なんだかよくわからない

 肩の痛みは、揉み解せば多少軽くなるということを知らなかった。同じように思考も揉み解せば、凝り固まった観念から多少は解き放たれるものだろうか。

 丹念に肩を揉んでもらったら、張り付いたまま動かなかった筋が多少ゆるくなった。丹念に思考すれば、脳の裏側にへばりついたままの観念の癒着がゆるくなるものだろうか。

 思う通りに動かない両肩を、ストレッチを続けることで、今までのように動かせることができるようになればいいが、こまめに思考を重ねれば、ランダムに浮かぶ思考を順序立てて組み上げていく能力が甦ってくるだろうか。

 電車の中で、窓外の風景を見るともなしに目で追いながら、そんなことを考える。いま読んでいる本の続きを読むか、思考を続けるか、目を閉じて眠ってしまうか。思考しながら今日のスケジュールと、いま抱えている問題を同時に思い描く。あれをしてこれをして、あれはどうしたらいいのか、これはどうなるのか、いや、どうなってしまうのかなどと思い描くのと同時に、肩のストレッチと、何で人はいるんだろうか(生きてるんだろうか)などという青臭いことを考える。

 一駅過ぎた。本の続きを読むのは諦めた。人は死ぬけど、死んだら三途の川を渡って、あの世へ行くのだろうか。骨皮筋さんの詩の一節に・・・三途の河原でバーベキュー・・・という言葉があったが、三途の川原のそばに薪とか炭とか、はたまた着火剤とか売ってる店があったら笑える・・・とか考える。それにしても、この世は生きている人しかいないんだ、と気付く。死んでしまった人はこの世にはいないじゃないか。地球上には生きている人しかいない!(人間限定での話ですが)

 二駅過ぎた。お店開けたら、まず連絡の電話を入れなければ。その前に忘れないようにメモ。Suicaをチャージ、ああ、あれ忘れた。少し眠気が襲う。目を閉じる。いやいや、眠ってはだめだ。意識が無いときには世界はあるのかな?まだ生きてる・・・。そうか、生きてる人しかいないんだな、地球には。誰も死んでいないとも考えられる?死んでしまったらもういないじゃないか。

 気が付いたらウトウトしてた。三つめの駅も過ぎて国分寺。とぼとぼ歩く。ぼーっとしている。思考停止。交差点を曲がってalvaを覗く。ミシンに向かっているご主人の背中が見える。そのまま道路を渡りお店のまえで鍵を取り出す。もたもたしているとバスが来て停車してしまう。乗らないよサインを出す。

 今日は日曜日。肩のストレッチをしながら、あれやこれや考えよう。雨降りませんように。何だかよくわからない、そんな日もありますな。

 今日の国分寺は曇り。風が強いですな。

 今日流れているのはブライアン・イーノ。静かでいいのー。
b0304265_15524257.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-07-13 15:52 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

続・哀しみのランナーと無常のブースター

  昨日から続き。「虎の穴」報告。

 大導寺が見てきたという、ジャン・フォートリエ展の話からなんとなく始まった。大雑把にいえば、アンフォルメルの絵の具盛り上がり感から、その時代における絵画の捉え方といま現在との齟齬について、など。その後、本題に。今回のテーマは「ランナー、またはブースター」であるが、多少説明を。
 
 少年が手掛ける彫刻的プラモ制作で、捨てられることもなく大量に保存されていたランナー(プラモデルのパーツをとめている枠。パーツをとったら用済みとなる)をどう料理するかといった話から派生して、必要であっても用が済めば捨てられてしまうもの、それがなければ成り立たないのに簡単に捨てられていく、例えばロケットの燃料ブースターのようなものを広義に捉えて考察してみようというのが、今回のテーマ。

 大量に残っているランナーを使って何か造れないかという問いに、ドーナツの穴みたいなものはどうかとか、切り抜かれた人型はどうかなどという話から始まって、右往左往しながら話は進む。そして、ランナーやブースターのようなものを突き詰めて考えて行くと、結局DNAまで行きついてしまった。魂が主ならば、身体はランナーにすぎない。子が主なら親はランナーにすぎない。そうして続いていく。進化のなかで捉えれば、優性が生き残り、劣性は淘汰される。自分が淘汰されるものならば、それはランナーであり、ブースターであると言えるだろう。生き残ることが目的ならば、我々は甘んじてランナーにならなければならない。というより生きとし生けるものすべてはランナーなのではないか?もし生き残れるならば、それは終わりを意味する。完結するからだ。パーツは組み上げられて、ひとつのかたちを持ち完結する。プラモデルは完成するのだ。

