カテゴリ:お店あれこれ( 375 )

若くなりたい?

 ここのところの疲労が重なって、そんでもって思考力も落ちているせいなのか、いまいちな毎日。普通の状態の数値が100としたら70とか80くらい?

 ま、そういう時もあります。みなさんもそうでしょ?やっぱうなぎ食べないとダメですかね。うなぎですよ、うなぎ。うなぎパイじゃなくて。

 ちからが出なさそうな様子を見て、今朝、副店長がにんじんジュースを作ってくれたので、グビグビ飲んできました。だからもうちっとパワーを出さないと。今日は店内の本の入れ替え・整理などしなけりゃと思っているので。

 つくづく残念なのは、もう10歳若かったらテキパキ動けるのに・・・って後ろ向きな考えになってしまうときですな。では今から10歳、歳をとっていたとして、もう10歳若かったらって思ったとしたら今がそうじゃん、ということになるので、考えようでいかようにも若く元気になれるわけです。

  動けるギリギリの年齢。いやーもっと元気な年配の方はいくらでもいるので、そんなわけないか。でもしかし、若かりし頃にはこんなこと日記に書いてるとは想像もしてなかったなー。もっとがんばらなくては・・・。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、ピンクフロイド。「あなたがここにいてほしい」です。
b0304265_14212992.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-14 14:21 | お店あれこれ | Comments(2)

子どもも哲学する

 月曜日(9月11日)に行われた「第2回まどそらのこどもてつがく」の報告です。当日終了後に記録したものをそのまま。


 いやはや、正直、ちからが残っていない・・・。さきほど第2回こどもてつがくが終わったところ。

 子どもたちのパワーに翻弄され、(店主は)特に何もしていないんだけれど、疲れ切りました(笑)。家で、または学校でこのパワーに毎日さらされているというのは凄いですなー、という妙なところで感心してしまいました。

 ま、それはいいとして、今回のこどもてつがく、かなり深いテーマを子どもたちが見つけ出してしまって、横で聞いていてすごいことになってきたなーと。なんと今回のテーマはジェンダー論!

 集まったメンバーは男の子5人、女の子5人、全員小学3年生。学校が終わってから来ているのにまだまだ力が有り余っている感じ。1回目に参加していた子どもは6名、今回初めての参加が4名。慣れた余裕の子もいれば、新規参加でちょっと緊張気味の子も。

 まずは自己紹介。名前と好きな食べ物を。こどもてつがくの基本でもある、まずは聞く、という体験を(ほんと大人も子どもも、聞く、ということがいちばん難しいです)。それからインタビュータイプのゲームでウォーミングアップ。“夏休み、いちばん楽しかったことは何?”で話したり質問したり。

 その後みんながそれぞれ問いを出してみる。宿題はなんでやるのか?とか「死」ってなに?など各自各様の問いが集まる。秀逸というか、おおっと思ってしまった問いも。「リンゴはなんでリンゴになったの?」には横で聞いていてウーンと唸ってしまう。リンゴという名前はリンゴを表す言葉。その本質にせまる問いなのか何なのか、横で聞いていて勝手に頭の中で深遠な答えを探してしまう。子どもたちの問いはとてもシンプルなのに、その答えは本質にまっすぐ向かっていると思われ、子どもより大人のほうが頭がいいのか?という問いには、それは逆だとつい口を挟みたくなるのであった。

 そして今回のテーマとして子どもたちが採択したのが、「どうして男と女があるの?」という問い。うーん、これはむずかしい。

 男と女を混ぜてどっちも子どもを産めるようにしたらいいとか、なぜ男と女と分けなければいけないのかとか、みんな自分が感じていることをそれぞれ述べていく。ファシリテーターの幡野さんがまずは男と女の違いをどう見極めているのかについて考える道筋を整理して示すと、髪の長さ、見た目、ひげ、女の子っぽいのにサッカーがうまくて男の子、とかことば遣いや荒っぽさ(凶暴性)、名前や化粧の有無など、即物的な見分け方がボンボンと出てくる。

