「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

息切れぎれの夏

 こんにちは。

 パソコン、とりあえず動くことは動くけど、起動まで30分、文字の漢字変換に5秒。3秒に1回くらいのわりでフリーズ、応答なしの繰り返しと、白くなる画面、その他もろもろ。

 どうしちまったのか・・・買って1年と3か月でもうこれかい。ストレスたまる・・・。とりあえずまたシステムの復元をしてみてだめなら初期化・・・ですかね(泣)

 昨日はのんびり休ませていただきました。あの土砂降りの前に外出していて、ちょうど降り出す前に帰ってきてほんと危なかったですなー。あれだけ降るとそれはそれで潔い気もするもんですな。それにしても、遅い。。。

 夕方前に早稲田に出て、古本屋をつらつらと流したのち、早稲田大学へ。うちの母校(うそ)の大隈記念講堂で、漱石や村上春樹の訳者であるジェイ・ルービンの講演会に行ってきた。くわしくはまた後日。面白かったので腰すえて書きたいけど、この調子では・・・。

 英語と日本語の違いは・・・”WATER”と”水”の違いである・・・確かに(笑)。ルービン先生の含蓄のある話を聴いていくらかおだやかな心持になりました。

 今日の国分寺は晴れ。定休日明けの金曜日、夜9時頃まで開けてます。どしどしいらっしゃってくださいませ!

 今日流れているのは、ビートルズ。マジカルミステリーツアーです。こないだの夜、なかばやけ気味でかけていたゼルダに反応してくれた学生さん、あれからゼルダ聴きましたか?
b0304265_1415784.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-31 14:15 | お店あれこれ | Comments(0)

パソコンもうだめかも

 こんにちは。

 パソコン、もうだめかもしれません。

 いまもなんとか起動させて、何時間かして立ち上がったこのblogに書き込んでいます。

 文字を打つのも一苦労。

 バックアップをとってないのでリカバリーもできません。

 なんとかバックアップをとって、最終手段のリカバリーですかね・・・。

 というわけで、2,3日のあいだ、blogはお休みします。

 フェイスブックは、副店長のほうからログインして、情報はだせますのでそちらでご確認ください。
 ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしく。

 早いとこスマホに変えなければね・・・とも思います。こんな時困るから。

 ではでは、また。

 今日の国分寺は晴れ。朝は雨だったのに・・・

 今日流れているのは、おおたか静流。小さい音で・・・

 画像も無理そう・・・
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-28 14:46 | お店あれこれ | Comments(0)

ただいま復元中

パソコンがついにイカれてしまいました。

副店長のアイパッドを借りてブログにアクセスしてます。

パソコンは今、システムの復元中のため動きません。メールも見れないのでご連絡が必要な方には、ご迷惑をおかけしますが、もう少しお待ちください。

とりあえずきょうはこれにて。

またあした!

今日の国分寺は晴れ。

今日流れているのは、ザ・バンド。ミュージックフロムピンクデス。自分が聴いているんです。

b0304265_15551234.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-27 15:55 | お店あれこれ | Comments(0)

遊びに行くなら国分寺

 眠い・・・。

 この暑さを避けるために冷房をガンガンかけているから、こうして座っていると、昼食後ということもあり眠いのである。暑ければ眠たくもならずだるいだけのことだが、この陽射しのなか、人通りも少ない日曜日に帳場から眺める外の風景は、ほとんど熱気で揺れる陽炎だったりするので、もっと強めに冷房いれてみたりして、だるさは倍増し、どつぼにはまってゆくばかり。

 どうせならこの暑さそのものを楽しむために、この炎天下にプラプラと国分寺を回遊してみたらどうだろうか。まどそら堂オススメ国分寺回遊コースなるものを考えてみる・・・。

 国分寺駅についたら、まずは駅ビルで体を冷やし、そこそこ落ち着いたら出発。南口を出てまずは国分寺マンションへ。駅から徒歩30秒で到着。一応まどそら堂に寄っていただいて、本をチェック。あれとこれと…いっぱい買う本の目星をつけておいてこの場は買わず(荷物が重たくなるもんね)、そのままおとなりのほんやら洞で昼食のカレーを食べて(結構辛い)、力が戻ってきたら、てけてけと交差点まで歩き、はけの上のほうまでのぼり、ピッコリア二マーリ(小鳥屋さんです)で文鳥をめでて、はけを西側におり、てけてけ歩いてカフェスローでお茶。

