<   2017年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

森高でしみじみと

 昨夜の深更、ちゃぶ台で蚤の市用のスリップ(本に挟む値段票)を制作。ほとほと疲れて今日はもうやめと、ダラーっとする。

 なんだかなにも考えたくなくて、ちゃぶ台の横にポンと置かれていた副店長のiPadを手繰り寄せ、ユーチューブにつなぎ、速攻で森高千里を聴く。

 なんでまた森高なのか?そうですな・・・特に何ということもなく。この何も考えず呼吸だけで覚醒している無彩色な時間にぴったりな曲と言えば、森高の「雨」・・・ですかね?

 だからそこが意味不明であって、なぜ「雨」なのか。さて、わかりません。それでもこうして聴いていると(昨夜のその時ですが)、妙にしみじみとしてきます。

 森高は、この「雨」以外では、「渡良瀬橋」がてっぱんで、カラオケならこの2曲は外せません。「渡良瀬橋」もしみじみするのでよく聴きます。なんでかな、最近、”しみじみ”というキーワードが好きなのかも。

 雨好冷、但仍想被淋〇 回憶和涙水巳径離去
 雨は冷たいけど濡れていたいの あなたのぬくもりを流すから

 それにしてもあんなにいい天気だったのに雨が・・・。でももう晴れてる。狐の嫁入り状態。雨宿りでお店で立ち読みお客様急増中(笑)。さて、今日も気合いを入れてやりますかね!ていうかもう夕方ですかね…(笑)。

 今日の国分寺は晴れ時々雨。

 今日流れているのはサキソフォンの曲です。
b0304265_15562231.jpg


 

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-29 15:56 | ミュージックあれこれ | Comments(0)

本の値段

 本の値段について考えた日。

 古本の場合、あらかじめの定価とは違う値段がついている。ま、それはあたりまえとして。

 ではいかに値段がつけられているのか。新古書本(リサイクル本)の場合、たいがい定価の半額前後。最近出版された本ならもう少し上乗せされているか。状態が悪かったり古ければ100円から200円。

 ではそれが相場かといえばそうでもない。絶版本ならもっとする。絶版でなくても特定の作家や、プレミアのつく本はいくらでもあるので、そういう本は高めの値段がついている。

 アマゾンや「日本の古本屋」で検索して出てきた値段が相場かといえばこれもまた違う。そりゃ常識相場としてはそんなに外れていないけど、まったくここの値段が基準かといえばそんなこともない。

 基本的には値段はかく古本屋が独自につけるものなので、その古本屋によって同じ本でも高い安いの差はかなりあるわけである。お客様によっては、ネットで検索した値段を基準にされる方もいらっしゃるが、お店ではネット価格を参考にはするが、そこに準拠した値段をつけるわけではないので値段の幅はあってしかるべきなのである。

 お店によって得意分野または扱わない分野などで値段の差がかなり出てくることもあるし、看板のつもりで高めの設定になっているものもあれば、赤字覚悟の本もある。要はそのお店の値段の付け方でその本に対する思いも見ることができるというもの。

 この間、うちにある高額な本を買うかどうするか悩んで、結局買ってくださったお客様がいたが、その本はそのお客様が子供の頃に持っていた本と同じものだったらしく、懐かしさと懐具合との関係でしばし逡巡されていたが、結局買っていただけたのであった。そのお客様は自分の記憶や子どもの頃の時間を買い戻すために大枚をはたいたのであって、その本のレア度がどうの古書価がどうのはまったく関係ないのだった。ネット検索での値段に固執する方も多いけど、こうした値段の折り合いが、妙にしみじみとして、本の値段というものについてあらためて考えたというわけであった。

 今日の国分寺は晴れ。筋肉痛で脇腹が・・・

 今日流れているのは、マイク・オールドフィールドです。
b0304265_15315145.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-28 15:31 | 本あれこれ | Comments(0)

鳥の本を集めろ!

 明日の金曜日から日曜日まで、国分寺で第三回トリハ展が開催される。「トリとの暮らし」をテーマに、北口線路脇にある634展示室(武蔵野美術学院のギャラリー)と、ハケの丘の上にあるピッコリアニマーリの2か所で。

 ピッコリアニマーリのほうは、「小鳥たちの、くらしの用品展(同時開催 かわいい小鳥の雑貨市)」なのである。そしてまどそら堂でもトリハにあやかって、鳥の本特集をやることになったわけです。

 もうこうなったらお店にある鳥の本をすべて洗い出せということで、丹念にピックアップしてみたけれども、それほどトリ関係の本ってそんなになくて、こりゃこまったぞと。というわけでトリの本募集!って、もう遅いですがな・・・。明日からだし(笑)。

 もうこうなったら第四回に期待するか・・・って、そんな悠長なこと言ってる場合ではないので、鳥の本、探しますかね。少しでもトリが出ていたらいいということにして(笑)。

 というわけで、鳥好きの方はもちろん、そうでもない方もぜひどうぞ!入口入ったところの白い板で作った面陳棚にて、鳥特集しますよー。お楽しみにー!