 幡野さんが次に問うたのは、では名前も男っぽくて見た目も男のハタ坊(幡野さんのニックネーム)のこころが女だとしたらどう見分けるのか、というもの。一歩踏み込んだ道筋に対して、心が女であれば女として接しなければ,相手は傷つくという意見が出たりする。皆がみな、明確な答えを見つけ出していたわけではないけれど、同じ問いに同じはてなを共有して各自考え、皆で練り込んで答えに近づく・・・こどもてつがくなその在り様に、この子どもらが大人になって、自分たちが問うたことにまたひとまわり大きな視野を持って答えを見つける・・・そんなイメージが湧いてきてちょっと感動。

 今回のテーマを選択するとき対抗馬として拮抗していた問いは「どうしてあかちゃんはお母さんのお腹から産まれるの?」でした。こっちはこっちでどんな展開になったのか・・・。正直、大人のミーティングより子どもらの掛け合いのほうがリアルに楽しく、まわりくどくなく、また本質的だったりするなーと不謹慎に思いつつ、横からそのパワーに圧倒されっぱなしの第2回こどもてつがくでした。

 参加してくれた子どもたちをはじめ、送り迎えの保護者のみなさん、ファシリテーターの幡野さん、このこどもてつがくを企画運営してくださっている主催者のこさかさん、みなさんに心より感謝!です。ありがとうございました。

 うまく入っていけなくてうちにある本を読みつつ(読んでいるフリをしつつ?)、言葉を発しなくとも聞くことに徹していた子も。上手に対応できなくてもその場にとどまり、ちゃんと耳はダンボになっていた(笑)。きっと頭の中では問いと答えがグルグル回っていたことでしょう。そんなかたちでも全然オッケー!考えるかたちはいろいろですな!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、クラフトワークです。
b0304265_13371117.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-13 13:34 | お店あれこれ | Comments(0)

第2回まどそらのこどもてつがく開催

 さてさて今日は、“第2回まどそらのこどもてつがく”があります。

 16時からですが、15時半くらいには準備のため一時的にお店をクローズします。だいたい17時半には終了しますので、それ以降に再びオープンとなります。そのため、もしかしてこのブログを読んでいただいていればいいんですが、そうでなく知らずにその時間にいらっしゃったお客様にはご迷惑をおかけします。通常、定休日の火曜開催となっていますが、諸々の事情で月曜日営業時間中の開催となっております。子どもたちの時間帯ということもあり、営業終了後の夜開催というのも難しく、どうぞご理解をお願い致します。

 今回は前回参加6名、新規4名、合計10名の子どもたち。どんな話になるか?楽しみです。

 全開も素朴かつシンプルな問いが子どもたちからバンバン出て、その答えを考えるのも子どもたちなんだけれども、もちろん明確な答え(正解?)がパッと出るわけでもなく、それでも子どもたちそれぞれの答え(考察した)は、その問いの本質に近づこうとします。もちろん簡単には近づけず、周りをグルグルしたり、遠ざかったりするわけです。

 まったく答えらしきところにもいかない場合もあるけど、それでもきっとなにか思考の中に沈殿して後に熟成、あっ!そうか!ってこともあるかも。

 ま、そんな雰囲気のこどもてつがく。周りで聞いているだけのおとなの自分。でもおとなであってもわからなかったりするし、ま、子どももおとなもそんな変わんないかな?って言ったら子どもらに怒られたりして(笑)。だって子どもたちは子どもの方がおとなより頭が柔らかいって知ってるからね。今回も、子どもに負けぬようしっかりいっしょに考えてみましょう。
 
 今日の国分寺は晴れ。明日は火曜日なので定休日です。また水曜日に。

 今日流れているのは、サキソフォンの曲です。
b0304265_1561313.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-11 15:06 | お店あれこれ | Comments(0)

