カテゴリ:お店あれこれ( 375 )

卒業旅行と「深夜特急」

 もうすぐ卒業シーズンですな。今ごろは卒業旅行に行く時期?自分たちの頃はそんな旅行はなかったような・・・うらやましい今日びの学生さんたち。

 旅行本の定番というか、バイブルと言ってもいい沢木耕太郎の「深夜特急」。読んだことが無いという学生さんがいると強力におすすめしているので、うちの鉄板本となっている。単行本だと3冊、文庫本だと6冊だけど、最初の香港・マカオ編で打ちのめされた人は必ず続きを買いに来てくれる。インドあたりがディープなのでどうしてもその辺りまでは読んでもらいたい。ゴールのイギリスまで読み切れば、旅行という概念も変わるだろうと思う。

 旅というものは人を成長させてくれるもの・・・と、どこかで聞いたことがある。たしかにその通りだと思う。物見遊山な旅であっても、なにがしかの感慨を持ち帰る。その特別な感慨を味わいたくてまた旅に出る。そんな旅を繰り返しているうちに人間味がひとまわりもふたまわりも大きくなる。

 海外なら、行った先の文化や歴史・地理に触れるだけでいろんなことが感じられる。カルチャーショックもいい意味で刺激になるしね。国内だとやはりどこへ行っても同じ言語の同じ顔の暮らしだから、自分から差異を見出さないと面白味が無い。いやいや、国内であっても、違う場所に行けばそこはそこであらゆる差異を発見できる・・・というのはたしかにそうだが。要はその人次第ということか(あたりまえですな)。

 お店で、今年卒業の学生さんたちから卒業旅行の話を聞いたりするので、そんなことを考えた。就職したら、おいそれと長期の旅行には行けなくなるしね。去年のこの時期、卒業を控えて進路に悩んでいた学生さんに「深夜特急」をすすめて、旅に出ちゃえば?とそそのかしたことがあるけど、あの学生さんはどうしているだろう。古本屋のオヤジの話を真に受けて、インドあたりで沈没してはいまいか・・・ちょっと心配です(笑)。

 今日の国分寺は雨。雪もチラホラ。さみいなぁ。昨日もお知らせしましたが、都合により、明日18日(水)は臨時休業、翌19日(木)は定休日で連休させていただきます。お店、ブログともにまた金曜日に。お待ちしております。ではではまた。

 今日流れているのは、ビョーク。「ポスト」です。
b0304265_15194017.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-17 15:19 | お店あれこれ | Comments(0)

香港妄想

 今日は店主の願望的妄想話。

 昔の香港本が欲しいなぁと思っていたら、香港ツアーの懸賞に当たってしまった!しかも同行者を30人ほど連れていっていいというとんでもないツアーで、その30人の同行者には、レアな香港本を現地で見つけて最低1冊はまどそら堂に寄付しなければならないという条件がついている、都合のよすぎる仰天ツアー。

 これはすごいことになった!ということで、手当たり次第にお店に来てくれるお客様に声をかけ、なんとか30人の同行者を集めた。もちろん費用はタダ。みんな喜んで、レアな香港本見つけますよだの、いいとこ知ってますから、かならずいいものを探し出しますよだの言ってくれる。

 30人もの同行者だから、ほとんどおのぼりさん団体ツアー状態だったが、成田では遅刻する者もなくぞろぞろと香港へ!ANAかキャセイかどちらでもいいけど、飛行機の翼辺りに陣取ったまどそら堂香港ツアーの30余名は、団体さんのノリとは違ってみんな落ち着いたもの。ああ、楽しいなぁ。行くまでのこういう時間が楽しいんだよね。

 無事香港に到着。いつもなら電車で移動するところだけれど、人数が多いのでバス。ドドーっと乗り込んでホテルへ。香港島にあるエクセルシオールあたりがいいかな。なんとか全員のチェックインを済ませ、まずは落ち着いてからみんなで街に繰り出すことに。

 ・・・というように、あそこに行きここに行きといった段取りを妄想して楽しむ。ずーっとやってると、いつまでも終わらないのでこの辺でやめとこ。あー、でもそんなこと考えてるとホントになることもある!だから妄想、いや妄想というより想念は現実になることもあると信じて妄想することにしましょう。まあ、30人なんてありえないけど。というわけで、古い香港本あったらよろしくお願いします。・・・今日はそんなたわいもないお話でした。

