雨が降ります国分寺

 しかしまだまだ降るらしいこの雨。

 太陽の光が待ち遠しいなんて思いつつ、ビショビショの傘を下げたまま店内に入って来られるお客様に、どうか傘立てをお使いくださいと頭を下げつつ、湿気を帯びた冷気のままの店内で蚤の市用の本のビニールがけなどを。

 今日は土曜日、古本デー。だからといって割引サービスなどあるわけでもなく、いつもとかわらぬ土曜日なんだけど、気合いだけは入れておこうという意味合いで古本デー。叫ぶだけでも何かが変わるのです。

 それにしてもよく降る雨ですな。秋雨だとはいえ、こんなに降るのもめずらしい。いまクリーニング中の入荷本の中の、70年代の洋児童書が大当たりで、なんだか挿絵とかが最高によくてその本などを眺めつつ、こんな雨の日にゆっくりじっくり読みたいものだなぁ・・・とか思うわけです(読めないんだけどねw)。

 ま、それはさておきお知らせです。明日の日曜日は用事があり、店主はお店におりません。副店長がお店を仕切っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。終日おりませんのでブログもお休みさせていただきます。また月曜日に。

 ではでは、また。

 今日の国分寺は雨。

 今日流れているのは、ブライアン・イーノです。
b0304265_14122059.jpg

 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-10-21 14:12 | お店あれこれ | Comments(0)

コーヒーでくつろぎたい

 梅雨時みたいな、秋雨前線。ブレードランナーじゃあるまいし、毎日毎日この雨ではきついもんがありますな。酸性雨じゃないですよね(笑)。

 寒いので(今日は幾分暖かいらしいが)服の重ね着して体が重い。未来には超薄手の生地で着ているのか裸なのかわからないくらい軽い服ってできていそうですが、そんな冬服欲しいです。

 ま、それはいいとして、こんな雨の日はコーヒーなどを飲みつつ寛ぎたいもんです。と言いつつ今朝は豆を挽き、美味しいコーヒーをいれて飲みましたが、朝、出先で時間調整の為カフェでまたコーヒーを飲み、また午後のコーヒーでもいれようかな・・・というところ。

 ちょっと飲み過ぎですかね?いつもはそんなに飲みませんが・・・。

 遠くへ出かけるとたまに無性にコーヒーが飲みたくなりますが、そんなときに美味しいコーヒーに出会えるとうれしくなります。ま、家で淹れるコーヒーがいちばんうまいんですが(自画自賛)。

 雨の午後、古い喫茶店の古びた窓の横の席に座って、ガラス窓を伝う雨粒を見つめながら飲むコーヒー、いいですなー。北口のでんえんですかね。行きたいけど仕事中(笑)。今度休みの日に雨が降ったら行きましょうかね。

 みなさんもなんだかコーヒー飲みたくなってきたでしょ?そろそろコーヒーで寛いでください。

 今日の国分寺は雨時々曇り。

 今日流れているのは、フランク・ポールです。
b0304265_14212864.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-10-20 14:21 | お店あれこれ | Comments(0)

夕日を追いかけて

 高校3年生の冬。冬っていっても11月くらいか、いや、今ぐらいか?そうだね、今ぐらいだと思う。じゃあ秋かな。
 
 学校が終わると部活(美術部)には出ず、速攻で海まで行って、海に沈む夕日をスケッチするという、17,8歳ならではのセンチメンタリック衝動ともいうべきか、そんなことをしていた。

 そう、たった数回だったけど・・・。いつもは部活で時間ギリギリまで学校にいるって感じだった。Iくんという同級生と二人でとにかくチャリをこぎまくり、必死こいて海まで走る。この季節はすぐ夕日が沈むので、学校終わってすぐ行かないと間に合わないのだった。

 学校から海まで自転車で行くなんて馬鹿げていると思えるくらい相当な距離があり、今だったら絶対行かないけど、当時は夕日が海に沈むシーンを見たくてしょうがなかった。何故なんだろうね。天竜川沿いの道を汗をかきつつ、手はかじかむという熱いのか寒いのかよくわからないままひたすら走る。海に到着すると、川の入り江から海岸沿いにめぐらされた防波堤に這い上がり、半身を海側に投げ出し遠州灘に沈む夕日をみつめる。辺りはオレンジ色に染まって、水平線の上をたなびく雲だけが青みがかったグレーに。

 呆けたように夕日を見つめたら、おもむろにスケッチブックを開き、パステルで速攻描き。パステルと、ゆびと、手のひらでグワーっと。あっという間に沈んでしまうから夢中になって描く。とはいえ対象はだだっ広い海と空、半分沈んだ太陽とたなびく雲があるだけ。いくら描いても何枚描いてもほぼおんなじ絵になってしまうのだった。

 永遠にゆらぐ波間と、夕日の赤が同調して混じり合うその色合いは、時間を飛び越えた何かを感じさせてくれて、たとえば無いとか在るとかそんなことまで考えてしまいたくなるようなそんな時間だった。17年しか生きていないのにずーっと存在していたような気になって、いまここに在るすべてはこのオレンジ色というか濃いバーミリオンの世界の中で生まれたんだという、何だか突拍子もないそんな気持ちになったのだった・・・だって若かったからね。

 東村アキコの「かくかくしかじか」を読んだことと、今の時期だったなーということで、そんなことを思い出したんだけども、今の自分にはその描きたい衝動がまだあるのかないのか?どっちかな。

