カテゴリ:お店あれこれ( 344 )

まだ言ってる

 いやはや暑すぎてしかも眠い・・・。

 かき氷でも降って来ないかなあ・・・サラサラの削れた氷が空から降って来て、辺り一面クーラーほどよく入ってます的涼しさに包まれる・・・。そんなわけないか。

 かき氷といえば、小豆とミルクですかね。抹茶も少々。しろみつで。はー、サクサクといただきたいですなー。あと、夏ならやっぱところてんですかね。ツルッと。和がらしきかせて。

 ま、それはいいとしてアド街、あっという間でした・・・(まだ言ってる)。瞬間風速コンマ何秒って感じで(笑)。20位でも200位でも、とりあげていただけてよかったです。おかげさまではじめてのお客様も、観たよって言ってくれます。

 お店も少し、棚や什器の位置を移動したりしてカスタマイズしてみたので、雰囲気も変わったと思います。とはいえ変わったと思っているのは自分だけで意外とみなさん頓着してないか(笑)。移動の時、本を台の上にどさっと山積みで置きっぱなしにしていたんだけど(ほんと一時的に置いていただけ)、なぜかみなさんその山が気になるらしく、きれいに並べ終わった棚の本を見てくれればいいのに、その山に近づいてきて何とか崩さないように下から引っぱり出そうとする(笑)。

 けっこうそんなお客様が多いので、これは何か本能的なものなのか(笑)。そこからいろいろ考察できて面白いんだけど、できたらきれいに並んでる方でお願いします(笑)。

 さて暑いのは当たり前ですから、そろそろ本気だして頑張りましょう。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、「オ人形ダイナ」です。
b0304265_15171978.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-19 15:17 | お店あれこれ | Comments(0)

本棚に並ぶ本は整然としていたほうがいい?

  棚の入れ替えなどしていたその日の晩、どう並べればいいかなと考えていると、フッと気が付いたことが・・・。

 並べ替えをしていると、いかにきれいに並べるかとか、いかにそれらしいアイテムで揃えられるかなどと考えがちになるけれど、ほんと、きれいならいいのか?ていうか整然としていれば美しいのか?という疑問が。

 白っぽい本(新しめの本)で、なおかつ白地の装幀でシンプル系のデザイン、タイトルなどは明朝体、派手でなく控えめな本をそれっぽく並べてみるとなんだかおしゃれな感じ。しかも面陳など入れてギュウギュウ詰めはしない。本も上品なものばかりで揃えて。

 そのコンセプトで店内を作ればいいのではないか?と一瞬思うのだけれど、ほんとそれでいいのだろうか?と。なんだろう、例えばよく言われるように腸内の菌は善玉菌と悪玉菌のバランス次第だと。本も上品なものばっかりではだめなんじゃない?もちろん下品な本も、ということではないけど、毒も少々必要なのではないかと。毒であっても少量なら劇的に効く場合があるから。

 やっぱ棚はカオスでないと。しかも異彩を放つ一冊が差し込まれていてほしい。そんなことをフッと思ったわけですよ。きれい、カテゴリ別、アイウエオ順、それでもいいんだけど、棚は棚で独自のオーラを醸し出してほしい。オシャレだけでは成り立たない異次元棚を作り、まどそら堂的個性を。ま、そこが難しいところなんだけれども・・・。

 今日の国分寺は晴れ。今日も暑いです。明日は定休日なのでお休みします。また水曜日に。

 今日流れているのは、ガンズ&ローゼズです。
b0304265_14502589.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-17 14:50 | お店あれこれ | Comments(0)

遅くなりました

いやいや遅くなっちゃいました!スミマセ〜ン!
突然髪の毛を切りに行っちゃってこの時間に。
結構ロン毛だったのでもう少しのばして70年代のロッカーみたいにしたかったんだけど、もうこの暑さに負けて切っちゃいました。
冬場にまたのばしてロン毛したいと思います。
そんなわけで、またー!
明日は定休日です。また水曜日に。
今日の国分寺は晴れ。
今日流れていたのは昨日と同じくクラフトワークです。

p.s. 家で副店長のアイパッドを借りて書きましたw
b0304265_21523984.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-10 21:54 | お店あれこれ | Comments(0)