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。

 今日流れているのは、昨日と同じくサキソフォンです。
b0304265_15433628.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-27 15:37 | お店あれこれ | Comments(0)

吉田拓郎「気ままな絵日記」

 拓郎本が数冊入荷。

 拓本ではなくて拓郎本です(笑)。あの吉田拓郎。

 僕らより少し上の世代からは絶大な人気を誇る吉田拓郎ですが、デビューして成り上がった頃に、今で言うならバッシングですかね、なぜか批判の嵐状態の時があり、そうした情勢についてうるさいよ的発言を本の中で繰り返しているのが拓郎らしいかなと。

 人気が出過ぎて、フォークシンガーのくせにお金持ちになって堕落しやがったな、という歪んだ批判というのもなんだなーと思いますが、フォークシンガーは貧乏で三畳一間にでも住んで、社会に対してぶつくさ言って反抗していないといけない的な先入観というのもなんだけども、やっぱ吉田拓郎の才能に嫉妬してしまうんでしょうかね、ていうかそんな批判なんてサラッと受け流せばいいのに、真剣に受け答えてしまうところが拓郎らしいというか。

 反骨心の塊みたいな人はこの世代に腐るほどいるけど、拓郎は実力と才能を兼ね備えて運も同時に持っていた人なんだよねたぶん。そしてやっぱり、拓郎の歌は今でも大好きです。

 今日の国分寺は晴れときどき曇り。

 今日流れているのは、サクソフォンの曲です。
b0304265_14412764.jpg



 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-26 18:35 | 本あれこれ | Comments(0)

吉田拓郎「気ままな絵日記」

 拓郎本が数冊入荷。

 拓本ではなくて拓郎本です(笑)。あの吉田拓郎。

 僕らより少し上の世代からは絶大な人気を誇る吉田拓郎ですが、デビューして成り上がった頃に、今で言うならバッシングですかね、なぜか批判の嵐状態の時があり、そうした情勢についてうるさいよ的発言を本の中で繰り返しているのが拓郎らしいかなと。

 人気が出過ぎて、フォークシンガーのくせにお金持ちになって堕落しやがったな、という歪んだ批判というのもなんだなーと思いますが、フォークシンガーは貧乏で三畳一間にでも住んで、社会に対してぶつくさ言って反抗していないといけない的な先入観というのもなんだけども、やっぱ吉田拓郎の才能に嫉妬してしまうんでしょうかね、ていうかそんな批判なんてサラッと受け流せばいいのに、真剣に受け答えてしまうところが拓郎らしいというか。

 反骨心の塊みたいな人はこの世代に腐るほどいるけど、拓郎は実力と才能を兼ね備えて運も同時に持っていた人なんだよねたぶん。そしてやっぱり、拓郎の歌は今でも大好きです。

 今日の国分寺は晴れときどき曇り。

 今日流れているのは、サクソフォンの曲です。


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-26 18:34 | 本あれこれ | Comments(0)

新入荷情報94

 本日は入荷情報です。よろしくお願い致します。

 
【図録】
「パリーニューヨーク20世紀絵画の流れ」フランシス・リーマン・ロブ・アート・センター所蔵品展/産経新聞社/2008
「ガレとジャポニズム」サントリー美術館/2008
「特別展 神仏います近江」MIHO MUSEUM/滋賀県立美術館 /大津市歴史博物館/2011
「特別展覧会 狩野永徳」京都国立博物館/平成19年

【いろいろ】
「秩父悲歌」清水武甲/春秋社/1972年/2刷/函
「グレースのお菓子の時間、紅茶の時間をどうぞ」樋口浩子/講談社/2010年/9刷
「ダンスワークNo.37 舞踏論輯」神山貞次郎舞踏写真帖/ダンスワーク舎/1987年
「路上の症候群1978-2000」松山厳/中央公論新社/2001年/初版
「アートシアター68 心中天網島」日本アート・シアター・ギルド/昭和44年
「アートシアター55 絞死刑」日本アート・シアター・ギルド/昭和43年
「アートシアター44 大地のうた」日本アート・シアター・ギルド/昭和41年
「アートシアター69 少年」日本アート・シアター・ギルド/昭和44年
「昭和時代回想」関川夏央/NHK出版/1999年/1刷
「空飛ぶ円盤」C・C・ユング/エピステーメー叢書/朝日出版社/昭和54年/3刷
「川口慧海 日本最初のチベット入国者」川口正/春秋社/1961年/1刷/函