 今日の国分寺は晴れ。風が強い・・・

 今日流れているのは、Gorky's Zygotic Mynti。90年代によく聴きました・・・
b0304265_1491937.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-14 14:09 | お店あれこれ | Comments(0)

いつもより暖かな日

 今日はなんだかお客様が多いな。うれしいことだ!今日は祝日でしかも暖かいからなのか。春になればもっとお客様が来てくれるかな?花粉の季節は憂鬱だけど、寒くて凍えて過ごす季節よりいいだろうし。暖房代もなくなるし。

 午前中に用事があって開店時間少し前に到着してあわただしく準備などして、お客様が来る前にお弁当を食べてしまおうと、お弁当箱のフタを開けると、おおっ、エビが!・・・と思ったらちくわだった。目も衰えてきたなぁ、と。目じゃなくてアタマのほうか?
 
 そうこうしているうちに、開店。すぐにもお客様が。そして、1年半振りに来てくれたお客様も!国分寺に実家があるんだけど現在海外在住で、帰省中ということだ。印象が強かったからよく憶えているよ。その後、国分寺在住で古本通のIさんがご来店。南口で一箱古本市をやろうという話で盛り上がる。駅前から国分寺マンションあたりをメインにして、他にも所々に展開。30名くらいの規模で・・・などとイメージは広がりまくる。でもこれは、空想じゃなくて現実にできる話。いずれやるぞ!

 昨日の夕方から本の整理をしはじめてまだ終わっていないので、雑然としてるのが気がかりだけど、お客様の前でドタバタするのもなーと思いながらコーヒーなどをすする。あー、こういうのんきな暖かい冬の日もいいもんだ。これで、大勢来てくれたお客様全員がガッチリ買ってくれればいうことなし!だけど、まあ、そんなわけにもいかないし。ぼちぼち行きましょう。明日も暖かいらしいね!でも明日はお休みだー!みんなは仕事だねー!ではでは!

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日。また金曜日に。

 今日流れているのは、マイク・オールドフィールド。「チューブラーベルズⅡ」です。
b0304265_16373079.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-11 16:37 | お店あれこれ | Comments(0)

戦後すぐの古本屋

  戦国時代物を数冊買っていただいた年配のお客様から聞いた話。

 昭和22年頃。お店のあるこのあたりに古本屋があったそうな。戦後まもなくの頃にこのあたりに古本屋が…ですか、と少し驚く。20年くらい前にこのあたりに古本屋があったのは記憶しているが、そんな昔にも同じ場所?に古本屋がねえ・・・と。

 戦後すぐの時代の古本屋にはどんな本が並んでいたのか…と思いを馳せる。雑誌が多かったのかなとも思うが、どんなだったんだろう。商売も今とは違ったのかな?ネット売りも無いしね(笑)。ほんと、タイムトラベルして見に行ってみたいよ。ついでに古本買ってこよう!行ってみたらその店の主人が自分にそっくりだった・・・なんていうのはちょっと嫌かな(笑)。
 
 戦後すぐのことで物資に事欠く時代。なんでもその年配のお客様は当時ここにあった古本屋で、なるべく厚い本を買ったそうだ。当時、新聞紙は八百屋や魚屋に流れて包み紙になっていて、小さな小売の店では包む紙が無いので古本屋で厚手の古本を買い、一枚一枚破って、三角形の包みを作ったそうだ。

 帰り間際にさっき買っていただいた時代物の本に目を落としながら、この本はちゃんと読むために買ったんだよ、と笑っておられた。本がかさばったのでビニールの袋に入れて渡したが、茶色の紙袋にすればよかったな。

 今日の国分寺は晴れ。昨日よりは暖かいですね。

 今日流れているのは、清水靖晃。サキソフォンです。
b0304265_14262882.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-10 14:25 | お店あれこれ | Comments(0)

魔法の福の豆

 先日は節分でしたね。といっても、もう一週間たってますけど。豆まき、しましたか?