太陽フレアのせい

 きょうは土曜日だっていうのに・・・。いい天気。お外は。

 太陽フレアが起こって、地球に電磁波嵐が落ちてきた。そのためかもね、ここ最近の疲労感は。電磁波の波がいい刺激にはなりえず・・・。なんて、不調を太陽フレアのせいにして。そういえば太陽が眩しかったから・・・って理由で殺人した映画なんて言ったっけ?ま、それはいいとして。

 元気なときもあればそうでもない時もある。それはそうです。毎日パワフルに元気・・・ではいられません。そんな人いないし。そういう風に見えても人の見ていないところで苦渋の表情をしているかもしれないし。

 ことばのかけ違いで人間関係がぎくしゃくする・・・これはていねいに時間をかけて回復すればよい。妬み嫉みのたぐいであらぬことを言われたりする・・・ほっときましょう。人生指南の本に書いてあります、ってところですかね。

 太陽フレアのせい・・・。太陽がいけないんだ、太陽が。ていうことにして。

 ところで明日(9月10日・日曜日)は都合により開店時間が遅くなりそうです。15時には開けたいと思いますが、遅れますと16時頃になるかも。でも開けますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、ビョークです。
b0304265_13362973.jpg


 
 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-09 13:36 | お店あれこれ | Comments(0)

第2回まどそらのこどもてつがく、来週です

 さてさて、まどそらのこどもてつがく第2回がもうすぐです。

 9月11日(月)です。営業時間中ですが、午後の数時間、こどもてつがくのためお店は一時的に閉めさせていただきます。夕方前の2時間くらいです。どうぞよろしくお願いいたします。

 1回目の子どもたちは大きくなったかな?まだそんなに変わんないか(笑)。 それにしても子どもたちはあっという間に成長しますね。ちょっと見ないと大きくなっているのでびっくりするときも。毎日少しずつ大きくなって大人になるわけですが、大人になるまでにはどんな風に考えたり、思ったりしているのか。自分はどうだったかなと。遠い昔の話ですな・・・。

 ま、子ども時代がなかった大人もいないので、みんな子どもだったわけで、深く考えていた子どももいただろうし、苦も無い子もそうでない子もみんな何かしら考えて大人になって行ったわけですな。

 シンプルかつ素朴な疑問を投げかけてくる子どもたち。その答えを探すのも子どもたち。ファシリテーターのはたのさんが、その道筋を上手に示してくれます。

 今回もじっくり。店主はうしろで見守るだけですが、子どもたちの言葉に耳を傾け、一緒に考えてみたいと思います。楽しみです!

 今日の国分寺は曇り時々雨。

 今日流れているのは、10ccです。
b0304265_1552830.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-07 15:05 | お店あれこれ | Comments(0)

すごい古書店変な図書館

 今週はじめから新刊書店の店頭に並び始めた井上理津子「すごい古書店変な図書館」(祥伝社新書)に取り上げていただいた。ていうか、井上さんが日刊ゲンダイでずっと連載されていた「本屋はワンダーランドだ」をまとめたもの。以前、日刊ゲンダイに突然うちのお店が出たので、びっくりされた方もいたかもしれないけど、その時のです。

 うち以外の古書店はどこも有名なところばっかりで、読み応えバッチリ。おお、ここも、そんでここも載ってる、てな感じ。117店も載っているので古本屋巡りに使えますな。新書サイズ(新書だからね)なのでお気軽に持ち歩けますし。古本屋だけじゃなく一風変わった図書館も載っているので楽しいです。

 でもこうして本に載せていただけるとうれしいですな。先日はこの本を見て来たよというお客様もいらっしゃって、おおーって感じでした。お店の存在を知ってもらえるだけでもうれしいですし。

