洋書絵本です

 洋書絵本がまとまって入荷したので、クリーニングとビニールがけをしつつ、それぞれの本をじっくり眺めていると、やっぱこうした洋書の絵本にはどこか独特な味わいがあるもんだと感じてしまうのだった。

 英語中心(フランス語やドイツ語の絵本も混ざっている)の絵本であるから、すんなり読めるわけでもない(ていうかほとんど読めないw)。なのに大体は理解できるところが絵本のいいところ。それに言葉がわからないからこそ想像も膨らむというもの。

 しかししかし洋書絵本はそんな意味ではなく、その佇まいがいいというところがいちばんの魅力かな。古いものは色が褪めて味わい深くなっているし、擦り切れたり、角っこが丸くなってたり、そんなところも優しくなっている感じで、飾っておくだけでもいいですな。

 読めずとも味わえるちょっと古めの洋書絵本。お部屋に一冊いかがですか。おすすめですよ。

 今日の国分寺は曇り。雨はまだ。今日からお盆休みですか?世の中お休みモードなんですな。

 今日流れているのも、ブライアン・イーノです。
b0304265_14142169.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-08-11 14:14 | 本あれこれ | Comments(2)
Commented by peko2nd at 2017-08-12 20:56
まどそら堂さん、こんばんは。
昨日の閉店間際にお邪魔したものです。

いろいろと教えてくださり、ありがとうございました。

初めての国分寺は素敵なところでしたので、訪問記を私のblogに書きました。
まどそら堂さんにも少しご登場いただきました。(事後承諾いただけますでしょうか?)
http://peko2nd.exblog.jp/

たまたま、まどそら堂さんと同じexcite blogでしたので、フォローさせていただきました。
今後とも「国分寺日記」を楽しみにしております。
Commented by yoshizo1961 at 2017-08-13 12:43
peko2ndさま こんにちは!コメントありがとうございます。昨日はお店にお越しいただきありがとうございました。pekoさんのブログも拝見しました!取り上げていただきありがとうございます。ラビさんに会えてよかったですね!サインも!ぜひまた国分寺にお越しくださいー!
<< 古い本の魅力 この夏のお盆休み >>