「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ブックタウンプロジェクト( 14 )

今年もブックフェス!

 昨日の土曜日の午前は、久し振りに国分寺ブックタウンプロジェクトのミーティング。前夜のほろ酔い夜話の名残状態で、残ったつまみなどをついばみながら(笑)、今年のブックフェスに向けてのキックオフとなった。

 昨年のブックフェスで会場入り口近くに大木を植林した一部メンバーは燃え尽きて今年はお休みということで、みんながいずれ復活する日まで大木の心意気は忘れないよう守って行こうと(笑)。ま、今年は大木は植林できないけれども盆栽程度、いや、草程度の規模で続けたいですな。あ、スミマセン、意味不明ですな。

 ま、そういうわけでほろ酔い夜話の残像の中、新規で参加する若手メンバーも交えた10名弱の本好きたちが、今年のブックフェスはどうしようかと相談したわけです。

 例年の柱である古本市と、本にまつわるゲーム、ひとり一文づつを書き足しつなげ小説を書くコーナーなど定番となったいくつかを中心に、皆がまた新規のイベントを提案しつつ、今年もぶんぶんウォークの2日間にブックタウンフェスをぶちあげようというわけです。

 まだ公表できないけど、これはすごい!という企画もあるので今年はすごいことになる予感(あおってるんじゃなくてほんとにすごいんです)・・・。今年のブックタウンフェスは11月19日(土)と20日(日)の二日間。こうご期待!

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。日曜日ですなー

 今日流れているのは、トム・ウェイツ。昼からでも・・・
b0304265_15164818.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-07-17 15:17 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

国分寺本棚

 さてさて、国分寺ブックタウンプロジェクト念願のマップが完成。

 いわゆるスタンダードな本屋マップではなく、国分寺本棚と銘打って、本屋さん関係でないのに本棚が充実しているお店や場所を紹介している。他に国分寺関連の書籍の紹介も。

 紹介されている各店舗、その他の場所で置いています、と言いたいところだが、まだそんなにいきわたっていないと思われるので、ま、時間をかけてボチボチ広がっていくと思われます・・・というところ。

 ふたたびさてさて、今年のブックタウンの動きはいかなるものになるのか?ぶんぶんうぉーくがらみで11月にイベントというところは確定として、ほかにどんな動きができるのか。3回目のイベントになるわけで、マンネリに陥らずかつ鮮度の高い企画をぶち上げて盛り上がらないと!と、意気込んではみても11月にはまだ余裕があり、余裕があるうちは動きも鈍く、何事もギリギリ人生の自分がエラそうなことも言えないが、せっぱつまらないとひらめかないというのではまずそうだし・・・。

 ここはやはり多くの人たちの意見を聞いて、多くの人の力で盛り上げていくということでしょうかね。またワークショップみたいなことをやってもいいかもね。なにかいい意見やアイデアがありましたら教えてくださいませー!

 今日の国分寺は晴れ。昼ご飯を食べた後、とてつもない睡魔が・・・

 今日流れているのは、クロノス・カルテットです。
b0304265_15122462.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-03-26 15:12 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

イベントだよー!

 しつこいですが、明日からイベントだらけの国分寺です。

 まどそら堂として関わっているのは、ぶんぶんウォークの中のブックタウンフェスティバルで、またその中の一箱古本市係をやります。会場で受付したり、一箱店主さんたちのお世話もします。たくさんの店主さんたちが出店されるのでいまから楽しみです。

 会場内の設営係も兼ねているので、その準備でいま大わらわです。今日は副店長が不在のため、僕がお店にいないといけないので午前中しか手伝えませんでしたが、ちびまどで設営チームが、会場に設置するあるものを制作中です。

 ほかに関連イベントとして「国分寺の村上春樹」をやり、まどそら堂の「ほろ酔い夜話」もブックタウン関連イベントとしてやります(12月4日)。

 こういったイベントでは、段取りや連絡事項の確認など、複雑で煩瑣な諸々をうまくできるかが重要ですが、うまくできていなかったり、力不足だったりして、ご迷惑をかけたりすることもありますが、ほんと素人ゆえの力の無さということでお許し願いたいです。

 もう明日ですから準備云々いってられませんが、やるからには楽しんでやりたいもんですな。どうぞみなさん、国分寺に足をお運びください。

 おー、そうだ、忘れてた!まどそら堂がある国分寺マンション・アンティークアヴェニューではアンティークアヴェニューフェスタをやってます!手作り作家さんたちの販売です。こちらにも足をお運びください。というか、ついででいいですからまどそら堂へ!

