2016年 02月 01日 ( 1 )

どうせハゲですよ10「落武者」

  先週の木曜日のこと。

 朝、眼が覚めて、すでに起きていた副店長(まぎらわしいですが妻です)が、私を見るなり蒼ざめた表情で「落武者かと思った・・・」と言うではありませんか!どうやら斬バラ髪と、寝ている時まぶたが半開きになっていて、しかも白目をむいているらしく斬首が転がっているように見えたそうです(泣)。

 たしかに昨年の夏に散髪して以来、そのまま伸ばしっぱなしでなにもしていなかったので、ただ無駄に伸びているだけ状態であったのは間違いありませんが、落武者とか斬首とか言われようがひどいので、お店も定休日だということもあり髪を切りに行くことにしました。

 いつものように「短くして」と言うだけでちゃんとわかってくれている先生がバサバサと切り込んでいきながら世間話の合間に髪型の話で盛り上がり、今度は長髪のままで頭頂部付近から下まで段々に短くして60年代ヒッピー風&フォーク歌手風にしようかなと話していたら、だったら今そうしたらいいのにと言う先生に、もうすでにバサバサ切った後じゃないか!と突っ込むとギャハハハと笑っていました。

 それよりも毛が多く見えるようにカットするのが先生にとって第1番の至上命題なので、あれやこれやと切ってはみるものの、カットで毛が増えるわけもなく、せめて横わけにすると目立たないよと一生懸命横わけにしようとするので、横わけはきらいなんだよね、と言うとそれは固定観念にとらわれ過ぎでいろいろやってみていいんです!と力説するので、横わけがきらいなわけじゃなくてポリシーとしてやりたくないんだよね、と言うとそうですかと前髪もバシバシカットするのでありました。

 家に帰って来て鏡で見ると短くなったサイドあたりの白髪がとても気になるので、夕飯後にヘナで染めることに。いつもはモクラン入りの黒く染まるタイプのヘナで染めますが、残りが少ししかなく、しかたなく普通のヘナで増量して染めてみたら、あー!染まったことは染まったんだけど、黒じゃなくてヤンキーなまだら茶髪に!茶髪はきらいじゃないけど、オヤジの茶髪は見るに堪えず、うううっと唸りながら日々を過ごしています。いつも帽子を被っているのでだれにもそんな状況はばれていませんが、ちょっと憐れんだ目で副店長が見るので、今夜にも染め直そうと思っています。

 ただ髪の毛の話でこんなに書いてどうするのかと、たまに思いますが読んでくれているみなさん、ありがとうございます。髪の毛は大事・・・ですよね?

 今日の国分寺は曇り。ど寒いですな。

 今日は今なにも流れていません。こういうときもあります。
b0304265_15555291.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-02-01 15:55 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)