 こないだテレビにちょこっとだけ出た時も、観たよって来て下さるお客様も多くて、やっぱ存在を知っていただけるメディアの力は凄いなと。もちろん自力で、ていうか本屋としての実力があれば、宣伝無しでも広がると思うけどね。うちなんかそんな力はまだないので、もう、とりあえず他力本願で(笑)。

 さてそんなこと言ってないでがんばりましょうかね。みなさん、今後ともよろしくお願いいたします。

 今日の国分寺は曇り時々雨。寒いです。

 今日流れているのは、ビージーズです。
b0304265_14572257.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-06 14:57 | お店あれこれ | Comments(0)

土曜日の回想

 さて土曜日です。以前なら家の掃除など午前中に済ませ、午後からお出かけってなもんだったけど、今じゃ古本屋の帳場にべったり張り付いて、お出かけどころじゃないですよ的時間になっております。

 子どもの頃は土曜日は半ドンで、昼飯にあんパンと牛乳、ランドセルを放り出し遊びに行くパターンで、夜はキイハンターを見てから寝るという・・・がんばってザ・ガードマンのタイトルくらいまで見続けても、睡魔に勝てず撃沈して日曜日・・・だったですな。

 キイハンターにせよザ・ガードマンにせよ古すぎて何の話状態ですが、あの頃がちゃんと存在していて、そして小学何年生か忘れたけど、小学生として生きていた時間が存在していたということが、振り返ってみるとなにやら不思議というか、ほんとに子ども時代があったんだよなーと思えば思うほど不思議です。

 だってもうこんなにおじさんになり、人生折り返してるし、細胞の新しさ、新陳代謝、ハリハリの肌、どこも痛くなく、全速力で走れて、しかも一晩寝れば復活のあの子ども時代がほんとにあったなんて自分でも信じられないわけで・・・。

 そんなおじさんが、子どもの頃読めなかった絵本などたくさん並べて売っているなんてなー。わからんもんですよ、ほんと。もう一回子ども時代に戻れるとしたら、レアそうな本は押入れにしまっておこうかな・・・などとつまらんことを考えてしまいますが、ホントのところは大きな青い空の下、田んぼの畔を、風を感じながら草履で走っている自分に戻りたい、というところです。

 なんてことはない話ではありますが、土曜日は特別な日だったなー、という回想でした。

 今日の国分寺は晴れ。朝は寒かった・・・

 今日流れているのは、ピアノの曲です。
b0304265_1563652.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-02 15:06 | お店あれこれ | Comments(0)

夏の終わりに

 さてさて、定休日明けの水曜日。相変わらずのめまいで頭重は重く、肩凝りも凝る。首の裏側、ぼんのくぼあたりの凝りが凝りまくる。頭痛が痛いですな。

 昨日は訳あって、遠い町まで行ってきた。たんぼの稲穂がまだ青々しく、草っぱらに数珠玉の草がびっしり生えている。頭の上に残暑の日射しを浴びながら歩く。帽子を被るのを忘れて、髪の毛がチリチリになりそうだ。

 予定していた用事も滞りなく済み、家路につく。自分の用事は自分の用事でしかなく、自分が納得するためにしている用事に過ぎないと、トボトボ歩く帰りの道すがらに、ふと、気づく。まだ青い数珠玉の上の方を触りながら歩く。途中の用水路は濁っていて何かいるのか底からあぶくが立っている。

 気持ちを切り替えるべく、電車に乗る前に最寄りの古本屋を覗いてみることにする。昭和から時間が止まっているかのような佇まいの古本屋。入口の上の店名看板は木彫りかトタンかわからないが、一文字づくりで中空に立ちあがり、レトロそのもの。実際並んでいる本も昭和のままであった。

 古ぼけた詩集と古ぼけた料理の本を買い求め、そのまま帰る。都心に戻り、都心からの電車はラッシュの時間ということもあり、ようよう乗った車内では、真ん中まで押し込まれて自分はどんどん小さくなっていく。

