2015年 04月 10日 ( 1 )

星新一の言葉

 皆さん、星新一好きですか?

 本好きでなくても星新一は読んだことがある、という方は多いと思う。たぶん大人になる前に。なにしろ書いたショート・ショートが1000以上だというし。そんな星新一について言いえて妙な、本人の言葉が。・・・私の書いたものは七五三の千歳飴みたいなもので、一定の年齢になると読んでくれるが、それ以後は見向きもされない。

 僕も初めて読んだのが中学生の時で、それ以後そんなに読むことはなかった(最近たまに読むんだけど、やっぱり面白い)。前述のような本人の言葉を集めた「STAR WORDS 星新一の名言160選」江坂遊・編を開くと、作家本人の本音や思いを垣間見ることができて興味深い。

 ・・・「想像力は知識よりも重要である」とはアインシュタインの言葉だが、科学の本質は合理的な思考力と想像力の二点につきると思う。「あれこれ考える」より

 まさにその通り。簡単だけどそうなのだ。

 ・・・空想にひたるのは、ひとつの楽しみだ。私は読者に、その面白さを味わってもらうような小説を書いてきた。文庫本が売れつづけているということは、成長の過程で、そのようなものに興味を持った時期があるということだろう。「空想の楽しさ」より

 多感な年ごろには空想がともだちだったような・・・。

 そして作中からこんな言葉も。

 ・・・せっかくの人生です。不運をなげきつづけて送っても一生ですし、幸運を喜びながらすごしても一生ですよ。「猫と鼠」より

 ・・・そうだよ。みんながみんな偉大なことを完成するとは限らない。完成できたほうがいいにはきまっているが、できない人だってあるんだ。わたしは失敗に終わってしまった。しかし、完成を心にえがきながら、ずっと楽しく生きてきたよ。楽しく生きてきたような気がするだけかもしれないがね。これでいいのだろう。「ブランコのむこうで」より

 きっとこんな言葉が、多感な心には染み入るんでしょうな。というわけで、また読みたくなってきませんか?星新一。齢を取ってから読んでもいけますよ。

 今日の国分寺は曇り。夜から雨だそうです・・・

 今日流れているのは、フランク・ポール。ポコポコしてますな・・・
b0304265_14454670.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-04-10 14:45 | 本あれこれ | Comments(0)