 終わるために捨てられていく。終わりがいつ来るのかも知らないし、終わるのかもわからないが。完結する未来のために捨てられていく哀しいランナー。いやいや、そういう解釈もありだが、ランナーというのは、金型でパーツと共に造られた回路、または血管なのではないだろうかという考察も。確かに回路のようであり、パーツに命を注ぐ血管でもある気がしてくる。が、しかしさらにそのための金型自体は、まさにブースターではないか。

 しかし、お面つけてると息苦しい。わりといい話をしてるなーという時もどこかリアル感に欠けるし。というより、変すぎる!というわけでお面タイム終了。お面をはずしても、話は続く。

話は逸れていくが(または本質に近づくのか)、必要ないものと必要なものとはそもそも何だという展開から、例えば無人島で一人だとして、まずは食べるものが一番必要だが、小動物を捕まえようとして、草を縛って作った罠だとか、掘った穴だとかそういった創造を伴う文化的行為はひとにとって必要なものなんじゃないのか、という話に。食欲と等価なものなのか,二次的なものなのか。創造という文化的なものは、食欲と同じくらい必要なものなのか(いや、そうであってほしい)。また、もう必要でないもの、いらないもの、無駄なもの、そんなものこそ美しいのは何故なのか、とか。リンゴ・スターはブースターか?白絵の具は?はたまたブッダやらニルヴァーナやらそんな話に脱線しながら、無常のブースターたちの夜は更けてゆく。

 今回の「虎の穴」は、話が込み入りすぎて(シンプルともいえるが)、暑さでやられた店主のあたまではうまくまとめられなかった。時間をおくとすっきり見えてくることもあるので、それまで寝かせておこう。参加者からの投稿があれば、それも併せて提示したいとも思う。

 次回の「虎の穴」のテーマは「本」。あらゆる視点でもって本を捉えよう、という企画です。日時は現時点では未定ですが、メンバーのスケジュール等すり合わせの後に発表いたします。どうぞ、どしどしご参加ください。

 今日の国分寺は晴れ。土曜日ですな。

 今日流れているのはクラフトワーク。「TRANS EUROPE EXPRESS」です。
b0304265_15275583.jpg

 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-07-12 15:27 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

哀しみのランナーと無常のブースター

 一昨日の夜は、「虎の穴」であった。

 台風前の雨と風が、容赦なくドアを震わせる。雨風が生み出す冷たい音だけがお店を支配する。今夜は一筋縄では行かぬ予感が、店主の胸に広がりはじめる。この雨と風が何かを伝えようとしているに違いない・・・と一人でハードボイルド風に浸っていたさなか、どーもー!と元気な声で少年が現われた。ちなみに「少年」というのは、とっくに成人しているのに「少年」と呼ばれる新メンバーのことである。

 時計を見れば、まだ閉店時間まで30分もある。虎の穴は閉店後からであるから、気合い入ってるねーと言ったら、準備が大変なんですよー、とお面を装着しはじめる。今夜はお面着用で虎の穴をすることになっていたのではあるが、少年のつけようとしているお面は千と千尋の神隠しに出てきたかおなし風で、相当、手間と気持ちが入ったお面であった。が、まだ営業時間中であったから、お面をつけて店内をフラフラされたらお客様も逃げていく。おいおい、お面のままでフラフラすんなー、と言っても、わはははははーと笑うばかり・・・。まあ、こんな天気じゃ誰も来ないけどねと自虐的に笑っていると、いつの間にか大導寺シンも現れた。

 今日はNさんは来ないのかなぁと言いながら、連絡が回っていなかった手落ちを感じながら準備を始める。大導寺シンが現われるなり、レポートがどうのこうのと一生懸命語りだしたが、メガネに装着する仕様になっている自分のお面装着に気を取られて何を言っているのかわからなかった。いつの間にやら大導寺も紙袋でできた息苦しそうなお面を装着し、何故か白衣まで着てスタンバっていた。

 二人に相対するかたちで座っていたが、その異様さに、うーん、と唸ってからお面をはずして雨と風が吹き付ける外に飛び出して、ドアの窓ガラス越しに中を覗いてみた。こ、これは・・・。もう準備中の看板に差し替えているから、お客様は入って来ないと思うが、バス待ちの人たちが覗いたらこの異様さをどう思うだろうかと想像してしまう。窓の向こうには、どう考えても現実感のないシュールな場が立ちあらわれているではないか。

