味気なく、作っていただくお弁当がいちばん。栄養的にも、何にしても副店長が作るお弁当がいちばんですよ、ホントホント。(これだけ書いておけば上等なおかずが一品くらい増えそうだな・・・へへへ)。

 今日の国分寺は晴れ。明日は火曜日なのでお休みです。また水曜日に。

 今日流れているのは、エラ・フィッジェラルドです。
b0304265_1447078.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-11-27 14:47 | 副店長ネタ | Comments(0)

新入荷情報101

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。


【いろいろ】

「向田邦子との二十年」久世光彦/ちくま文庫/2009年/1刷
「東南アジア食紀行」森枝卓士/徳間文庫/1997年/4刷
「マンハッタン少年日記」ジム・キャロル/晶文社/1999年/23刷
「増補 月の魔力」A.L.リーバー/東京書籍/1996年/1刷
「タオのぷーさん」ベンジャミン・ホフ/平河出版社1990年
「おかしなおかしなおかしのはなし」さいとうしのぶ/リーブル/2009年/3刷
「花さき山」斉藤隆介・作/滝平二郎・絵/岩崎書店/2007年/135刷
「もこ もこもこ」たにがわしゅんたろう・さく/もとながさだまさ・え/文研出版/2002年/50刷
「フランダースの犬」ヴィーダ・作/岡部勝司・文/長谷川露二・絵/金の星社/1974年
「ファラオの墓1・2・3」竹宮恵子/フラワーコミックス/小学館/昭和52年
「奇譚クラブ」暁出版株式会社/昭和49年6月号・昭和43年6月号・昭和43年1月号/3冊
「季刊TEWAZAテワザ1 特集 遊びのデザイン」福武書店/昭和60年※創刊号
「季刊TEWAZAテワザ2 特集 布のパフォーマンス」福武書店/昭和61年※附録付き
「季刊TEWAZAテワザ3 特集 食器百花」福武書店/昭和61年※附録付き
「季刊TEWAZAテワザ4 特集 江戸のインテリア」福武書店/昭和61年※附録付き
「脳を鍛える 東大講義 人間の現在①」立花隆/新潮社/2000年/2刷
「女の友情」吉屋信子/新潮社/昭和16年/9刷
「東京百景」又吉直樹/ヨシモトブックス/2015年/9刷
「日日是好日」森下典子/新潮文庫/平成23年/6刷
「左官礼讃Ⅱ 泥と風景」小林澄夫/石風社/2009年/2刷
「白洲正子 鶴川日記」PHP/2010年/1刷
「沖縄絵本」戸井昌造/晶文社/1989年/3刷
「いつもみてる」山口和夫写真集/虹色社2017年/初版
「四篇」夏目漱石短編集/虹色社2017年/初版
「阿美 美貴作品集」東大和けやきの会/障害福祉サービス事業所/PACE/2015年
「Snow White and Three Other Stories」Labo-Teaching information Center/1972年
「HANSEL AND GRETEL」illustated by Yoshitaro Isaka /Gakken/1971年
「Terry Winters」Lisa Phillips/ Whitney Museum/1992
「ビューティフルサンセット」小玉ユキ/フラワーコミックス/小学館/2008年/初版
「遠野むかしばなし」鈴木サツ自選50話/熊谷印刷出版部/平成3年/3版
「続・遠野むかしばなし」鈴木サツ昔話集/熊谷印刷出版部/平成2年/初版


 今日の国分寺は晴れ。風が強いです。

 今日流れているのは、ビートルズです。
b0304265_14355314.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-11-26 14:35 | 入荷情報 | Comments(0)

サタデー

 気が付いたらあっという間に土曜日だった。

 全然面白くない連ドラの来週予告を見ながら、ああ、そうか、今日は土曜日か、と。朝コーヒーなどを飲みつつ、ああ、午前中は図書館にでも行くかな・・・などと考えてみるが、いやいやお店!と。古本屋さんを始める前の行動パターンに何気に回帰している自分の脳がこわい。

 最近水筒をうちに持って帰るのを忘れる癖ができ(そんなの癖というのか)、仕方ないのでホットのペットボトルのお茶を買い、毎日これを買っていたら月いくらかかるのかなどと計算しながらお店にたどり着くと、昨夜バックヤードを片づけ始めたその残骸がそこかしこに積まれ転がされしている様を見て、ああ、もう今日はシャッターを降ろして「ゴメン」と張り紙をして逃亡したい気持ちになりつつ、かといってそうすることもできず、ホウキで玄関先を掃き、今日も今日とて一日がはじまるとつぶやき、そのあと深呼吸。

 そして昨夜からの続きでバックヤードを片づけつつ、腹が減ってきたので昼の弁当を食べ始めるとお客様が来るという・・・。弁当を中断して帳場に座り、また合間に弁当を食べしているとまたお客様というスパイラルで、永遠に弁当を食べきれない気になってくる。

 さて片づけ続きをしたいけど、あれもこれもとやりきれず、やっぱ逃亡したくなってくるけど、まずはこれを書いて、気を落ち着けよう・・・と思っているとお客様、なのであつた。毎度ありがとうございます。

 今日の国分寺は晴れ。ていうかもう夕方・・・。

 今日流れているのは、ピアノの曲です。
b0304265_16283971.jpg


 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-11-25 16:28 | お店あれこれ | Comments(0)

旧店舗ですが。

 えーと、今日は金曜日だから24日ですか。27日の月曜日まで、ちびまど(ギャラリーchibimado・・・まどそら堂の旧店舗がちょっと前からギャラリーに生まれ変わりました)にて「まどそらの絵本」展をやっています。25日は終日お休みになりますが、26・27日はちゃんと開けています。

 この場所で2年ちょっと古本屋をやっていたわけで、当時の写真など見るとこんな小さな空間によくもまあこんなに本をぎっしり詰め込んでやっていたもんだと、我ながら感心してしまったというわけですな。雨が降ればすぐ100均の台を中に入れて、入れると今度は店内の足の踏み場がなくなるという・・・。雪が降れば陸の孤島と化し、誰も来ない店内で震えていたわけで。夏は蚊にやられまくって大変だったしなー。そういえばここでもドア開けっ放しで寒いもんだから透明ビニールの厚いやつをカーテン代わりにしてドアに吊るしていたんだよね。毎日そうなのでドアがついてない店舗だと思われていたという・・・(笑)。

 それでもどんなに小さくてもお客様が来なくても、この場所は最高だった気がする。時間はたっぷりあって、余裕でブログ書いてた(笑)。それでもちらほら来てくれる常連さんたちもできて、人が来れば話をして、ゆったりとした時間だったような。国分寺マンションに引っ越してからは自然に、こっちより小さいからちびまどって呼び始めてchibimadoになったんだけど、経費としてはきついけど引き払うっていう気はまるで無かったのは、どうしてもここを保持していたい気持ちが強かったから、ていうかここが好きすぎて・・・かな。

 時間がかかったけどなんとかギャラリーとして立ち上り、みなさんに使ってもらって維持できればいいな、と。もうけなんかはほとんどなしだけども、国分寺で何かを発信する場所のひとつになればいいなと思ってます。みなさん、どうぞ使ってくださーい(お問い合わせは、まどそら堂へ・・・ちゃんと宣伝せねば)!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのはピアノの曲です。
b0304265_1472224.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-11-24 14:07 | お店あれこれ | Comments(0)