 齢の数だけ豆をたべようにも多すぎてつらいので、年齢の下一桁の数だけ食べました。福がくればいいですが、鬼が退散してくれればそれでいいです。望みませんよ、福なんて。この齢になると、あれもこれも望んでも仕方がないという気になりますな。とはいっても煩悩を捨てて生きているわけでもなく、やっぱり少しくらいは福がくればいいなとも思うわけです。

 自分にとって少しの福とはなんだろうと、ふと思うわけですが、皆さんはどうですか?なんでしょうね。そりゃあ、いろいろありますね、重たいものからたわいのないものまで。お金が欲しいとか、恋人が欲しいとか。人生うまくやりたいとか、苦しみから逃れたいとか。自分はどうでしょうね、数日前から右耳の上部分、メガネが接しているところが炎症を起こしているらしく、一日中微妙に痛くて気になってしょうがないのがつらいので、その痛みが消えてくれないかなぁということですかね。

 そんな些末な痛みより、人生の根本的な事柄を吟味した方がいいと思うけれど、それでも例えば耳の痛み以外にも両肩の痛みと腰・背中の痛み、首の痛みなど抱えているあらゆる痛みが消えてくれれば、空ですら飛べそうなくらいの開放感をおぼえて、何事にも全力で望めそうな気がするので、精神的なことより目に見える痛み(ほんとは見えないけど)が消えてくれることほうが福への近道かも。

 副店長ならそんなもの体を動かして治せというわけですが、まったくその通りなので反論できませんが、節分の豆を年齢の数きっちり食べれば一発で治るという魔法のような豆はどこかに売ってませんかね(→こういう事を言うとまた副店長に怒られます)。

 今日の国分寺は晴れ。午前中、雪がチラホラ・・・。

 今日流れているのは、マイク・オールドフィールド。最初の「チューブラーベルズ」です。
b0304265_14261360.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-09 14:26 | お店あれこれ | Comments(0)

きのこ萌え

 先日の晩の話。
 
 その日の晩は、用事で出かけたついでにお店に寄った副店長(妻です)と共にかたづけをして、お店を出た。二人ともそこそこ疲れており、しかも風が冷たく外は冷えきっていたので、温かいものを食べて帰ろうかということに。

 といってもブラブラして適当なところを探す力も無く、寒さも手伝って、ともかく駅ビルに避難してそのまま最上階の食堂街へ。トンカツでもと思ったがやっぱり温かいものを、ということで蕎麦屋に。寒いけどビールでのどを潤し、かつ丼セットをいただく。向かい合わせに座った副店長は梅の入ったうどんを食べていたが、箸を休めながら、「今日ね・・・」となにやら話し始めた。

 副店長が用事で行った先の近くのデパートで、たまたま草間彌生の展覧会(展覧会というより作品の即売会?)をしていたらしく、草間好きの副店長は迷わず覗いたそうだ。定番の水玉カボチャのシルクスクリーンなどが並ぶ中で、副店長が惹かれた作品はわりと地味めなエッチングだったそうで、じっと眺めていたそうだ。すると、販売員の女性が脇にスゥーと寄って来て、いかがですか?と。あの作品は先日売れたばかりなんですよーなどと、セールストークを繰り出す店員さん。副店長が惹かれたエッチングを売り込もうと色々説明してくれたそうだ。

 それでそのエッチングってどんな作品だったの?と聞くと、「・・・きのこ」と、ひとこと。何でなのかわからないけど、頬を少し赤らめながら答える副店長。「90万円ちょっとだったので・・・」「え、えっ?なに?買ったの?」「欲しかったけどね、買えるわけないじゃん」「あー、焦った・・・」。そんな会話を続けているうちに、副店長のあたまがきのこに見えてくる。

 そもそも昔から猫以外ではきのこ好きで、きのこ柄とかきのこの絵などに飛びつくように反応するのは知っていたから、食事をした後、下の階の紀伊国屋に連れて行ってきのこ女子本を見せると、あー、やっぱりこういうのあるんだーと納得していた副店長だった。だいたい、女子向けにきのこ本をメインに据える古本屋さんがあるくらいだから、きのこ萌えは不思議でもなんでもないが、そんなにきのこって惹かれるものか?と。

 かつ丼セットを食べながら、ひと月前にはサザエさんちのワカメかラップの宣伝の女の子にしか見えなかった副店長の少し伸びてきた髪型が、どうにもきのこに見えてしょうがない。そんな晩でした。

 今日の国分寺は晴れ。寒いねぇ。明日は虎の穴ですよ。

 今日流れているのは、ピンク・フロイド。「対」です。
b0304265_13484043.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-03 13:49 | お店あれこれ | Comments(0)

