カテゴリ:虎の穴あれこれ( 47 )

どうせハゲですよ12

 古本ピクニック開催少し前に、ちょっとした手違いから微妙な問題が現われて、どうしたものかと思案していた晩のこと。

 考えても埒があかず、ふて寝状態で眠ってしまったら、朝、頭の毛がすごいことになっていた。お風呂で髪の毛を洗ってほぼそのままで寝てしまったので、朝、起きたら頭の毛が爆発していたのだった。

 ま、そんなことはよくあるが、この日の朝ばかりは鏡を見て一瞬固まった。だって前頭部の髪の毛が四方八方に飛びまくり、あるのかないのかはっきりしない状態となっていたのだった。

 昨日からの案件が寝ていても無意識に自分を追い詰めていて、その負荷のために抜けてしまったのかと。慌てて前髪をバサバサして目立たないよう誤魔化したが、自分で自分を誤魔化さなければならないその心持ちが哀しい。

 帽子を被って胡麻化しているが、抜けていく前頭葉上の頭髪。関係者に中止で気が抜けたとメールした時、間違って毛が抜けたと打ってしまったが、正確には間違いではないところがまた哀しい。

 ま、それはそれで。秋は毛が抜けるシーズン、気を抜かないように。

 今日の国分寺は晴れ。久し振りの秋晴れですな。明日は木曜日なのでお休みです。また金曜日に。

 今日流れているのは、クリンぺライです。
b0304265_14265635.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-10-12 14:27 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ11

 ではでは今日はどうせハゲですよシリーズ第11弾。以前のシリーズをお読みになりたい方(いないかなw)は右側面のカテゴリの虎の穴からお入りください。

 蚤の市の後の本の整理でバタバタしていた時、いくらやっても終わらないので髪振り乱して片づけてたら、文字通り髪振り乱し状態で情けないアタマのまま帽子も被らずウロウロしていたんで、どうせハゲですよ的風情となり、最近このシリーズ書いてないなあと思い今こうして書いているという。

 鏡を見ると最近染めてなかったので白髪が目立っており、どうせハゲですよ的視点から言うとまずは白髪を染めて齢をごまかさなければ!というわけでヘナで染めてみた。染粉をけちったので後ろの方がよく染まってないけど、ま、白髪の件はとりあえずいいか、と。

 問題はどうせハゲですよ的毛髪を今後どうするかということである。夏に向けて短くするのが常套だが、今回は短くせずに伸ばしっぱなしでいたいという長髪願望があるので、若かりし頃、伸ばしに伸ばして後ろで束ねていた頃が懐かしいと自分自身でうらぶれながら、いかにして伸ばすかと考え中なのである。

 毛を伸ばすと毛自体の重さでペタッとなってしまうから、頭部上を短めにカットし、側面上部はすく感じで、最下部はそのままでカットせず伸ばしっぱなしに。イメージとしてはポッキーですかね。ポッキーって?ていう方は今日はもうスルーしていただいて。とはいってもポッキーみたいになる髪の毛の総量が乏しいわけですから、あくまでポッキー風ということですかね。

 しかしどうせハゲですよと言いながらこんなこと書いている場合でもないと思うけれども、若くて多感な頃に髪型が気になって仕方なかったことを思い出し、歳をとって毛が少なくなって髪型の自由がきかなくなっても、ベストな髪型及び髪の毛に思いをはせる自分なのであった。さてさて、こんな他愛もない話におつきあいいただきありがとうございました。

 今日の国分寺は晴れ。暑いです。

 今日ながれているのは・・・ミニコンポが直りそうもないので、とりあえずパソコンからスピーカーに飛ばして曲流してます・・・
b0304265_14415729.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-05-23 14:42 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

またしても自問自答する

 スギがおさまったかと思えば続いてヒノキ花粉が飛びまくって鼻腔はメタメタだけれども、分厚い服を着なきゃいけなかったくそ寒い冬もとうの昔に終わり、すぐさま花粉の春も終わり、いやもう終わったな、と思えば気も軽くなるかと思えば、そうでもなし。