店内レイアウトをどうにか・・・

 またまた店内レイアウトの変更をしたくなってきた・・・つまり模様替えですかね。

 本棚を動かしたりたり本箱を移動したりと、色々やり始めると収拾がつかなくなるんだよねー、ほんと。でもまだ店内の動線が上手くない気がして(奥まで回遊しづらい配置?)、スムーズに全体及びディティールが見られるような配置にならないもんかと。

 お店の入り口側半分くらいで回遊し終わるお客様が多いので、もー、奥までずずずいっと入って来ていただいて、くまなく本を見てもらいたいので、すすすーと入ってきてしまう動線を。

 マンガ好きのお客様は速攻で奥まで来るんだけど(笑)。やっぱカテゴリ分けの棚に固執しないで、棚全体で色々混在してるのがいいのかなーとも思ったり、本の体裁は置いといて、関連図書の連なりで構成するか・・・。

 ま、とにかくこだわり過ぎてもよくないし、かといってつまんないのもなー。おお、こんな本があったんだーと気が付いてほしい本をうまいこと手に取りやすいような配置で、絶妙に置ける才能が欲しいもんです。都心のお店に行って勉強してきますかね・・・。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、クラフトワークです。
b0304265_14421693.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-09 14:42 | お店あれこれ | Comments(0)

グッチーな今日

 蚊がいるなー・・・。さっきからブーンと。

 喰われやすいんだよね、蚊に。こんな細ほその体から血吸うのやめてほしいんだけど・・・。もっとふっくらとした人から吸えばいいじゃん・・・。って蚊に言っても通じないしなー。

 蚊ならまだ許せるけど、人間だとほんといやだなーと。人の血を吸うような仕事をして平気な人間ってのは、許せないというよりやっぱ関わりたくないわなー、ほんと。あーあ。

 昨夜は何か消化不良を起こしたのか、突発的下痢と嘔吐でどうなっちゃったかと思うようなひとときが未明にあり、今日はどこか力が入らないので、さっきの蚊もこんな状態の体から血吸わなくとももっと健康な人の血を吸えばいいのだよ・・・と。

 昨夜の滝のような雨で体全体がビショビショになり、それでも家に帰るだけだったからよかったけど、あれでまだ仕事中の人だったら大変だっただろうなーと。日本中を洗い流していったかのような台風。ぼくの澱んだ気持ちも洗い流してほしかった。昨日は夢見も悪くて。

 さてそんな愚痴ばっかりではこれを読んでくださっている皆様に失礼なので、ここで良いお知らせを。来たる7月7日(金)七夕の日に、碧野圭さんの『書店ガール6』が発売されます。『書店ガール』読みましたか?テレビドラマ版を観たという人も多いでしょうが、やっと最新作が明後日発売です。この『書店ガール6』、読めばわかりますが、国分寺ブックタウンがらみの話が出てくるみたいです。しかも・・・。ん?それはまだ言えませんがとにかく読めばわかります!読んだらすぐ報告しますけどね、皆さんも新刊本書店にGO!

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは押尾コータローです。
b0304265_13501159.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-05 13:51 | お店あれこれ | Comments(0)

七月の雨・夏場のまどそら堂

 以前にも七月の雨というタイトルでブログを書いた気がするが、雨という言葉も七月という言葉も両方とも好きなので、ダブルで好きな言葉なのでうれしい。だからどうしたってわけでもないですが。

 それにしても早いものでもう一年の半分以上過ぎている・・・。今年のまどそら堂はどうなんでしょう。今月はブックタウンのミーティングがあるくらいで、イベントらしきことはない予定(なんかあったっけ?)のはずなので、お店のメンテナンスというか本の整理とかバックヤードをなんとかするとかそんなことに時間を使う月になりそう。