 こ、これこそが、「虎の穴」にふさわしい場に違いない、と一人で納得して着席。再びお面を装着して、お菓子食べな、コーヒー飲みなと促しても、の、飲めない・・・とお面をしたまま固まっているのであった。一応お茶タイムははずしていいことにして、軽くお腹に入れたあとまた装着。とりあえず写真でも撮っておくかとカメラを向ければ、お面で多少人格が変容したのか、いつもならもじもじするのに、大胆なポーズも平気でする二人なのであった。そんなことをしながらドアの窓から外を見れば、店内を2度見するバス待ちの人と目があったりして、しかもすぐ目をそらされたりしながら、「虎の穴」の夜がはじまるのであった(前ふりが長くなっちゃったので、本編はまた明日)。

 今日の国分寺は晴れ。というか、激暑。「雨降れば人は来ず、暑ければなお来ない」。

 今日流れているのはシュガーキューブス。なんだか懐かしい。
b0304265_1518021.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-07-11 15:18 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

もうすぐ「對木裕里」展

  今月19日の土曜日から、「對木裕里」展。

まどそら堂では、季節ごとに現代アーティストの個展を開催してきました。去年の秋のむらのまさのりさん、今年の春の矢櫃徳三さん、5月の「詩」の展覧会をはさんで、今年の夏は、對木裕里さんの登場です。

 對木裕里さんは、神奈川県出身の彫刻家。大学在学中から現代アートシーンで活躍中です。作品のご紹介は展覧会が始まり次第、お伝えしようと思います(展覧会直前にも)。ただ、彫刻と聞くと、重そうなイメージを持ちますが、彼女の作品は軽やかな風のようなイメージ。まどそら堂の店内で、初夏の暑さを吹き飛ばしてくれることでしょう。

 以下に展覧会の日時、對木裕里さんのプロフィールを。
 
 對木裕里(Yuri Tsuiki) 「分け入って、分け入って」

 2014年7月19日(土)~7月30日(水)13:00~19:00木曜定休
 
△プロフィール
對木裕里
1987年 神奈川県生まれ
2009年 武蔵野美術大学彫刻学科卒業
2011年 京都市立芸術大学彫刻専攻修了
現在 神奈川県にて制作活動

△展示経歴
2007年 koshiki art project (鹿児島 甑島)
    小平アートサイト(東京 小平中央公園)
2009年 武蔵野美術大学卒業制作展(東京 武蔵野美術大学)
    JULY(京都 京都市立芸術大学)
    P&E(大阪 art court gallery)
  NOTE09’(京都 muromahci art court)
  ART UNIV2009(京都 元・立誠小学校)
2010年 京都市立芸術大学作品展(京都 京都市美術館)
     Painting show(京都 京都市立芸術大学)
     Existence(東京 sakura gallery)
NOTE10’彫刻から考えること(京都 gallery @KCUA)
2011年 京都市立芸術大学終了制作展(京都 京都市立芸術大学)
2012年 怪作展(神奈川 ギャラリー新九郎)
     ART&PHOTO EXHIBITION(東京 新宿眼科画廊)
2013年 怪作展(神奈川 ギャラリー新九郎)
     大黒屋現代アート公募展(栃木 大黒屋)
     ongoingXmas(東京 art center ongoing)
2014年 怪作展(神奈川 ギャラリー新九郎)
     大黒屋現代アート公募展(栃木 大黒屋)
△受賞歴
2011年 京都市立芸術大学同窓会賞受賞
2013年 第8回大黒屋現代アート公募入賞
2014年 第9回大黒屋現代アート公募入賞
2014年 第4回新鋭作家展優秀賞(埼玉 川口市立ギャラリー・アトリア)


 まどそら堂で古本を探しながら、現代アートにも触れてくださいね。

 今日の国分寺は雨。台風が?今夜は「虎の穴」です。頭が働くか心配です。

 今日流れているのは、押尾コータロー。静かです。

 画像の作品:對木裕里「BOOK」 200× 200× 200cm   2014
         紙・水粘土・木材・ひも・FRP・針金・枝・パテ・ペンキ・墨
b0304265_14343229.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-07-09 14:34 | 展覧会情報 | Comments(0)