【絵本】
「ちいさいおうち」バージニア・リー・バートン/岩波の子どもの本/1981年/25刷
「ちびくろ・さんぼ」瑞雲舎/2005年/21刷
「ぼくにげちゃうよ」マーガレット・W・ブラウン/ほるぷ出版/2008年/83刷
「おさるのジョージどうぶつえんへいく」M&H.A.レイ/岩波書店/2004年/4刷
「いちねんせい」谷川俊太郎・詩和田誠・絵/小学館2011年/35刷
「総特集 手塚治虫」文藝別冊/河出書房新社/1999年
「地上最大の手塚治虫展」世田谷文学館/2012年
「いいものほしいもの」秋岡芳夫/新潮社/昭和59年/5刷

【文庫】
「二度とはゆけぬ町の地図」西村賢太/角川文庫/平成22年/初版
「チベット旅行記」川口慧海/旺文社文庫/昭和53年/2刷
「遊字典」現代言語セミナー/角川文庫/昭和61年/初版
「蘇える女豹」大藪春彦/光文社文庫/2010年/初版


 今日の国分寺は晴れ。昨日の「サン・ジョルディの日」のイベントはおかげさまで無事終了いたしました。お越しいただいたお客様、本を買っていただいたお客様、みなさんありがとうございました。また近いうちに、サブリエ・茂右衛門・まどそら堂のコラボで楽しいイベントを計画いたしますので、どしどしご参加ください。

 明日は火曜日ですのでお休みです。また水曜日に。

 今日流れているのは、またまたピアノの曲です。
b0304265_1313761.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-24 13:01 | 入荷情報 | Comments(0)

サン・ジョルディの日、始まりました

 もう、飛びぬけるような青い空の日曜日。

 ここ数日、意味不明な筋肉痛に襲われていたところに、昨夜あたりから腰が・・・。意味不明な筋肉痛は、たぶんこの間の火曜日のバックヤード整理のときの後遺症だと思うんだけど、腰の方もそれだったとしたらいくらなんでも遅すぎるし(笑)。

 こんないい天気の日曜日ならその辺のどこに行っても楽しめそう。プラプラ散歩したいもんですな。ま、そういうわけにもいかず。というわけで、今日はサンジョルディの日。

 うちの隣のお隣さんのサブリエでイベント開催中。「サンジョルディの日」。オープン前に本を並べに行ったんだけど、やっぱ普通にサブリエ内に居る時より、能動的にこうしようああしようという視点で眺めて見ると、ここはかなりハイな場所だったのだなーと。

 なんとなく眺めていた室内に本を並べ始めると、おお、こんなにもいいかんじになるのか、と。本が引き立つ、というより本を押し上げてくれるような・・・。お世辞抜きで決まるこの空間、ちょっと見過ごしていたかな、と。やっぱ全体の空気感と抜けのよさが秀逸なサブリエなのであった。

 そんなおしゃれ空間からお店に戻ると、おー、もうちょっとなんとかせーよと言いたくなるのであったアルヨ・・・。ま、ぼちぼちと・・・。

 今日の国分寺は晴れ。どピーカンな日曜日です。

 今日流れているのは、連続でピアノの曲です。
b0304265_15102219.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-23 15:10 | お店あれこれ | Comments(0)

ここしばらくの予定です

 まどそら堂、ここしばらくの行事予定は以下の通り。


■4月21日(金)/ぶんじ本箱、開始。

■4月23日(日)/「サンジョルデイの日」イベント at サブリエ・・・・・・贈り物としての本をサブリエ店内に並べます。

■4月28日(金)~30日(日)/「鳥」特集の3日間at店内・・・・・・「トリとの暮らし」をテーマに634展示室(国分寺)とピッコリアニマーリで行われる第三回トリハ展のための関連特集/鳥関連の本を特集棚で。

■5月13日(土)・14日(日)/第11回東京蚤の市at京王閣(調布)・・・・・・おなじみ、手紙社主催の東京蚤の市に出店。お店も同時営業。

■5月10日(水)~/ギャラリーchibimado開業。

■5月20日(土)・21日(日)/ギャラリーうぉーく参加。

■6月1日(木)・2日(金)・3日(土)/「つくる・よむ」對木裕里展atギャラリーchibimado・・・・・・武蔵野美術大学・gFALにて行われる對木裕里の個展「ざらざら」の関連企画。

■6月20日(火)/「まどそらのこどもてつがく」開催at店内・・・・・・主催:Masayo Kosaka ファシリテーター:Yuichi Hatano

 この他に「ほろ酔い夜話」、「アート虎の穴」など(開催日は未定)。

 第11回東京蚤の市の参加は今回で4回目。毎回悩むのが持って行く本。早めに準備をしなければ。6月あたまの對木裕里さんの展覧会は5月の武蔵美での個展との関連企画。對木さんがつくる作品と呼応する本の作品をまどそら堂が(ていうか自分が)制作し、對木作品と併せて展示する予定。ニューカマー現役バリバリの彫刻家に対抗(いや呼応)する作品ができるのか?(笑)。こうご期待!