新井薬師骨董散歩

 日曜日の午前中、早起きして新井薬師の骨董市に行ってきた。お店の開店時間までには国分寺にたどり着かないといけないので、わりと早めに出かけたが、もうとにかく寒くてどうにも骨董どころじゃなかった。

 先週の28日には臨時休業して川越の骨董市に行こうと計画していたが、たぶん寒さで歩き回るのもつらいだろうからとやめにしたので、まあ、日曜日の午前中ちょっとばかり寄ってみるかなという感じだった。が、メチャクチャ冷たい風がビュウビュウ吹き荒れ寒すぎて、紙ものが束になって入っている箱の中に手を突っ込んで物色する気すら起こらない・・・。

 薬師さんの境内では節分の準備で豆をまくやぐらが組まれており、いつもの市の場所もやぐらに占領されていたり、寒さ故か業者さん自体がいつもの五分の一くらいしかおらず閑散とした状態。お客さんも少なく、冷たい風だけが吹きすさぶ。

 いつもなら安めの器のひとつも買い求めて、悦に入るというところだが、こんな寒さの中では売る方も買う方も、ウーっと唸りながら足踏みを繰り返すだけでどうにもならないので早々と退散。空は青く澄み渡って、太陽がさんさんとしていても、寒いものは寒いのであった。

 中央線に乗る前に中野ブロードウェイに寄ってブラブラしたが、時間が早かったのでまんだらけもうつつさんもまだ開いておらず、ここでも早々に退散して駅の近くで沖縄そばを食べてから国分寺に。・・・骨董市は春以降がいいですな、やっぱり。

 今日の国分寺は晴れ。早く春になればいいですね。

 今日流れているのは、ミッシェル・ポルナレフ。ベスト盤です。なんだか70年代・・・。
b0304265_15325326.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-02 15:33 | お店あれこれ | Comments(0)

寒い雪の日

 また、雪降っちゃって・・・。駅からお店までべちょべちょだもんね。スコップもないから困ったなー。段ボールかなんかでお店の前くらい雪かきするか・・・。

 北国生まれの人はこの程度は屁みたいなものだろうが、雪はいつになっても慣れないね。スキーもやったことあるけど、ヘタだし。まず雪や滑ることを楽しむという心構えすら無いから。スキー好きには申し訳ないけど。

 こんな日は昼間っから酒でも飲むのがいいなー・・・熱燗で軽く一杯やりながらお店やってたら怒られる?真っ赤な顔で、いらっしゃいませーなんて言ってたらみんな帰ってしまうかもね。一杯いかがですかーなんて言ったらのってくれる人もいるかも・・・いるわけないか。

 20代前半頃まで酒なんて全く飲めなくて、ビール1杯でゲロ吐いてたくらいだったのに、段々少しづつ飲めるようになってきて今は毎晩。といっても相変わらず、量が飲めるわけではなく、耐性が少しついたくらいなので晩酌しても1合弱くらい。酒飲みからしたら、まず咽喉を潤す程度。だから、なーんだという程度なんだけど、飲むのは好き。

 飲むとすぐ赤くなるタイプなので昼間から飲んだらすぐばれる。赤くなる人って、いろんなリスクがあるらしいので、飲みすぎないようにしないといけないらしいけど、まあ、1合弱ですから。

 いまならちょうど雪見酒でいけますけど、お店の前のべちゃべちゃ雪見てもねぇ・・・殿ヶ谷戸庭園あたりで松の木の枝に程よく降り積もった雪景色などを愛でながら一杯、それも燗で。いいですなー。まあ、庭園の中では飲食お断りだと思うけど。家に帰って飲みましょうかね。

 今日の国分寺は雪。いまはもう雨です。

 今日流れているのは、クロノスカルテット。静かですなー。
b0304265_14175550.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-01-30 14:18 | お店あれこれ | Comments(0)

ぼろぼろの靴

 たしか骨皮筋さんの詩の一節で、ぼろぼろの靴とぼろぼろの今日、っていうのがあったっけ?

