「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

風邪ひいた

 黙ってたけど、東京蚤の市が終わって片づけした次の日から熱が出て、結構きつかった。でもとりあえず一部を除いて諸々終了した後だったので助かった。ていうか緊張感が切れて風邪菌をおさえこめなくなったということか。

 人の意志というか思いは体とも連動しているもんなんだということに気付かされる。だって、これが蚤の市の当日だったらぶっ倒れてたかも。なんとか気力で持ちこたえていたんだなと。いまはだいぶ快方に向かっているので、もう大丈夫かなというところだけれど、周りを見ると半分くらいは風邪気味なので、みなさんも気を付けてください。

 小さい頃からすぐ風邪を引き、たいがい扁桃腺を腫らせて熱を出すというパターンだったけど、この頃はほんとその時その時の流行パターンそのままで、みんなが咳をすれば咳をし、鼻水を垂らせば鼻水を垂らすという、この協調性を持った風邪の引き方がいいんだか悪いんだかよくわからないけど、ほんと風邪ばっかり引いている気がする今日この頃なのであった。

 抵抗力をつけなければ・・・なんていって何もしないので、体つくりのために自転車通勤などしてみたらという案が。ま、以前はしばらくチャリで通っていたこともあるので、できないこともない。脚は鍛えられるし、肺活量も増すかもしれないし、第一電車代が浮く!そっちか・・・。

 というわけで風邪にはくれぐれもご注意を!

 今日の国分寺は晴れ。明日は木曜日なのでお休みです。また金曜日に。

 今日流れているのは、キース・ジャレットです。
b0304265_1451177.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-30 14:51 | お店あれこれ | Comments(0)

今日はすみません

 こんにちは。今日はバタバタで落ち着いて書くことができなさそうです。

 ごめんなさい・・・

 今日の国分寺は晴れ。天気は最高。

 今日流れているのはフランク・ポールです。
b0304265_135727.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-29 13:57 | お店あれこれ | Comments(0)

どこかにネコいませんか

 先日のトークイベントでお話をしてくれた素素さんのところの晃晃二手書店さん(ちなみに二手書店は古本屋という意味)にはいつもネコがいる。

 お店で暮らしているらしいネコ。いいなあ。西荻のにわとり文庫さんにもよくネコがいて遊んでくれるが、あのネコは近所のネコなのである。それもいいなあ、と思う。

 この近所にはネコがいないのであろうか?いや、それがお向かいの殿ケ谷戸庭園には野良ネコが結構いるらしい。そのノラちゃんたちがテケテケこちらまで遊びに来ればいいのに・・・と思ってはみても、なにぶん車がブンブン走っている道路があるためこちらまで来そうにない。

 お店にネコがいればなあ。ガリガリしないように躾けて(しつけられるのかどうかはわからないけど)、お店でプラプラしたり、寝てたりしたらそれ目当てで絶対お客様が増えるに違いない!抱っこしてれば暖かいしね。

 たまに見るネコ動画で気分を紛らわせたりするが、リアルネコがいればこんな楽しいことはないな・・・。とはいえお店で飼うわけにもいかず。ネコ好きさんならわかってくれますよね、この気持ち。せめて副店長が描いたネコの絵を飾っておきましょうかね・・・。

 今日の国分寺は晴れ。寒いですが。

 今日流れているのはサキソフォンです。
b0304265_13292928.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-28 13:29 | お店あれこれ | Comments(0)

アニメーション!

 ちょっと前にNHKで宮崎駿のドキュメンタリーをやっていて、相変わらず旺盛な制作魂というか、アニメ作ってないとダメになりそう的お爺さんというか、とにかくまだまだすごいわけだった。

 宮崎駿さんはあくまでアナログなので一枚一枚描いてはペラペラさせて動きを見るあのやり方にこだわっておられる。ジブリではもちろんデジタルでも制作するわけで、デジタルなアニメの表現についてあーだこーだと言うわけである。

 某ゲームソフトの会社が作ったデジタルのアニメについて苦言を呈すところが面白かった、ていうか怒られているゲーム会社の社長?がちょっとかわいそうなくらいだった。宮崎駿さんは普通に、いいか悪いかを判断しているだけなんだけれど、こだわりが神様級なのでまわりも大変なのかもしれない。

 そんなことを思い出しながら『12人の作家によるアニメーションフィルムの作り方』である。手塚治虫から古川タク、鈴木伸一、福島治、林静一、島村達雄、川本喜八郎、岡本忠成、亀井武彦、中島興、棚名綱敬一、相原信洋までの錚々たる12人。

 宮崎駿さんも自分も混ぜてと言いそうな、アナログなアニメの考え方、作り方、捉え方が各々の視点からズバッと載っている本。もちろんデジタルな現在のやり方とはずれちゃってるのかもしれないけれど、基本は同じなのでした。アニメーターにはおすすめの一冊。

 今日の国分寺は曇り時々雨。寒いですな。

 今日流れているのは久しぶりのサキソフォンの曲です。
b0304265_15194764.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-27 15:19 | 本あれこれ | Comments(0)