 今日の国分寺は晴れ。それともう一つお知らせ:明日、明後日の2日間は出ずっぱりのため(お店は副店長が仕切ってくれます)、ブログは書けそうにありません。どうぞ、火曜日までお待ちください

 今日流れているのは、ブライアン・イーノ。ではでは。
b0304265_15155526.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-11-21 15:16 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

国分寺ブックタウンフェスの一箱古本市

  11月22日(日)と23日(月)の両日、ブックタウンフェスティバルが国分寺で開かれます。ぶんぶんウォークの一部門としてもとまち地域センターを舞台にして本に関するイベントが重層的に開かれるわけですが、そこでまたまた、というかこっちが国分寺では本家ですが、一箱古本市をやるわけです。

 今度は出店数が一日30店という大型の一箱古本市なので、定員いっぱいになれば、相当迫力あるものになりそうですな。アンティークアヴェニューでの一箱の感じとはちょっと違うかも。

 いまのところまだ定員にはなっていないので、興味のある方はそろそろエントリーしておいたほうがいいと思います。一箱古本市出店希望と書いてメールすれば、担当者から受諾のメールが返送されてきます。屋号とか一日か両日かの質問と、店主マニュアルなど、必要事項が送られてくるので、またそれに答えて完了ですな。

 こないだやっているのを見たとか、なんだか面白そうだなと思ったらぜひぜひご応募ください。まどそら堂は係になっているので定員こえたらエントリーは断念しますが、定員に届かない状況だったらこっそり出店してるかも。でもやっぱ無理ですかね・・・。

 一箱古本市ってやってみるとかなり楽しいですよ。ふつうのフリマとは違って、本ですからお客さんとのやりとりもシンプルだしね。売れるかどうかはほんとやってみないとわからないけどね。ツボにはまるお客さんに出逢えれば、売れます(笑)。

 みなさん、ブックタウンフェスの一箱古本市どうぞ、よろしく!

 申し込みアドレスはこちら→kokubunjibooktown@gmail.com

 今日の国分寺は晴れ。雨は降りませんね。明日は木曜日なのでお休みです。また金曜日に。なお、今日の営業は副店長が仕切っておりますのでよろしくお願い致します。

 今日流れているのは、・・・。副店長セレクトです。
b0304265_1150135.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-28 11:50 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

国分寺の村上春樹

 11月のブックタウンフェスがらみで何か関連企画をやろうと、ブックタウンフェスの前後でいくつかのイベントが企画されている。

 東経大では関連企画として東経大の教授の講演をやるし、まどそら堂でも”ほろ酔い夜話”をすることになっている。そうした関連企画のミーティング中に偶然生まれた企画が、「国分寺の村上春樹」。

 まだ暑い夏の盛り、定例ミーティングにライターの岡崎武志さんが飛び入り参加してくれて、たまたま居合わせたおばあさんの知恵袋の三田村さんと村上春樹の話に及び、国分寺時代の村上春樹をよく知る三田村さんの話を岡崎さんが対談形式で聞きだすイベント「国分寺の村上春樹」企画案が生まれた。

 この国分寺マンションのはす向かいのビルの地下でジャズバーを経営していた村上春樹と、おば知恵の三田村さんは当時懇意だったらしい。その辺の当時のエピソードが話の中心になると思うが、文学論まで話が及ぶのかはわからないが、どちらにせよ興味深い対談になるのは間違いなし。

 村上春樹に関しては、毎度ノーベル賞のことで取り上げられるのが風物詩のようになっているが、本来の村上文学と、それを生み出したルーツ的場所のひとつである国分寺とのかかわりなど、掘り下げた話を聞かせてもらえると思う。どしどしご予約お待ちしております。

 国分寺ブックタウンフェスティバル関連企画「国分寺の村上春樹」
 
 日時:11月18日(水)午後7時~午後9時
 会場:国分寺市立本多公民館 視聴覚室
 対談:三田村慶春(絵本店おばあさんの知恵袋)×岡崎武志(ライター・書評家・編集者)
 定員:40名(事前予約)
 参加費:1000円
 主催:国分寺ブックタウンプロジェクト
 予約・問い合わせ kokubunjibooktown@gmail.com
     またはまどそら堂、おばあさんの知恵袋でも予約できます。


 今日の国分寺は晴れ。飲み過ぎ?声が・・・

 今日流れているのは、サキソフォンの・・・
b0304265_1520491.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-27 15:20 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

今年のブックフェス

 花曇りの日曜日。朝、お店に荷物を置いてすぐお出かけ。

 今日午前中は、ブックタウンプロジェクトのミーティング。北口の本多公民館までえっちらおっちら歩く。なんでこんなに坂ばっかりなんだろうと、国分寺の地面を眺めながら思う。うねった道の先を歩くメンバーの一人と合流。