 毎日毎日生きてゆくためにあれやこれやと考え動き、子どもの頃なら遊びが仕事だったので今と同じくあれやこれやとあったと思うが、それでもそんなに責任を持って遊んでいたわけではなく、どうでもいいことも大事なことも一晩寝ればリセットされるような毎日だったような気がするが、大人になってそれもいい歳になり、ほぼ最終コーナーまで見えるようになった今、一晩寝てもまったくリセットされない毎日が、つらいようでそれでいていつか成るようになるとほかしている自分。

 あーあ。と投げやりに嘆いていればどうにかなるならいくらでも嘆いてみせるが、そんなわけもなく、どうにもならないことはいつまでたってもどうにもならず。嘆くよりもその時間を動くしかないのであると、こうして書き連ねるなかでやっと気づくというていたらく。

 みんなそれぞれ悩みや問題を抱えていても、それでもはたから見れば普通な顔で生活しているように見えるわけである。なんでもかんでも上手くいって、問題なしリア充な人なんていないと思うが、人間を生きてゆくうえでどうにか乗り越える、または、ぶち破らないといけない壁が毎日毎日目の前に立ちはだかると、思考停止状態寸前まで崩壊しがちな脆弱精神になり、時として逃避しようとしてもいずれ対峙しなければならない現実からは避けられず、また、避ける気もないしとうそぶいて見せる自分の中の自分だけが頼りで、ま、何を言いたいかというと、とにかく目を見開いて倒れるまで前進!ということなんでしょうか・・・。

 弱気と強気が交錯してもつれあい、重ね合わせ状態。自分の中にある希望という生き物は死んでいるのか生きているのか。否、そのどちらでもなくどちらでもある。重ね合わせそのものが自分自身なら、生きているのか死んでいるのかはフタを開けて見て見ないことには確定せず、それでも生きている方に確定したいので、とにもかくにも動きを止めずどうにかなるまでバタバタしていようと。

 とても私的な自問自答の一日でした。

 今日の国分寺は晴れ。明日は木曜日。定休日です。また金曜日に。

 今日もクロノスカルテット。そろそろ覚悟を決めてドライバーで分解しますかね・・・。
b0304265_14242517.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-04-20 14:24 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ10「落武者」

  先週の木曜日のこと。

 朝、眼が覚めて、すでに起きていた副店長(まぎらわしいですが妻です)が、私を見るなり蒼ざめた表情で「落武者かと思った・・・」と言うではありませんか!どうやら斬バラ髪と、寝ている時まぶたが半開きになっていて、しかも白目をむいているらしく斬首が転がっているように見えたそうです(泣)。

 たしかに昨年の夏に散髪して以来、そのまま伸ばしっぱなしでなにもしていなかったので、ただ無駄に伸びているだけ状態であったのは間違いありませんが、落武者とか斬首とか言われようがひどいので、お店も定休日だということもあり髪を切りに行くことにしました。

 いつものように「短くして」と言うだけでちゃんとわかってくれている先生がバサバサと切り込んでいきながら世間話の合間に髪型の話で盛り上がり、今度は長髪のままで頭頂部付近から下まで段々に短くして60年代ヒッピー風&フォーク歌手風にしようかなと話していたら、だったら今そうしたらいいのにと言う先生に、もうすでにバサバサ切った後じゃないか!と突っ込むとギャハハハと笑っていました。

 それよりも毛が多く見えるようにカットするのが先生にとって第1番の至上命題なので、あれやこれやと切ってはみるものの、カットで毛が増えるわけもなく、せめて横わけにすると目立たないよと一生懸命横わけにしようとするので、横わけはきらいなんだよね、と言うとそれは固定観念にとらわれ過ぎでいろいろやってみていいんです!と力説するので、横わけがきらいなわけじゃなくてポリシーとしてやりたくないんだよね、と言うとそうですかと前髪もバシバシカットするのでありました。

 家に帰って来て鏡で見ると短くなったサイドあたりの白髪がとても気になるので、夕飯後にヘナで染めることに。いつもはモクラン入りの黒く染まるタイプのヘナで染めますが、残りが少ししかなく、しかたなく普通のヘナで増量して染めてみたら、あー!染まったことは染まったんだけど、黒じゃなくてヤンキーなまだら茶髪に!茶髪はきらいじゃないけど、オヤジの茶髪は見るに堪えず、うううっと唸りながら日々を過ごしています。いつも帽子を被っているのでだれにもそんな状況はばれていませんが、ちょっと憐れんだ目で副店長が見るので、今夜にも染め直そうと思っています。

 ただ髪の毛の話でこんなに書いてどうするのかと、たまに思いますが読んでくれているみなさん、ありがとうございます。髪の毛は大事・・・ですよね?