 今日の国分寺は曇り。時々雨。

 今日流れているのは、またまたピアノの曲です。
b0304265_1524857.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-22 15:02 | お店あれこれ | Comments(0)

ぶんじ本箱~国分寺の地域通貨ぶんじ~

「ぶんじ本箱」始めます!

 うちのお店は古本屋。ですから本箱があってもおかしくないですが、「ぶんじ本箱」はいままでありませんでした。ていうか元々ないのであたりまえですか。そこで元々あってもよさそうな「ぶんじ本箱」を始めたいと思います。

 で、どんな本箱?

 簡単に言うと、ぶんじが挟み込まれた本が並んでいる本箱。そして自分の本と交換できる!

 どうやって?

 ぶんじをはさんで交換するだけ!

 つまり、最近いろんなところで行われているブクブク交換の、ぶんじ版ですかね。ぶんじにメッセージをのせて本の交換をしようというものです。それはつまり、本の交換がてらぶんじを使おうってことでもあります。

 まどそら堂でのぶんじの利用方法は、ちょっとややこしかったため、目に見えるかたちでのリアクションが少ないというか、説明するだけで終わっていたので、ここはひとつ、わかりやすくて動きがあるものをということで発案しました。ちなみに発案者はわたしじゃなくて副店長です。

 ぶんじ以外にメッセージをのせてもいいし、気軽にぶんじをはさむだけでもいいし、関わる決まり事は後々固めて行こうということで、まずは一箱置いてみます。ぶんじなみなさま、どうぞご利用ください。

ぶんじを一枚とご自分の本を一冊お持ちいただければ、即、ご利用できます。

 ぶんじを知らず、でも興味があるよというお客様が来られた場合は、その場でご説明し、ぶんじを一枚プレゼントして、うちのお店でその場で買っていただいた本に挟んでいただいて(笑)、ぶんじ本箱を利用してもらおうと思います。

 交換した本に挟まれていたぶんじは、ありがとうぶんじで使っても良し、他のお店で使っていただいても良し、また交換するためのぶんじに使っても良し。本を通じてぶんじが動けばいいなというところです。

 ぜひぜひご利用ください。ご不明な点、疑問点などありましたらまどそら堂の店頭でお問い合わせください。

 というわけで、「ぶんじ本箱」をどうぞよろしくー。

 今日の国分寺は曇り。

 今日流れているのはピアノの曲です。
b0304265_14512493.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-21 14:51 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

どこかのどかな国分寺

 昨日、用事があり神保町まで。

 陽射しだけはもう初夏のようで、照りつける太陽のまぶしさにうれしいような、それでいてうっとうしいような気持ちを持ちつつ、なるべく日陰を歩きながらの久し振りの都会の午後。九段下を過ぎて竹橋で地下鉄を降り、毎日新聞社の端っこの出口から出る。首都高の向こうに久し振りに見るあの、それらしい不二ラテックスのビルを見上げる。

 首都高の下のあの川は相変わらずドブ川のような色合いで、それでも端っこの岩場(岩場というかコンクリートの陸地)に石亀が何匹も甲羅干しをしているのを眺める。いったいこの亀たちはこのドブ色の川の何を食べて生きているのかなどと考えながら橋の上から身を乗り出すようにのぞき込んでいると、それにつられて何人かの昼休み中らしきサラリーマンたちものぞき込むのであった。

 おおっ、と声が出そうになるくらいデザイン的にかっこよくなった小学館の前を過ぎ、それでも中を覗きたくなりエントランスまでずかずか入ってみたけど、もちろんそれ以上は入ることはできないので、ホテルみたいなエスカレーターのある入り口をほほっーとため息交じりで見上げるだけであった。古本屋になる以前に、仕事でここによく通っていたという事実がほんとウソみたいなのであった。

 神保町、古本屋街のど真ん中の交差点まで来ると、なんだかもう仕事も終わったような気になってしまい、それでもいくつかの用事を済ませ、帰りは九段下に向かい、好きな古書店も覗きつつも、へいこら三多摩まで帰って来て、通行人の数が少ないこのゆるい感じに落ち着きを感じる。やっぱ都会より多摩の水に慣れてしまったのだなあとつくづく思う。

 今日の国分寺は晴れ。ちょうどいい気温。

 今日流れているのは、キース・ジャレットです。
b0304265_14551474.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-20 14:55 | 国分寺あれこれ | Comments(0)