 去年に引き続き今年もブックタウンフェスが開催される。11月の話だけれど、準備はそろそろ本腰を入れる時期。今年もユニークなイベントになりそう。一箱古本市もたくさん参加者がいればすごいイベントになりそうだ。なにせ体育館の中をまるごと会場にするので、一箱古本市にしてもビブリオバトルにしても、ぶくぶく交換にしても、他のゲームにしても、渾然一体になってワイワイできればいいですな。

 去年もやった「みんなで作る物語」は今年も行われる予定。みんなで1行づつ書いてリレー形式でつなげていく小説。今年の書きだしをする作家さんはすごいよ・・・いや、まだ言ってはいけないのか?では、お楽しみということで。でもチラシができるころにはガンガン広めよう。

 去年は古本屋としてお店を出したけど、今年は一箱古本市の店主としてエントリーする予定。チラシもできて大々的に宣伝できるようになったらガンガン情報を出していきます・・・いまはまだこのくらいで。

 今日の国分寺は雨。曇りから雨。それでも日曜日的まったり感が。

 今日流れているのは、押尾コータロー。落ち着きますな・・・
b0304265_16354568.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-09-06 16:35 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

ブックタウンミーティング

 本日の午前中、まどそら堂にてブックタウンプロジェクトのミーティングが行われた。

 足元の悪い中、まどそら堂に集まった12名程のメンバーが、ギュウギュウであっても何とか帳場前のスペースに陣取る。あのちびまどだったら、立錐の余地なし状態だと思うが、こちらでは何とか座っていられるのがすごいというか。

 去年のイベントを引き継ぐ部分と、新規に考える部分と両方の討議があり、その後、本を使ったゲームを。ま、それにしても感慨深いのは、やっぱりこの場所でこんな風にミーティングなどをやれるということなのであった。ミーティング等以外にもイベントできるし。

 来月には虎の穴が再開されるし、ほろ酔い夜話もやれるだろうし。他にもトークショーや対談なんかもできるね。さすがにマンションなんで大きな音がでるものは無理だけど。

 あー、それにしてもまだこの空間でやりたいことが目白押し。天井ギャラリーなども考えており(バリバリの現代美術限定)、ガラスケースではミニミニギャラリーを。ミニミニギャラリーの名前だけはすでに決まっていて、その名は「フェッセンデンの宇宙」。SF好きならもうご存知のあれですよ・・・。

 今日は天候の悪い中でもお客様もいっぱい見えられてほんと、ありがとうございますー。まだ落ち着いてはいませんが、明日からは以前同様おちついてブログも書きたいと思っております。ブログのスキンも明日から一新しますので、雰囲気が違っても、いつものまどそら堂ですので、今後ともよろしくお願い致します。

 今日の国分寺は雨時々曇り。晴れるといいですね・・・

 今日流れているのは、キース・ジャレット。こんな天気にはピッタリ・・・
b0304265_164348.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-06-21 16:04 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

国分寺ブックタウン進行中!

 昨年から国分寺をブックタウンにと、本にまつわるワークショップや、ぶんぶんうぉーくでのブックフェスなど国分寺ブックタウン構想のもと、さまざまな試みが継続して行われている。

 国分寺ブックタウンプロジェクトの名のもとに、フェイスブックで情報を開示しつつ、どうやって推進していくかといった会合を月一回程度の頻度で行っている。開かれたプロジェクトなので、興味さえあればだれでも参加できるし、国分寺市民に限らず、周辺に居住していたり働いていたりしている人でももちろん参加できる。

 西国分寺にある「西国図書室」が音頭をとり始まったこのプロジェクト。西国図書室の推進力のもと、一回性のイベントで終わることなく、継続中。まどそら堂も関わらせていただいているが、今後も少しずつではあっても、国分寺が「本の街」と言われるような展開ができればいいのではないかと。

 今年に入って、市内のショップなど店内にある本棚を撮影させてもらって紹介するという取り組みが始まった。3月現在で数か所の紹介記事がフェイスブックページに公開されている。今後も増えていくと思われるが、どんどん増えていけば市内のブックスポットの情報源として、またお店案内としても機能すると思う。
国分寺ブックタウン

 さてさて、そんなプロジェクトに参加して思うのは、当たり前だけどもこういった活動というものは1年、2年で構築できるものでもなく、ある程度のスパンでもって築き上げていくものだろうということ。参加者それぞれの関わり方があるだろうし、うちのお店も無理なく関われればいいなと。古本屋という立場ではまた違った意見、提案というものも求められるだろうし、それでも今後も国分寺で本に依拠した生業をするものとしては、真摯に取り組まなければならないことでもある。