今日も今日とて

 今日も今日とて一日がはじまる。シャッターを上げて開店ですよ。

 小さくとも自分のお店ですから毎日うれしいもんです。バカスカ売れたらもっとうれしいんですけどね(笑)。ドドーっと売れて余裕ができてバイトさんなどお願いしたりできれば、あそこに行ったりここに行ったりできるのになあ、なんて。

 世の中では残業させられたりいじめられたりしてブラックなバイトが横行しているらしいけど、うちの場合、副店長は別として、一応自分が店主で、従業員役も自分なので店主の自分が従業員の自分に、おら、これやっとけ、などと働かせるわけでしかもほとんど休みなし(定休日もなんやかんやと働いている)で、残業あたりまえの一人ブラック企業やんけ!という感じか(笑)。

 それでも今日も今日とて一日がはじまる。楽しいですよ、ほんと。一連のイベントが全部終わって、今年はもうつつがなく過ごせればと。もちろん来年のことも考えています。ちびまどもディティールなど最終仕上げが残っているし。やることは際限なくある。けど落ち着いていきましょうかね。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、昨日と同じくフランク・ポール。
b0304265_14394129.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-26 14:39 | お店あれこれ | Comments(0)

熱烈歓迎!素素!晃晃二手書店!

 先日の「アジアの本屋ダラダラ放浪夜話・台湾東海岸篇」も無事終了。15名前後の参加者さんたちで店内は満員。蚤の市での本の片付けもできていなかったので、中央本島をばらし、本離島も隅に寄せてなんとか椅子を置くスペースを作ったが、狭いのは相変わらずというかそれで面積が増えるわけでもなく、いつものようにギュウギュウ詰めであった。

 二時間あまりのトークイベントで、前半はお話、後半は質疑応答。あっという間に過ぎてしまい、延長戦したいくらいだった。話をしてくれた素素(スス)さんは、台湾の台東というところの古本屋の店主さん。最近2号店も開店(こちらは新刊書店)。どちらの店舗も上の階がゲストハウスになっており、いろんな方が泊りにくるそうだ。ていうか、なにかを感じている人、立ち止まっている人、切り替わろうとしている人等々、この本屋さんゲストハウスを拠り所にしてまた歩き出すという感じなんだと思う。本を持って来ればその分の宿泊費はロハ、仕事を何時間か手伝えばその分泊まっていける。そんなシステムでゆるくやっているよと笑いながら話す素素さん。うらやましいな。

 台湾での本事情、イベントにおける国からの助成から、市井で行われている助け合いの仕組みなどなど、本以外の文化的な活動も含めて生活をからめた視点で紹介してくれた。たとえばご飯のお店でラーメンを1杯食べた人が(余裕があれば)2杯ぶんの代金を支払う。その1杯分の代金はドネーションとしてプールされ、お店に随時表示される。余裕のない人はその分を使って1杯のラーメンを食べることができる「待用麵」というシステムなどを本に適用したりと。そんな話にかなりガンガン来てしまったというわけだった。

 彼女の生き方は普通なようでそうでもなく、理想があってもその通りに生きて行くことは相当難しいはずなのに、彼女は難なくそれをやってのける。いやほんとは大変で右往左往しながらなんだろうけど、つれあいや周りに助けられたり、素素さんの元々持っている地力というかそんなものが強い人なんだと思う。こうなりたいなあ、こうなったらいいなあと思うだけではなくて行動して本当にそうしてしまう力を持っている人なのだ。普通そんなにうまくはいかないはずなのに、彼女を見てるとできるような気がしてくるから不思議。

 実際、台湾・台東での話よりも素素さんの生き方にシンパシーを感じた夜だった。商売にしても、ものの見方にしてもそもそものベクトルが違うのだった。自分もそうありたいと思う。イベントもおわり、かたずけをした後に残ったメンバーでお隣のほんやら洞で軽く食事した。トークも終わってホッとしたあと、彼女が自分のスマホで見せてくれた映像はあのギュウちゃんの『キューティー&ボクサー』だった。おれも大好きだよ、それ、と言ったら笑っていた。素敵な人です。

 今回の企画及び通訳・進行をしていただいた池内佑介さん、本当にありがとうございました。また第3弾、期待してます。参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 今日の国分寺は晴れ。寒いです。

 今日流れているのは、フランク・ポールです。
b0304265_16175683.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-25 16:18 | お店あれこれ | Comments(0)

発酵人間を見つけ出せ!

 栗田信の『発酵人間』。この本を探しています。もちろんネットとかなら探せるかもしれないけれど、そうじゃなくてどこかの本屋の棚の片隅で、埋もれたままになっている発酵人間を探し出そうというもの。

 数年前に復刻されたので、読もうと思えばすぐ手に入るけれど、欲しいのは元版。あのおどろおどろしいカバー絵の方。この発酵人間に魅せられて、毎日どこかの本屋の棚を丹念に探しているTさんは、うちのお店の常連さん。合言葉は発酵人間!