 もう月末。もう秋。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。

 今日流れているのは、ピアノの曲です。
 
b0304265_14104132.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-30 14:11 | お店あれこれ | Comments(0)

ちょっと真面目な話

 古本屋を始めて4年余り。まだまだ古本稼業の何たるかを知りえず、右往左往の毎日。

 矛盾を孕みつつも“いわゆるオーソドックスな古本屋”になりたいとは思ったことは一度もなく、古本を扱いつつ、しかし古本屋たる自覚が希薄な古本屋としてこの仕事について考えている毎日。

 本や雑誌が売れなくなったと言われ、全国的に本屋が無くなりはじめ、繁華な街中の大型書店くらいでしか本が買えない現状、けれどもネットではどんな本でも買えるという現状も並行してあり、いったい本は売れないのか、それとも本を買うという、そのシステムが変わったというだけのことなのか、なんだかよくわからなかったりする。

 ま、実際、本を売っていて、本は売れるなーという実感があるかと言えばこれはとても難しい話。売れると感じるときもあれば売れないと感じるときもある。あたりまえですが。相対的にしか言えないのは当たり前として、それでも本というモノ(商品とは言いたくない)に希望を持ち続けている。

 本よりも利幅の多い雑貨にシフトせざるを得ない状況も現実的にあり、どこの店でもそんな風になっているし、うちも少しだけそうしようと思っている。これまで控えていたネットでの販売も視野に入れざるを得ず、でもしかし一冊一冊を手渡しで、なにがしかのつながりが持てるかたちで売りたいという気持ちは、こうして毎日本を売り買いしている中で出来上がってきたものなので、そのあたりは肝に銘じて、効率のみの商売本屋にはなりたくないと思っている。

 しつこく言うと、だがしかし売れなければ成り立たず、理想のみでは立ち行かないわけで、矛盾しつつも売らねばならない。効率主義ではなく、逆に面倒くさくても実感を持てるほうがよくて、それで利益も上がる・・・そんな魔法みたいなことができればいいね。いや、そうしないと・・・。

 秘策は無い。無いけど考える。5周年を迎えるときには大々的に花火を打ち上げるつもりで(大ホラ吹きにならぬよう自戒をこめて書いておきます)。

 今日の国分寺は晴れ。明日は定休日です。また水曜日に。

 今日流れているのは、ピアノの曲です。
b0304265_14564432.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-28 14:56 | お店あれこれ | Comments(0)

古本サタデー

 さて土曜日ですな。

 土曜日は毎週SNSにて「古本デー」告知を叫ぶことにしています。なにそれ?という方にご説明するとですね、毎週土曜日は、フェイスブックとツイッターにて今日は古本デーですよーと叫んでいるのです。毎週、土曜日は特別に古本デー。なにか特典があるのかといえばそうでもなく、気持ちは上向きです、くらいですかね。

 この古本デー、叫び始めてから1年くらい経ちますかね。いや2年くらい?もう忘れちゃたけど、元々は、たとえばバレンタインデーとか肉の日とかみたいに何かこじつけでもアニバーサリーな感じを出して、古本の日として盛り上がろうという思惑だったわけです。

 そしてそんな話を古本屋仲間の飲み会で盛り上がって、うち以外でも三鷹の藤子文庫さんも土曜日には古本デーと叫んでおるというわけです。これが全国展開的に広まって行き土曜日にはどこの街でも古本デーということになれば・・・と。

 て、ここまで書いて以前にもおなじ話を書いたかも・・・と。なんか書いた気がするなー。ああ、歳食って記憶も衰えてきたかも。おんなじこと何度も言うパターン(笑)。

 というわけでとにもかくにも、今日は土曜日、古本デー!もういっちょー!今日は土曜日、古本デー!!ありがとうございました!

 今日の国分寺は曇り時々雨。

 今日流れているのは、R.E.Mです。
b0304265_14515963.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-26 14:52 | お店あれこれ | Comments(0)