 お茶したあとにこどもパンでバケットを買い、ついでにまどそら堂の棚から1冊購入。国分寺街道を上り、ちびまどをながめてから、また交差点へ。キイニョンでコロネ(いまだったらココナッツですかね)を買い、てけてけとまどそら堂に戻る。

 目星をつけておいた本をどっさり買い込み、重い本を両手に抱え込みながらも、茂右衛門でケーキ(いまだったら小豆が乗っかってるケーキですかね)を買い込み、ホクホク顔でおうちに帰る・・・こんな行程ではどうでしょうかね?

 この地獄の熱さのなか、散歩するちからがあるだけすごいってもんですな・・・。というわけで、古本屋にも寄ってね!

 今日の国分寺は晴れ。早く秋にならないかね・・・

 今日流れているのは、キース・ジャレット。聴いているのは僕だけです・・・。
b0304265_15545787.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-26 15:55 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

昭和マンガ雑誌を売り込め!指令

 暑いですなー。パソコンもへとへとですがな・・・。

 なんとかだましだまし動かしてブログ書いております。ワードはひねくれてしまって起動しないし、メール見るのも一苦労。文字ひとつ打つのに一晩かかってますがな・・・。これじゃあ、今日の分書きあがるまでに地球なくなってるね・・・。

 まだ買って1年そこそこなのにもうこれかい・・・。いい加減に押し!と言いたくなる。変な変換ばかりだしなっしー!と、怒っていてもしょうがないか。たのむからとまらないで♡そしてもう少し早く動いて♡

 ま、そんなことはいいとして、この夏は在庫をなんとかしなければということで、昭和なマンガ雑誌、たとえばマガジン、サンデー、ジャンプなど1960年代から70年代の在庫品を売りさばくのだもしー!と自分で自分に指令を出したのだった。

 さてさて、ま〇だらけさまに勝てるわけないけど、まどそら堂にもそんな昭和な雑誌がありますんで、ぜひぜひお買い求めください。って売れればわけないなっしー。というわけで、まずは汝を知れ、ということで帳場の後ろの棚に無理矢理つめこんであるマンガ雑誌の中から一冊抜き出して、パラパラとめくってみる。

 リアルタイムで読んでいたから、そりゃ懐かしいし、面白いかは別として感慨深いものはあるよね。でもよっぽどすごい企画ものが載っていたりとか、貴重な資料的価値ありなものが載っていないかぎり、そうそう買わないわな。何て言ってちゃだめですがな・・・。

 と、思って週間少年マガジンの昭和42年の44号を引っぱり出し読んでみた。天才バカボンを読んでいると、なんだか記憶がよみがえる。これ、読んだよ・・・たしかに。ふえー。おおむね50年弱むかしの少年マガジンを覚えているとなると・・・い、いかん、歳がばれる。 

 そんなわけで、夏休みに少年マンガ雑誌に耽溺してみませんか?たくさんありますから♡

 今日の国分寺は晴れ。暑くて目がまわります・・・

 今日ながれているのは、昨日と同じくブライアン・イーノです。自分の耳にだけ聴こえています。
b0304265_14111230.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-25 14:11 | マンガあれこれ | Comments(0)

馬喰町へ行ってきた

 昨日はお休みだったので、副店長といっしょにおでかけした。

 地球の裏側にすら思える都心のそのまた向こう、問屋街の馬喰町まで足を延ばす。国分寺のゆるさにつかりっぱなしだと、新宿からもっと向こうの東京下町なんぞは、おなじ東京とは思えない趣に打ちのめされる。

 けれども馬喰町には、浅草や上野といった下町情緒たっぷりのいまだ古い建物が残っており、昭和なビルには、小さな雑貨店などが複合的にお店を開いているので、ただ単に洋服関係の問屋街というだけにとどまらないところが面白かったりする。

 ギャラリーが密集していたりもするので、新しい表現を見ようと思えば、いろいろ見てまわれる。今回行った先は、Alanistheonlyone(アランイズディオンリーワン)。以前、對木裕里さんの作品も展示していたギャラリー。