 そうだ、まだお知らせしてないことで結構派手なイベントがありました・・・今月半ばあたり。その件についてはもう少し迫って来てからということで。それと6月のまどそらのこどもてつがくですが、大好評ということで第2回も決まりました。こちらも主催者のこさかさんから近々発表されると思います。

 8月は「真夏の東京蚤の市」がありますので、そちらに全力投球することと、お店を生き生きさせるよう工夫をすることなど、やることはいっぱい。ですから暑いだのジメジメするなどと言ってる場合ではなく体力つけて乗り切らないと。おお、そうだ、それと夏は縁日風のイベントを考えていますよー。

 ま、そんな感じのスケジュールとなっています。夏場のまどそら堂、どうぞよろしくお願いいたします。

 今日の国分寺は雨。お知らせ:本日の営業は18時までとさせていただきます。

 今日流れているのは、ライ・クーダーです。
b0304265_1330759.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-07-01 13:30 | お店あれこれ | Comments(0)

曇り模様の一日

 蒸し暑いですな~。雨が降って涼しくなるかと思ったら更にムシムシしますなー。

 こんな梅雨がひと月以上続くわけですから、体調もすぐれませんよ、ほんと。更に眠くてねー、ほんとバタッと倒れそうですよ。

 スカッといい気分になるような本でも読みたいですが、そんな本はありませんな(笑)。あー、そんなこと言っちゃって。なくてもあるくらいのこと言わないと。本屋なんですから。

 暇そうだねーなどと言われてムッとしてもグッとこらえつつ、いらっしゃいませーと腹から声を出してるつもりでも上ずってたりする今日この頃。もーそんな毎日が楽しくて楽しくて、残業も厭わず働くわけですが、はい、今日は残業ねって自分が自分に言うわけだから一人ブラック零細企業ですかね、ほんと。

 お店閉めた後、フラッとほんやら洞辺りで一杯呑んで帰るってのもいいんだけど、このところ帰りが遅くなっているのでなるべく早いうちに帰ろう、そして早めに寝ようなどと生活じみた気持ちも膨らんでくるわけで、結局速攻で電車に乗る今日この頃。

 最近のささやかな楽しみはシンプルな醤油ラーメンを食べに行くことくらい。ビールと共に。

 そんな風に今日も今日とて一日がはじまり、そして終わる。それがいいんですけどね、結局。では今日もがんばりますかねー(ていう割にゆるい今日この頃)。

 今日の国分寺は雨時々曇り。

 今日流れているのはピアノの曲です。
b0304265_14301498.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-06-30 14:30 | お店あれこれ | Comments(0)

梅雨を楽しもう

 今日は雨予報だったけど陽が出ているよ!それでも鬱陶しい梅雨はもうしばらく続きます。夏が待ち遠しいですな。

 梅雨が鬱陶しいと思うから鬱陶しいわけで、梅雨を楽しめばいいわけですな?紫陽花の葉にカタツムリ、子どもたちの小さくて黄色い雨傘、しとしと降る雨を見ながらのコーヒー。梅雨を味わえばいいんですな?

 アンニュイな気分に浸って。曇り空から落ちてくる雨粒を何気に見続けて、手をかざして雨粒を受け、傘もささずに軒下から出て天を見上げたり。

 いいじゃないですか。そんな感じ。梅雨を感じよう。

 それでもやっぱカラッと晴れてる夏が待ち遠しい。入道雲とセミの声。ひまわりとかき氷。風鈴の音。遅くまで暗くならない夏の宵にお散歩。冷たいビールと枝豆。ああ、夏が待ち遠しい。

 ま、そんなこんなでいずれ梅雨明けもやってきます。それまで梅雨を楽しみましょう。こんなときは古本屋でしっとりとした時間を過ごしませんか。梅雨ですねーなんて会話をしながら。夏休みの話なんかでも。

 今日の国分寺は曇り時々晴れ。雨は夜かな?

