2017年 09月 21日 ( 1 )

コンビニ人間、読んでみた

 村田沙耶香の「コンビニ人間」、読んでみた。

 以前の作品を読んでいないので、村田さんがどういう感じの作家さんなのかわからないけど、この作品のみで推測するに結構冷徹そうな作風の作家さんなのかなと。

 小説のテンポは速いし長さも短いのでたったか読めてしまう。のめり込む、というよりのめり込まれる、って感じ。読後感がいいわけでもなく、うーむと唸りたくなる内容だが、これって小説の構造が特異なのかなと。最初はコンビニに焦点を合わせて社会性なんかについて掘り下げてる話かなと思って読んでいたら、これはある意味ホラーなのかもと。

 サイコパスって言ってしまえば簡単だが、なんだろう、一般的な普通の社会性と独自な視点での社会性のずれを淡々と描いているだけなんだけど、自分はどっち側なんだろうって。でもその構造が小説の中でうまいことできていて、取り込まれちゃいながら読んでるっていうか。普通の話かなーって読んでたら、ん?って。それが増幅してきて、あー、これってそういう話ですか・・・って。

 “餌”って言葉がリアルだったなー。いまひとつまとまらない感想でした。
 
 今日の国分寺は晴れ。秋晴れの一日。

 今日流れているのは、サキソフォンの曲です。
b0304265_15338100.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-09-21 15:03 | 本あれこれ | Comments(0)