 今日の国分寺は曇り。ど寒いですな。

 今日は今なにも流れていません。こういうときもあります。
b0304265_15555291.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-02-01 15:55 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ9「ヅラ疑惑」

 毛がのびてきた。いつもならそろそろカットする頃だが、どうしようか悩んでいる。

 毎度のごとくどうせハゲですよとうそぶいて、自虐の彼方で遊んでいればいいレベルの話ではなくなってきた。本当に薄くなってきておでこの上限がどんどん後退し、過疎化した前髪の残党が力も無くへたっている状態まできてしまっているのだ。

 くいとめようのないおでこ表面積の拡大。てぐしでさえこわごわせざるを得ないコシの無さ。のびきったラーメンでもあるまいし、ノリで覆ってしまえば黒々と見えるかもしれないなどと考えたりすること自体おこがましい・・・いやいやそんな話ではなかった。要するに薄くなった髪をどうしようかということだった。

 いちばんいいのは、短くカットして、薄毛感をやわらげるというもの。重力による脱毛の危険度も減り、シャンプーも楽になるという一石二鳥な作戦だ。しかしいつもそういう無難な方向に走りやすくなっていて、冒険できずにいる自分に不甲斐なさを感じたりする昨今、もっと違う手だてはないものかと悩むのである。

 思いつきだが、積極的に見える方策として、このまま伸び放題で放置するというのは?ざんばら感あふれる野趣な装い・・・というより落武者か。ていうか70年代のフォーク歌手路線でいくか。さわやかな感じは無理として、せめて頭頂部を短くしてポッキー風に(ポッキーって言ってわかる人はかなり昭和ですな)。

 先日いつも通り帽子を被っていたら、お客様の目の前でずれてるよと副店長に指摘され、それは帽子がずれているということだと思うが、その目線とタイミングが悪く、お客様はヅラがずれているととったらしく、いぶかしげな視線で頭を見るのであった・・・ホントたのむよ。

 今日の国分寺は晴れ。早いとこ本の整理を・・・

 今日流れているのは、カンサス。『TWO FOR THE SHOW』です。
b0304265_14173778.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-01-11 14:17 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ8

 数日前はすごい風だったね。お店のドアを開けっぱなしにしておくと、埃っぽいというか、砂まじりで入口付近の本はすぐザラッとしてくるので、何度もはたきがけして大変だった。だったらドア閉めれば・・・っていう話だけどね。そういうわけにもいかないし。

 風が吹くと帽子が飛ばされそうで困りますな。秋口用でそれっぽい帽子を副店長がプレゼントしてくれたのでいつも被っているけど、微妙にゆるい(きつくなくていいんだけど)ので、風が吹くと飛ばされそうで。

 でも四六時中、帽子を被っていると髪の毛がぺシャっとなって、いざとらないといけない状況になるともうみっともないことになってしまっているのであった。髪の毛が大量にあれば帽子をとって、さぁーとかぶりを振れば、元のフワッとした髪型に戻るあの感じが理想だけど、それどころかペターっとしたまんまでへばりついてる感じ・・・つうのが哀しいですな。

 なんにせよ、帽子は必需品ですよ。冬場はもう少しアイテムを増やしてバリエーションを楽しみましょうかね・・・。そしていつか帽子を脱ぎすて、自毛で歩く(もちろん今も自毛ですよ)自分を想像する・・・春風にそよぐ髪のやすらぎ・・・・・・。

 なにを言いたかったのかわからなくなってきたのでこの辺で。みなさんも髪の毛を御自愛ください。ではでは。

 今日の国分寺は晴れ。朝早起きしてお店を開け、その足で東経大の葵祭に行ってきたけど、図書館まで行ってそのまま帰ってきた。何しに行ったのか・・・また1日に行きます!それと、今日はまたまた副店長が店番です。ぼくは6時過ぎに戻ります。今日は9時まで営業!