 お知らせ:明日は定休日です。それと明後日の28日(水)も臨時休業させていただきます。2連休となります

 今日流れているのは昨日と同じくビートルズです。
b0304265_13413695.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-06-26 13:41 | お店あれこれ | Comments(0)

「真夏の東京蚤の市」に出店します

 まだ先の話ですが、8月19日(土)と20日(日)の二日間、大井競馬場にて”真夏の東京蚤の市”が開催されます。手紙社さん、夏にも企画してくれました。というわけで、まどそら堂も出店させていただけることになり、秋の東京蚤の市の前に、真夏の東京蚤の市です。

いつもの調布の京王閣なら近くていいんだけど、大井競馬場って都心の向こう側だよね(笑)。遠いなー。でも夏バージョンで終わり時間が遅いので、夏の夜の夕涼みというかお祭りというか、浴衣でも着て行きたい感じ?だったりして。

 夏向けの本を集めとかないと。涼しげな本ってどんな?よくわかんないけど、あるんでしょうな、そんな感じの本。ディスプレイも夏向きに。スイカみたいな柄とか?それはないか(笑)。あー、でも楽しんでやろうかな。気合いは入れなきゃいけないけど、思いこんだ感じで臨むんじゃなくて、夏のお祭りだよーって、楽しみたい。遊び心を発揮して。

 浴衣着て接客するか?いやー、ほそほそなんで、夏の風物詩の浴衣って感じに見えなくて病院抜け出してきた寝間着浴衣みたいな人だったりして(笑)。ま、やめておこう。関係ないけど、髪の毛伸びすぎて暑い・・・。このまま伸ばしてだらしなく浴衣着て帽子被らずにいれば、落武者的コスプレに見えなくもない(笑)。

 ま、そういうわけでとにもかくにも、真夏の東京蚤の市、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 今日の国分寺は晴れ。暑いです。

 今日流れているのは、マイク・オールドフィールドです。
b0304265_14532372.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-06-24 14:53 | お店あれこれ | Comments(0)

青木まりこ現象についての考察

 青木まりこ現象について考える。

 古本屋においても青木まりこ現象は起こり得るのか?ん?青木まりこ現象って?

 青木まりこ現象とは、本屋に行くとかならず便意を催すという現象のことである。みなさんも一度や二度そんな経験をしたことがありませんか?自分にもそんな経験は少なからずあったような・・・。
 けれども、巷で言われているような、本のインクの匂いが便意を誘発するとか、いや、紙の匂いであろうとか、そんな単純な話とも思えないこの現象。

 それが先日、ひょっとしてこれがそのメカニズムなのではないだろうかと思い至る事象を発見した。事象などというほど大袈裟なもんじゃないけど、ある朝、出勤前に、何かお店で聴くレコードないかなーと、レコード棚を物色していた時のことだった。70年代ハードロック系やプログレのレコードから、おおこれなんかいいかなと引っぱり出したのがホワイトスネイク。ただレコードジャケットに手をかけた瞬間、猛烈な便意を感じてトイレに飛び込んだという・・・。あくる朝も同じような経験をして、ひょっとして青木まりこ現象は、本がどうのではなく、何かを探すという行為、身体的経験を含んだ検索行為が青木まりこ現象のメカニズムなのではないかと思い至ったというわけである。

 それはやはり立ったまま、しかも視覚という機能も重ねつつ、探すという意識を持ち、そして視線を上下左右に動かし探しているうちに脳のある部位が活性化され、そこと連動した形で腸が微細動して、いきなり活発化した腸に刺激され排せつ物が動き出し肛門センサーにスイッチオン。というわけなんじゃないだろうか?

 ぼくはまったく便秘しないタイプなので検証できないんだけど、便秘している人は、まずレコードやCD、または本など、あるまとまった何かの中から一つを探すという行為を、立ったままでしてみたらどうだろうか。効果があればこの考察は正しいのかもしれない。

 ま、だからどうだってわけでもない話でした・・・。お食事中の方、すみませんねー。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは、YASUAKI SHIMIZU & SAXOPONETTES です。
b0304265_17192072.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-06-22 17:19 | お店あれこれ | Comments(0)