新入荷情報21

 本日は新入荷情報です。品出しは本日からです。 
 

 [SF・ミステリ]
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」フィリップ・K・デイック/ハヤカワ文庫/1997年・37刷 再入荷
「スリーピング・ドール」ジェフリー・ディーヴァー/文藝春秋/2008年・初版
「夏の終わる日」仁木悦子/毎日新聞社/昭和50年・初版
「逃亡作法」東山彰良/宝島社文庫/2004年・2刷
「グラスホッパー」伊坂幸太郎/角川文庫/平成19年・初版

[コミックス]
「コージ苑 第二版」相原コージ編/小学館/1989年・4刷

[絵本]
「おやすみなさい フランシス」ラッセル・ホーバン文/福音館書店/2008年・71刷
「ちいさなスリッパぼうや」マンフレッド・キーパー文/ほるぷ出版/1977年・初版
「ぐりとぐら」なかがわりえこ おおむらゆりこ/福音館書店/2004年・154刷
「ぐりとぐらのかいすいよく」なかがわりえこ やまわきゆりこ/福音館書店/2004年・85刷
「ぐりとぐらとくるりくら」なかがわりえこやまわきゆりこ/福音館書店/2004年48刷
「ぐりとぐらのおきゃくさま」なかがわりえこやまわきゆりこ/福音館書店/2004110刷
キンダーおはなしえほん傑作選「やさしいライオン」やなせたかし/フレーベル館/2007
キンダーおはなしえほん傑作選「ぞうのはな」矢崎節夫作/フレーベル館/2007年
キンダーおはなしえほん傑作選「ジャックとまめのき」武井武雄・絵/フレーベル館/2007

[料理]
季刊くりま「沖縄の食」文藝春秋/昭和57年・夏季号No.9
「たべあるき 東京 横浜 鎌倉地図」山本嘉次郎/昭文社/昭和47年

[文芸]
「海を感じる時」中沢けい/講談社/昭和53年・4刷
「生きていく私 上・下」宇野千代/毎日新聞社/1983年・10刷
「パロディ志願」井上ひさし/中央公論社/昭和54年・初版
「風景はなみだにゆすれ」井上ひさし/中央公論社/昭和54年・初版
「葛西善蔵 嘉村礒多 相馬泰三 川崎長太郎 宮地嘉六 木山捷平 集」筑摩書房/昭和48年・初版
「対談 鼎談集」武者小路実篤/芳賀書店/昭和43年・初版
「バーボン・ストリート」沢木耕太郎/新潮社/昭和59年・4刷
「東京タワー」リリー・フランキー/扶桑社/2005年・16刷
「自動車」アーサーヘイリー/新潮社/1979年・11刷
愛蔵版「グレート・ギャツビー」スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳/
中央公論新社/2006年・初版 愛蔵版特別付録付き・函
「孤独の海とそら」フランシス・チチェスター/角川文庫/昭和45年・3版
「オリヴァー・トゥイスト」ディケンズ/講談社文庫/昭和56年・7刷
「地獄の季節」ランボォ/岩波文庫/昭和38年・9刷
「壜の中のメッセージ」山川健一/角川文庫/昭和60年・初版
「はじまりは朝」川西蘭/角川文庫/昭和61年・初版
「高村光太郎詩集」岩波文庫/昭和40年・15刷
「半島を出よ 上・下」村上龍/幻冬舎文庫/平成19年・初版
「天国旅行」三浦しをん/新潮文庫/平成25年・2刷
「壁」安部公房/新潮文庫/昭和58年・35刷・再入荷

[その他]
「世界旅行読本8」世界の旅第8巻付録/中央公論社/昭和37年
「恐るべき空白」アラン・ムーアヘッド/ハヤカワ文庫/1993年・7刷
「文様博物館」マール社編集部編/2006年・10刷
「金子みすず 童謡集」角川春樹事務所/2003年・34刷
「焼け跡に海風が吹いていた」菊畑茂久馬/葦書房/1984年・初版
「ドルフィン号航海記」細野耕三/おりじん書房/1976年・初版
「とても変なまんが」唐沢俊一/早川書房/2000年・初版
「ルンルン症候群」林真理子/角川書店/昭和58年・初版
「対談 偽悪者のフェミニズム」小倉千加子/学陽書房/1991年・初版


 今日の国分寺は晴れ。暑いです。へこみますね。明日は「虎の穴」があります。お店にお問い合わせください。お面忘れずに。

 今日流れているのは、クリンぺライ。
b0304265_153397.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2014-07-08 15:33 | 入荷情報 | Comments(0)