 今日流れているのは、クロノスカルテットです。
b0304265_12594066.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-30 12:59 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

なぜここにいるのか

 あの、つまらないかもしれないけど、疑問に思っていることを聞いていいですかね?

 まずは、寝ているというか眠っているとき、僕はいるんでしょうか?眠ってて夢すら見ていない(見ていないと思ってるとき)ときに、僕は存在しているんでしょうか?そりゃあ、いますけどね。かたちとしては。でも意識はないですから。意識の無い状態って、僕はどこにいるんですか?

 例えば、夜の12時に寝床に転がって、ほんの数分で眠りについて、意識が無い状態で夢も見ず、朝の7時になっていたとしたら。12時即朝7時なわけで、そのあいだの7時間はどこに?というか自分的には7時間を瞬時にタイムトラベルしたといってもいいのでは?

 それより自分に意識がないときって、それは要するにすべてが無いのでこの世はおろか、宇宙も異次元も何もない「無」の状態で、状態という概念すらないのでほんとにまったく何にもないことになるけど、なんでそんな「無」と、意識というこっちの世界と行ったり来たりしているのか?はたまた、こっちの世界という比較対象があるから「無」の世界も認識できるけど、こっちの世界すらなくなったら「無」自体ないんじゃないのか?

 というか意識のある状態の人やネコや蟻が、こうしてなんだかんだ動いている時、この世は存在しているとしたら、各自各様の意識の世界が交錯しあって複雑怪奇な意識だらけの世界なわけで、もし意識が目に見えるならそれはもうごちゃごちゃモヤモヤの状態だと思うんだけど、それは、なんであるの?ていうか、なんでそんな世界が何十億年も前からあるわけ?

 そんでそれを気にしている自分はなんでいるの?

 それでも今日の国分寺は晴れ。すっきりと。

 今日流れているのは、ピンクフロイド。外盤屋で買ったライブインロンドン1970.
b0304265_1416444.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-13 14:16 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

まどそラヂオの時間です

 一昨日の晩は「虎の穴」であった。

 これで何回目だったっけ?ごめん、忘れて。それでも繰り返し続けられていること自体、奇跡!メンバーも増えつつあるし・・・。おとといは結構バトルしてましたね、みなさん。入口はいつもちがうのに、結局、毎回、同じ所へ帰着するという、妙な鮭の回遊現象というところですかね。

 あの、そもそも虎の穴とは?という読者の皆様、とりあえずはこの右側のカテゴリから虎の穴あれこれに入っていただいていちばん古い記事を読んでいただければどんなもんかわかります。すみません、お手間取らせます。

 いつも机上でバトルというところだったので、ここ数回は体を動かそうということで、まどそら堂CMを作ろうというコンセプトのもと、マジで録画してやってみたりしてみたが、皆のあまりにも大根ぶりな演技に成り立つものも成り立たず、けっきょくシナリオに問題ありということで、急遽あたらしく作られたシナリオをもとにやってみようということになったわけだけれど、そこをまたいじり、映像でなく音声のみ、つまりラジオでやってみようということになった、というわけ。しかもその過程そのままを録音し、あとでジングルなどを入れ、ラジオ放送風に仕立て上げようというややこしい工程に。

 そういうわけで、たぶん今ごろメンバーの一人、大導寺シンがそのスキルでもって勉強そっちのけで編集作業をしていると思います。これを聴くことができるのかは、その編集次第というところでしょうか。内容は、ま、みんな素人ですので、間が悪すぎの放送事故レベル録音でしたので、期待はできません。

 放送内容は、まずCMのシナリオの読みから始まり、お悩み相談コーナー、メンバー個展の宣伝、そこからアートの話になりなぜか物理の話に展化しそしてまたアートに戻り、そしていつものアートの本質についてのバトルになって時間切れという展開。

