2017年 01月 27日 ( 1 )

『羽衣ミシン』がいい

 小玉ユキの『羽衣ミシン』を読む。

 『坂道のアポロン』以来、小玉ユキファンになったので、今回は『羽衣ミシン』を読んでみた。あの天の羽衣みたいな話だということはあらかじめわかっていたが、やっぱそのままだった(笑)。

 しかし、面白い!ていうか、かわいいね。それにしても小玉ユキは絵が上手い。表情を描き分けるのが上手いなあと思う。特徴的なのは“目”かな。光の部分が無くて黒ベタの目。平面的に見えるあの目がいい。ほっぺの斜線もかわいいのだ。

 『羽衣ミシン』の美羽ちゃんみたいな娘は、たまにいそうな気がする。うちのお店にもそんな感じの雰囲気をまとった娘さんがたまに来たりする。不思議ちゃんていうんですか?そんな感じの。今度そんな娘さんが来たら、あなたは白鳥ですか?って聞いてみようかね(笑)。

 惜しむらくは1巻だけで短いんだよね。ま、天女の羽衣系だから、シンプルに儚い系なので長々と引っ張れないけど。帰らなきゃいけないしなー。けれども面白かった。はかなくて泣けそうだけど。これまた紹介するにはタイムリーな時期をとっくに外していますが、小玉ユキの『羽衣ミシン』、おすすめです。

 今日の国分寺は晴れ。暖かいのか寒いのか・・・

 今日流れているのは、ブライアン・イーノです。
b0304265_14384345.jpg


 

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2017-01-27 14:38 | マンガあれこれ | Comments(0)