 靴はぼろぼろになるまで履く。そういうタイプ。まだ学生の頃、帰省した時に私が履いていた靴を見て、母親が悲しそうな声でこう言った。・・・人は足元を見るから、靴だけはちゃんとしたものを履いてくれ、そうしないと人に嗤われる、と。

 わかってるよ、それくらい。そう思ってはいても履きつぶすまで同じ靴を履いていた。貧乏性なだけでもない。気に入ったらそればっかり履く。ぼろぼろになっても自分はその劣化を共にしているので違和感もないし、第一、足に馴染んで履きやすいから履いているんだ。そう思っていたのでいまだにそのクセ(?)が抜けない。

 もちろんこの歳になったら多少のTPOをわきまえて、状況に応じて履き分けているけど、基本的に楽なスニーカーが多くなる。母親の懸念は、ぼろ靴を履いていると育ちが悪いと思われる、ということなんだろう。育ちのいい悪いなんてどうでもいいことだと思うので、そういう意味では気にならなかったけれども、それでもここぞという時にはいい靴を履いて行ったりするのはやっぱり見栄なのかな、とも思う。

 ぼろぼろの靴を履いていても、人間がぼろいわけじゃない。それはポリシーでもある。尖ったファッション性でもって服や靴で主張するタイプでもないから、ダサいのは嫌だけど、多少はカッコいい靴で、それがぼろぼろになっていくまで履く。

 なんでまたぼろ靴の話なのかというと、先日の誕生日に妻からのプレゼントでスニーカーを買ってもらってうれしかったということと、靴屋さんで試し履きをするときに新しいスニーカーと自分が履いていたスニーカーとを見比べて、今まで履いていたスニーカーが想像を絶するボロさだったことに気が付いて唖然としたから。靴屋の店員さんも引いていた?思わず、これは作業靴です…と言いそうになったほどボロかった(笑)。

 今度は赤いスニーカーを買おうと思っている。派手でも落ち着いた赤のスニーカー。とびきりいいやつを。そしてたぶん、ぼろぼろになるまで履く・・・と思う。

 今日の国分寺は晴れ。昨日の天気予報では雨だったので店内を雨仕様にしておいたのに・・・。いいんだけどね、べつに。

 今日流れているのは、ピンク・フロイド。「炎」です。
b0304265_13461251.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-01-27 13:46 | お店あれこれ | Comments(0)

サッカーの話

 先週の話だけれど。

 サッカー負けちまったなぁ。これでコンフェデ無くなった。まあ、いつも負けてるから出なくてもいいけど。むしろ出ない方がいいか。それにしても、テンション下がってしまいましたな・・・。

 ひところしょっちゅう浦和レッズの試合を観に行って、Jリーグ萌えしてたのに、ここんとこさっぱりだ。埼スタまで行くのも一苦労だったのに、それでも燃えてたんだよね。味スタ行ってFC東京観ればいいじゃんという地元の皆さん、そりゃあそうだけど・・・。

 香川の調子がいまいちで、本田もどこか疲れ気味?キレキレの乾とか清武を90分使えばいいのに・・・武藤も。ちょびっとづつだからなー、出るの。90分通して使ってくれよ。鹿島の若いやつ、えーと、柴崎だっけ?あいつもいいと思うし。

 スポーツで唯一燃えられるサッカーを観ながら、酒を呑むというのがいいですな。今回のアジアカップは時間的にリアルタイムでは観られなかったので、録画しておいて帰ってから日本酒をやりながら観るというのが楽しみになっていたのに、早々と終わってしまった。

 アギーレさんもケチがついたりしてやりにくいんだろうなー。続投?ふーん。なんか駄目ですな、負けると。テンション下がって気が抜ける。俺に監督やらせろー!という妄想は何度もしたけど、そしたらカズを招集!いいじゃないですか。まだ現役なんだから。カズも90分みっちり走ってもらいます。俊輔も代表にカムバックさせて、フリーキックを蹴ってもらいましょう。でもなんか揉めそうなチームになりそう・・・。
 
 次のワールドカップまでまだあるなー。毎年やればいいのに・・・。今度こそ勝てそうな気がする!ベスト8くらいには楽々行く!・・・と思っていよう。とりあえずJリーグかね、3月からだよね。味スタにも行ってみるかな。

 今日の国分寺は晴れ。明日は雨みたいです。

 今日流れているのは、マイクオールドフィールド。「チューブラーベルズⅡ」です。
b0304265_14464946.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-01-26 14:46 | お店あれこれ | Comments(0)