 昨日からはじまった個展は、高橋祐基の「森バス行き」。インスタレーションで構成されているが、見た目はインスタレーションであっても、個々の作品ひとつひとつが集まってひとつの物語(または世界)を構成しており、そうした物語が複数、設置されてひとつのおおきな世界を形作っている。

 なにも感じようとしなければ、まったく意味もわからず、ただその中にいるだけでは異世界に放り込まれた感に包まれて戸惑うかもしれない。けれどもひとたびその世界になじめば、高橋祐基的異世界の言語が感じられるようになる。どんな構造であるのか、どんな発声であるのかわからないけれども、その言語が感じられはじめると、作品の様相が変化して、なんとなくではあるが、高橋祐基の世界観が感じられはじめる。

 訪れた時間には作家は不在で、しかし、作家の顔を一目見たかったので、近所で時間をつぶしたのち再度訪れてやっと作家本人に会えた。想像とはちょっと違って、香港のムービースターのようなイケメンさんで、はにかんだ表情からは、こうした作品を生み出すように思えないどこか華奢な印象だったが、きっとどこかに、深くて骨太な何かを抱えているのだろうと思う。今後の展開が楽しみな作家。おすすめです。

 高橋佑基「森バス行き」

 2015年7月23日(木)~8月29日(土)
 休廊日:日・月・祭日
 開廊日:火曜日~土曜日 11:00~19:00
 TEL:03-5643-0572

 まどそら堂にフライヤー、あります。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。さっきは雷が!

 今日ながれているのは、ブライアン・イーノ。自分で聴いているだけです。
b0304265_1620612.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-24 16:20 | 展覧会情報 | Comments(0)

こどもパンの本

 ふひー、あついですなー。今日は風がある分まだましか・・・。

 午前中にとことこと、こどもパンに本の補充を。殿ヶ谷戸庭園の脇の小道は、庭園の木々が影をつくり涼しげ。この小道をとことこと下って行けば、国分寺街道。そしたらこどもパンはすぐそこ。

 ちょうど開店前。みきさんをはじめ、スタッフの皆さんが忙しげに準備するなか、いそいそと棚の入れ替えと本の補充。雑誌のオリーブ3冊は外し、持って帰ることに。みきさんの提案で、絵本を一番下の段に移動。やっぱりこども目線でさがせる場所に絵本だよね。

 ちょっと毛色を変えて、昔のマンガ雑誌やガロ、COMなどと、伝奇モノなど年配のお客様を意識したものも入れてみた。ほかに映画関係など。まだ始まったばかりだから、あっちふらふらこっちふらふらの棚となってしまうけれど、もう少し時間をかけてベストな方向が見えてくればいいかなと。

 夏本番になれば、ホラー特集とか、お盆の頃は戦争の記憶など、時候にあわせた特集を組んでみたいと思っているので、パンを買うついでにまどそら堂の本たちもどうぞよろしくー!あ、いんどパン買ってくるの忘れた・・・。

 今日の国分寺は晴れ。帳場から見える殿ヶ谷戸庭園の緑がまぶしいです。明日は木曜日なので定休日です。また金曜日に。

 今日流れているのは、めずらしく映画音楽を。「ライフイズビューティフル」です。

b0304265_13375948.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-22 13:38 | こどもパン | Comments(0)

アンティークアヴェニュー便りその1「若松伸二税理士事務所」さん

 それにしても暑いよ。梅雨明けしてホッとするまもなくこの暑さ。おまけにパソコンも絶不調でちゃんと動いてくれないし。

 ま、ともかく時間はかかるけれど、なんとか文字を打たなければ。ということで、本日はこちら国分寺マンション・アンティークアヴェニュー便りと題して、ご近所さんのご紹介を。まずは東側のお隣さん、「若松伸二税理士事務所」さん。

 アンティークアヴェニュー東側入口すぐに事務所をかまえ、うちのお店の二つ分のスペースで営業中。このアンティークアヴェニューでも昔からいらっしゃる事務所さん。事務所は元々、今の茂衛門さんのところにあったけれど、平成にはいってから今のところへ移ったそうだ。

 まったく勘違いをしていたのだが、若松さんの前に入っていた店舗は、「ハーバー」か、「ハーバー55」という名のカフェバーだったと思い込んでいた。80年代によくこの店に来ていたので。けれども「ハーバー」があったのは若松さんのところではなくて、なんと自分の店の場所だったという・・・。

