2016年 02月 09日 ( 1 )

冬の朝の風

 今朝は少しのんびりしすぎて、こりゃいかんと家を出た途端、目の覚めるような青空と突き刺すような朝方の強めの風が顔にあたり、駅まで急ぎながらもなんだか幼い頃の冬の懐かしい日を思い出す。

 冬のこの時期は家の近所の田んぼで凧揚げをして遊んだ。お盆のとき家の軒先に飾る花の飾りの竹の心棒をとっておいて、その薄く裂いた細い竹の棒を井桁に組みタコ糸で結び構造を作ると、障子紙を貼り、水彩で自分の名前の一文字を大きく描き、障子紙を短冊に切ってつなげた尻尾(尾ひれ)をつけ、糸目を調節して田んぼのど真ん中で勢いをつけて走ると、この冬の風に乗ってグングン上がってゆく。

 田んぼの稲の切り株は鎌で鋭く切られているので、乾燥して黄土色になった切り株が走るたびに足の裏に突き刺さり、月星のゴム靴を履いていても痛かった。凧の上がり具合を確かめながら後ろ向き気味に走るので切り株につまずいてすっころんだりしながら、人の家の田んぼを走りまわっていると近所のオヤジに怒られたりして、いまだになんで怒られたのか腑におちないが、ともかく田んぼはガキどもの恰好の遊び場であった。

 春になればレンゲが咲き乱れ、夏になれば蛍が舞う。もちろんそんな風景は子どもの頃の話で、いまはほとんどが住宅になり、田んぼだった面影などひとつも残っていない。

 けれども今朝の冬の風の冷たさと抜けるような冬の青空に出逢うと、子どもの頃感じた冬と重なり合って、いくつになってもあの頃の風を思い出す。齢をとってなおさら感ずる冬の風。早く暖かくなってほしいけど、こういう寒さも悪くないと思える朝であった。

 今日の国分寺は晴れ。昼近くなって暖かい。先日お知らせしましたが、明日は明後日の祝日と振替でお休みです。明後日の11日(木)、営業します。

 今日流れているのはビートルズ。赤い2枚組です。
b0304265_1357280.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-02-09 13:57 | 国分寺あれこれ | Comments(0)