 次回の会合は3月22日(日)の午前中に予定されている。本に興味がある、本はともかく国分寺でなにかしたくてうずうずしている方、どうぞご参加を。ちなみに漠然とイメージしていることだけれど、60年代、70年代に国分寺がヒッピーの聖地だったという言い伝えに因んで、みんなしてパンタロンを履きトンボメガネをかけ、チューリップハットを被って練り歩くっていうのはどうでしょうかね?・・・本とどう関係があるのかって?・・・わかりません(笑)

 今日の国分寺は雨と曇り。スカッとしません。今、所沢で古本市やってますね・・・

 今日流れているのは、Shed Seven。「Change Giver」。90年代のブリティッシュロック。オアシスやブラーの陰に隠れてこんなバンドもありましたな。いまどうしていることか・・・
b0304265_15182381.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-03-07 15:19 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

火星のブックフェス

 一昨日・昨日の2日間、国分寺ブックフェスティバルでは、お世話になりました。スタッフの皆さんはもちろん、会場まで足を運んでいただいたお客様にはこころよりお礼申し上げます。お店だけでなく会場まで駆けつけてくれたお客様もいらっしゃり、ほんとうれしかったです。今後ともお引き立てのほどよろしくお願い致します。

 さて、ブックフェスの会場であったもとまち地域センターまでの道が分かりづらいという意見も聞かれましたが、思いのほか人であふれ、当初懸念された閑散とした状況にはならず、にぎやかだったのでよかったです。各セクションそれぞれ盛り上がるところは盛り上がり、いいかんじでした。

 ショップコーナーでまどそら堂も出店させていただきましたが、準備などもたついて結局自分のところで精一杯でみなさんのところのお手伝いまでは至りませんでした。もう少し余裕を持たないといけませんね。各ショップのみなさん、一箱古本市のみなさんもテキパキと準備され展開していましたし、ビブリオバトルのコーナーも盛り上がっていました。盲本道や、ゲームコーナーも皆さん楽しんでやっておられました。

 それにしても特筆すべきはみんなで小説を書きつなぐコーナー。なんだかよくわからなくても、面白い!話の展開がこんなになっていくのかと感心しました(私もワルノリして1行だけ書きましたが)。恋ヶ窪で恋の話?というはじまりがいきなり火星に飛び、結局ずっと火星縛りで話が進む(笑)。みんな火星が好きなんですな(笑)。最後はかたずけでバタバタしていたので結末がどうなったか読めませんでしたが、これはまたやってみたい!今回の作品、タイトルは「火星のブックフェス」がいいですな。もう決まっているかもしれないけど。

 そんなわけで今年のぶんぶんうぉーくにおけるブックタウンフェスティバル、無事終了です。また来年頑張りましょう!

 今日の国分寺は雨。朝から冷たい雨ですな。のんびり本の整理でも・・・。

 今日流れているのは、マイクオールドフィールド。「チューブラーベルズ」です。
b0304265_15263543.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-11-25 15:26 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)

国分寺ブックフェスだよ

 今月の23日(日)と24日(月)の二日間、国分寺でブックフェスティバルがありますよ!

 ご存じの通り、今年のぶんぶんうぉーくのひとつとして、ブックフェスが開催されるけど、メインイベントの一箱古本市の募集、まだ間に合うみたいですよー、みなさん!二日のうちどちらかでもよし、二日連チャンでもよし。23日(日)は国分寺の街中(カフェスロー、おたカフェ、クルミドコーヒー)が会場。24日(月)はもとまち地域センターの体育館で。24日の方はまだまだ余裕あるみたい。出店料が一日1000円。プロ・アマ年齢問わずで、箱は各自用意(キャリーバックでもOK)。その他細かいことは西国図書室まで。→一箱古本市募集

 まどそら堂は、一箱古本市の方ではなくて、24日にもとまち地域センターのショップコーナーで本の販売を。他ではクルミド出版、つくし文具店、古本泡山さんが出店します。まどそら堂はこじんまりとやりますが、他の皆さんは派手にやってほしいです(コバンザメでいきたいと・・・)。

 他にもイベントがいっぱい!ビブリオバトルに絵本の料理を食べるコーナー、盲本道などのクイズコーナーなどなど。それからもうひとつ、「みんなでつくる物語」と題して一人一行ずつで、リレー小説を書いてしまおうという企画。これは会場でリアルタイムで作っていきますので、どしどし参加してください!あなたの一行一文が小説になる!しかも国分寺市のホームページで発表されるかも!?楽しみですなー。

 そんなわけで近くなったらまたお知らせしますが、こんなイベントがありますよという話でした。あと2週間ですな、もうすぐでした。

 今日の国分寺は曇り。雨降らないでほしいね。午前中の打合せ場所に傘忘れてきました・・・。

 今日流れているのは、ポール・マッカートニー。オール・ザ・ベストです。
b0304265_15254055.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-11-09 15:24 | ブックタウンプロジェクト | Comments(0)