 温厚そうな先生と、明るいスタッフのみなさんの若松伸二税理士事務所さん。事務所の窓から歩く人が見えるようにと、ガラス窓にはカーテンがありません。うちも稼げるようになったらお願いしたいもんです。

 今日の国分寺は晴れ。暑いですな。

 今日流れているのは、クラフトワークです。
b0304265_15285931.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-21 15:32 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

思い違いもあります

  思い違いが激しいと、困ったことになるケースがたまに見受けられるが、逆に、妙な思い違いをそのまま保持していて自家中毒になるケースもある。

 妙な思い違いとは、たとえば池袋は副都心なので、中央線が走っている(東京に出てきたころはホントに信じていた)とか、京王線の高尾山口駅に行くために、間違わず降りるために各駅停車で行かねばならないとか、西武池袋駅から乗る時、ありもしない所沢方面の逆(つまり上り電車)に乗らないように気を付けなければとか、駅の男子トイレの立ってする方の上の方についている芳香剤は、マイクになっているとか。

 他にも子どもの頃どういうわけでそう覚えてしまったのか、西と東の違い(方向)を、指し示すとき、天才バカボンの主題歌を歌いながらでないと方向がわからないとか、道端などで死んだ昆虫などを見つけると必ず言わなければならない呪文とか、そんなわけのわからないことがこの齢まで続いているのが不思議と言えば不思議。

 ま、それはいいとして、お店に何度か足を運んでくれるお客様に対しても、思い違いをしてしまうとなると困ったちゃん、となってしまうのである。少し前の話だが、もう頭っから武蔵美の学生さんだと思って話をしていて、その学生さんも何気に話を合わせてくれるので、美大生と信じ切って話していたら学芸大の物理関係の学部の人だった、というなんとも間抜けなはなしであった。

 それで、今日は大学のアトリエで制作してきたの?
 へ?制作って?
 だから実技かなんかやってないの?
 ?
 だってムサビだよね?
 学芸大です・・・

 ってなもんです(笑)。ちゃんと認識しないと・・・だめですな。

 今日の国分寺は晴れ。連休最終日。みんな遊びから帰ってきたのかな?

 今日流れているのは、ボブ・ディラン。たまにはいいですな。
b0304265_1516258.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-20 15:16 | お店あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ6

 いやぁ、半年ぶりくらいに髪の毛切ったら、切り過ぎちゃってほとんど坊主(笑)。

 でもこれで当分、というか少なくとも半年は散髪することもない。もし、正月の“気分一新したい気分”になることもなく、冬場の寒さ対策で毛がのびていた方が良いと判断すれば、半年後の散髪もないので、また来る夏まで伸び放題・・・ということになるかも。

 いや、実はかなりのびた髪をそのままのばすために、頭頂部とサイドを短くして昭和なフォーク歌手風にしようかなと思ってはいたが、さすがにこの暑さと、首筋にまとわりつくうざったさと、髪を洗う時の洗わなければ的仕事感がめんどくさく、またあせもになりそうな感じもあり、ま、それは冬場にしようということで、ばっさりと刈り込んでしまったわけだった。

 さっぱりとしたのはいいが、急にあのもさもさしたロンゲ感が無くなったので、なんだかヅラを被り忘れて家を出てきてしまったような不安感が。いやいや、もちろんヅラじゃないよ・・・そこんとこ間違えないように。ま、そんなわけで最近トレードマークだった帽子も被らず、ありのままの姿で帳場に座っているのである。

 自分では自分のアタマは見えないので気にならないけど、さすがに短すぎるので、早いとこ馴染んだ長さ程度にはならないもんかなとも思う。おまけにいつもかけているメガネのフチの不具合で、違うメガネをかけているので、思い過ごしだと思うが、みんな自分のことを自分だと認識してないのではなかろうか…とさえ思う(笑)。

 あー、それにしてもフサフサの髪の毛になりたいなー。ま、いいけどね・・・。

 今日の国分寺は曇り。午前中あんなに晴れていたのに・・・

 今日流れているのは、サキソフォン。そろそろ変えましょうかね・・・
b0304265_15231132.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-07-19 15:23 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)