 今日の国分寺は雨。どしゃぶり・・・

 今日流れているのは、リー・オスカー→ブラックサバス→ポール・ウェラー・・・です。
b0304265_1544234.jpg


 

 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-10-19 15:44 | 美術あれこれ | Comments(0)

のんびり国分寺

 久し振りに晴れましたねー。

 今日は一週間ぶりくらいの晴れ間。洗濯するしかないですな。さきほどあたりから薄雲が広がってきて、スカッとした晴れではなくなってきたけど。それでも降り続いた雨の鬱屈を振りほどいてくれるようで。

 昨日は定休日だったんだけど、小金井警察署で古物講習会があり、午後はてくてく歩いて小金井まで行ってきました。途中、東経大のキャンパスを歩き、学生気分を味わい(全然学生に見えないけど)、裏から出てまっすぐ小金井へ。

 無事講習会を終えて同じコースを戻り、今度は東経大の裏門から入り、そのまま表玄関から出るコースを歩いていたんだけど、せっかくここまで来たのだからと、食堂のある建物にちゃっかり入って、新しくできたキイニョンさんで栗カボチャのスコーンを買ったりして。

 なんだかきれいな建物でしかもおしゃれな空間。キイニョンさんも雰囲気ぴったり。学生さんたちはそれぞれテーブルでスコーンを食べながらダべってました。時間がもう夕方近かったせいか、学生さんの数も少なく、のんびりした空間になっていました。

 東経大さんは街に開かれた大学なので食堂でご飯も食べられます。ま、授業には出られませんが。昔なら”モグリ”っていって勝手に授業など受けていたりするニセ学生もいたんだけど、さすがにこの時代にはそんな人はいませんなー。若けりゃばれないかもしれないけど・・・。

 お店に戻ってきて、本の整理でもしようかなと思ったけど、時刻も夕方だしせっかくの定休日なのでそのまま帰りました。曇っていてどんよりとはしていたけれど、晴れにつながる曇りだったせいか、どこかのんびりとした国分寺でした。

 今日の国分寺は晴れのち曇り。

 今日流れているのは、サキソフォンの曲です。
b0304265_14371623.jpg


 
[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-10-18 14:37 | 国分寺あれこれ | Comments(0)

新入荷情報96

 本日は入荷情報です。よろしくお願いいたします。

【文藝】
「若冲」澤田瞳子/文藝春秋/2015年/1刷
「櫛挽道守」木内昇/集英社/2013年/1刷
「リーチ先生」原田マハ/集英社/2016年/2刷
「過ぎ去りし王国の城」宮部みゆき/角川書店/2015年/初版
「あやし」宮部みゆき/角川書店/平成12年/初版
「スワンソング」大崎善生/角川書店/平成19年/初版
「風立ちぬ 定本」堀辰雄/ほるぷ出版/昭和57年※復刻版
「鍵」谷崎潤一郎/中央公論社/昭和32年/8版/函

【ちくま文庫】
「荒涼館1」C.ディケンズ/青木雄造・小池滋訳/ちくま文庫/2015年/8刷
「荒涼館2」C.ディケンズ/青木雄造・小池滋訳/ちくま文庫/2011年/4刷
「荒涼館3」C.ディケンズ/青木雄造・小池滋訳/ちくま文庫/2013年/5刷
「荒涼館4」C.ディケンズ/青木雄造・小池滋訳/ちくま文庫/2013年5刷
「とびきり愉快なイギリス史」ジョン・ファーマン/尾崎寔訳/ちくま文庫/1998年/4刷
「発明超人二コラ・テスラ」新戸雅章/ちくま文庫/1997年/1刷
「色の道商売往来」小沢昭一・永六輔/ちくま文庫/2007年/1刷
「思いちがい辞典」別役実/ちくま文庫/1999年/1刷
「いやげ物」みうらじゅん/ちくま文庫/2005年/1刷
「情報編集力をつける国語」藤原和博・重松清・橋本治/ちくま文庫/2007/年1刷
「解剖学教室へようこそ」養老孟司/ちくま文庫/2005年/1刷
「代替療法ナビ」上野圭一監修・有岡眞編著/ちくま文庫/2005年/1刷
「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」遙洋子/ちくま文庫/2005年/3刷
「トヨタの闇」渡邉正裕・林克明/ちくま文庫/2010年/1刷
「英後はこんなにニッポン語」ロビン・ギル/ちくま文庫/1989年/1刷
「おんなたちの町工場」小関智/ちくま文庫/2001年/1刷
「数学に魅せられた明治人の生涯」保阪正康/ちくま文庫/2012年/1刷
「世界がわかる宗教社会学入門」橋爪大三郎/ちくま文庫/2006年/1刷
「湯船に落ちた猫」吉行理恵/ちくま文庫/2008年/1刷
「目玉と脳の大冒険」荒俣宏/ちくま文庫/1992年/1刷
「悪人礼賛 中野好夫エッセイ集/ちくま文庫/1990年/1刷
「ことばが劈かれるとき」竹内敏晴/ちくま文庫/2002年/11刷
「思想の中の数学的構造」山下正男/ちくま学芸文庫/2006年/1刷


 今日の国分寺は雨。いつまで続くんでしょう・・・。明日は火曜日なので定休日です。また水曜日に。

 今日流れているのは、カーペンターズです。
b0304265_13411418.jpg

[PR]
# by yoshizo1961 | 2017-10-16 13:41 | 入荷情報 | Comments(0)