 このTさんにしても、実際のところ、発酵人間が読みたいわけじゃなく、発酵人間を見つけ出すというその行為こそが至上の喜びだというわけである。Tさんの得意分野でもなく、何故見つけ出したいのかさえわからないのに、そこは古本愛好者、いや古本命のTさんにしてみれば、三度の飯より大事なことなのである。

 たとえばまんだらけさんのガラス棚の中に、この本が鎮座ましましていたとしても、それは対象外。欲しいのは、どこかの棚で埃をかぶったまま、その価値を忘れ去られたかのような風情で捨て去られているその姿を見つけ出すということこそが、マニアの真骨頂なのである。それが100均棚であればなおよし!

 とはいうもののそんな風にあるならこんな苦労はしないわけで・・・。それでも見つけてみたいと今日も出かけていくTさんなのであった。がんばってねー。

 今日の国分寺は曇り時々雨。今夜はアジアの本屋ダラダラ放浪夜話のトークイベントがあります。明日は木曜日なのでお休みです。また金曜日に。

 今日流れているのは、エラ・フィッツジェラルドです。
b0304265_1533198.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-23 15:03 | お店あれこれ | Comments(0)

アジアの本屋

 今朝の地震で、お店の本はどうなったかと気を揉んで、恐る恐るドアを開けてみたら、どうにもなっていなかったのでホッとした。棚や木箱の積み上げ棚などは一応ビスで固定しているのでそうそう倒れることはないとは思うが、大地震ならどうなるかなんてわからないしね。棚が倒れなくても本はドバーっと散乱するだろうなー。地震は怖い・・・。

 昨日の蚤の市本かたづけ作業で、すっきりしていた店内がまたあちらこちら山盛り状態で歩きにくいのであった。一応かたづいたが、今日はなぜか鼻水が止まらない・・・。今日は蚤の市で見かけてくれて、お店まで来てくれたお客さまが。うれしいことです。

 さてさて、明日の夜はアジアの本屋ダラダラ放浪夜話。ゲストの素素さんが蚤の市まで来てくれたのでうれしかったです。それにしてもうちも考えたらアジアの本屋なわけで、そうか、アジアの本屋かなどと感慨にふけったりして。

 明日の晩は楽しみです。うちは裏方ですが、裏から聞いて楽しもうと。国分寺で古本屋をやっていますということと、アジアで古本屋をやっていますということが同義であることがうれしい。どんなお話だったかはまた今度。

 今日の国分寺は晴れ。暖かいです。

 今日流れているのは、フランク・ポールです。
b0304265_16455765.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-22 16:46 | お店あれこれ | Comments(0)

短パンと水玉の靴下

 あー、やっとこさで諸々終わりました。無事に生きているので何とかなったんだと思いますが、やっぱ詰めのあまいところは相変わらずで、反省点だらけです。

 東京蚤の市、ブックタウンフェス、ちびまどと、何やかんやと重なって、思った以上に疲労しましたが、あたまとからだが気持ちについて行かない場面もあり、齢を感じずにはいられませんが、同時にまだまだフル回転で動けるようなんとか頑張らねばと、周りの20代30代40代の人たちを見て感じたというわけです。

 下手をすれば息子か娘くらいの齢の人たちと同じ動きとセンスを共有できないとこういうイベントはむずかしい・・・けれどもそこはやっぱおじさんになってしまっている現実に向き合いながらも気持ちとセンスは若返らねばならないと、と。若かった頃を思い出すのではなく、いま若くあらねばならないということに気が付きました。ほんと勉強させていただいた(泣)。

 裾の短いパンツと水玉の靴下を履けるだろうか・・・いつかは!

 今日の国分寺は雨。さきほどやっとかたずけて普通に開けました・・・もう閉店時間ですが・・・

 今日流れているのは原田知世です。
b0304265_1842555.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-21 18:42 | お店あれこれ | Comments(0)

週末までごった返し!

 さてさて怒涛の週も半ばとなりました。もう落ち着いていたいところですが、落ち着くどころか、やらねばならないことが増えていくのでもうよくわからなくなってきました。

 いまのところまだ俯瞰的に見えていますが、明日くらいにはもう目の前くらいしか見えないと思います。では、イベントのおさらいです。

 国分寺ではぶんぶんウォーク。その中でまどそら堂のあるアンティークアヴェニューではブックタウンフェス主催の一箱古本市とアンティークアヴェニュー・フェスタ。はけの上にある「国分寺さんち」のイベントとして国立本店がちびまどで「積ん読」企画を。そして調布・京王閣では第10回東京蚤の市。すべて11月19日(土)・20日(日)の二日間です。

 僕は二日とも東京蚤の市におります。国分寺のお店は副店長がおります。ちびまどには国立本店メンバーがおります。朝から晩まで出ずっぱりになりますので、このブログも来週月曜日までお休みさせていただきます。明日は定休日ですが蚤の市の準備。18日は搬入のため臨時休業。というわけで、月曜日にはヘトヘトでドロドロになっていると思いますがご報告をしますので、ご期待ください。

 そうだ、23日にはトークイベント「ダラダラ放浪夜話」が!こちらもよろしくお願い致します。
ではでは、またー!

 今日の国分寺は曇り。寒いです。

 今日流れているのはボサノバ系のそれっぽいやつです。
b0304265_15543770.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-16 15:54 | お店あれこれ | Comments(0)