 こんなラジオ放送が聴けたらいいでしょ?そうでもない?そうですよね・・・

 ま、そういうわけでそんな虎の穴の夜でした。そして昨日は虎の穴新メンバー(無理矢理?)の對木さんの個展を見に馬喰町へ。その辺はまた明日。ではでは。

 今日の国分寺は晴れ。そんなに寒くないです。

 今日流れているのは、ピンクフロイド。『ザ・ウォール』です。
b0304265_1537367.jpg


 

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-09 15:37 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

どうせハゲですよ7

 いやー、はげネタでもう7回目ですよ。一箱古本市情報続きなので、たまには息抜きにいいですかね。

 先日、所用で帰省した時のこと。副店長がうちの母親と白髪の話をしていて、その後、じぃーっと僕の頭の生え際を凝視して何か言いたそうだったので、そうですよ、白髪どころか生え際キテますよ!と言いたいところだったがやめといた。それにしてもこの時期は毛が生え変わる時期なのか、抜けが多いような気もするですな。

 夏はそれでも帽子を被ることが多かったのでハゲ隠しになったが、真冬の毛糸の帽子手前のこの時期に被るちょうどいい帽子を持っていないので、素のアタマのまま暮らしているわけだが、先日ぶんじ(地域通貨ぶんじ)のフェイスブックページに一箱の件で載せてもらった時に映ってる画像の生え際のキテる具合が、悲しいもんがありましたな。

 だから写真を撮ってもらうときには、帽子を被っているか、完全な逆光かでなければダメということにしようかなと。ま、生え際以外の部分はまだ多少ありますよ、毛が。だからいいんですけど、おおやけなメディアにそのまま載るのはちょっとツラいかも。

 自分のキテる生え際画像を見ながら、ああ、4,5年前ならもうちっとふさふさしてたんじゃなかったっけ?とひとりごちる自分であった。本日はそれにしてもそれがどうした的な話ですみませんでしたな。ではでは。

 今日の国分寺は晴れ。いい天気!

 今日流れているのはクリンぺライ。ぽこぽこしてます。
b0304265_14432658.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-09-20 14:43 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)

演技は無理・・・

 ま、とにかく演ってみたけどね、自分にかぎっては演技は無理・・・かも。へたくそすぎかもね、なんて言うには不遜すぎる気がするほど演技力無し。

 先日の水曜の夜の「虎の穴」の話。参加者全員が出演するまどそら堂CM。店主が用意した簡単なシナリオ(シナリオじゃないけどね)に沿って各々が演技してみたんだけど、設定自体が無理・・・ということですかね。

 淋しくなると訪ねる坂道の古本屋・・・。いつも立ち読みしている憧れの先輩に逢えるかな♡
 あ、今日もいる・・・!お店の隅っこでチラチラ先輩を見つめてしまうわたし・・・。
 あっ、こっちを見たわ、キャー♡
 本を取ろうとしたら手と手が触れあって・・・♡

 やっぱり青春!まどそら堂!

 こんなのできねーよ・・・的表情を笑いの中で昇華しながら、ヒロイン役を決める。結局じゃんけんで順番にやることになり、最初はグー!で、おれかよ・・・。

 自分で考えたんだから手本となるべきところだったが、先にも書いた通り演技力ゼロのぎこちなさでなんだかほんとに淋しくなるという・・・しかしみんなはまじめに付き合ってやってくれているのだった。自分以外ではみんなそれなりの工夫などして、それなりにやれるのがすごいな、と。

 結局新たにシナリオというか設定を立て直すことになり、3本ほど新たな案ができあがる。次回以降にこの設定に沿ってまたやりましょうということになりお開き。前夜の泥酔夜話をひきずって脳みそ停止状態だったから、まともな案もうかばなかったが、翌日朝の電車の中で反芻していると、よく寝たせいか、クリアなあたまで妙案が浮かんだりして、懲りない虎の穴なのであった。

 参加者は店主入れて4名。次回はエキストラもいるだろうから、どしどしご参加ください(まったく意味のわからない方は虎の穴カテゴリの最初からお読みください)。

 今日の国分寺は晴れ。夕立あり。今日は暑すぎて古本屋もへばっていました・・・が、今夜は9時ごろまで開けてます。

 今日流れているのは、イエス。究極です。
b0304265_1941466.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-08-07 19:41 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)