メンドクサイなんて言わないで・・・

 世の中で生きて行くのは、そもそも面倒くさいことなんだよ、と誰かが言ってた。

 人と関わることが面倒くさいんだよ、だから会社辞めたり、学校に行かなくなったり、近所づきあいをしなかったりするわけで。そういう人は旅に出たりするんだよ、何かを求めてというより、関わりが希薄な状態に居たいだけなんだろうね。

 こうも言ってた。だから何かをやりたいと思ったら、もっと積極的に人と関わらなくちゃいけないから、思いっきり面倒くさいことになっていくわけで、その面倒くさいことに身をさらして毎日生きて行く覚悟をするしかないんだよ、と。

 たしかに面倒くさいことかもしれないね。あれもこれもやりたくて、あれもこれもしようとすれば。そこを引き受ける覚悟が確かに必要なのかもしれない。面倒くささがやりがいに変わるのかもしれないし。ていうかそこまで何か必死でやっているだろうかと考えてみると、そこまでの覚悟はできていないのかなぁとも思う。

 なんでこんな人生指南みたいな話をしているのかというと、ま、そんな本の広告を新聞で見たから(読んだ、じゃなくて)。世の中や人生は、こんな風になっているからこうしてみなさい的な啓蒙がかった本を読む気にはならないけど、売れていたりするのかね・・・。

 たしかに面倒くさいことはいっぱいあるよ。ほぼ全部、面倒くさい(笑)。面倒くさ-い!大きな声で言ってみたいときもある(笑)。それでもわたしは立ち向かい・・・ってポジティブシンキングな話になっていくと思いましたか?そうでもないです(笑)。でも気がついたら面倒な時が過ぎていた、という過去視的な感覚で捉えられればいいなと。面倒くさいことはもう終わった!という時が来るわけですよ、ほっといても。そしてまた新たな面倒くさいが始まるわけですけど。「面倒くさいからこそ人生だ」と。そういうことですな。

 何言っているのかわからないですか?実は僕もよくわかりません(笑)。うーん、なにか言いたかったんだけどな・・・。ま、こういうときもあります。

 お知らせ:明日の日曜日は用事があり、ずっと出ずっぱりのためブログを書くことができそうにありません。また月曜日に。お店の方は副店長がいますのでちゃんと開いてますよ。


 今日の国分寺は曇り。風が強いです。

 今日流れているのは、ピアノの曲です。
b0304265_14401566.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-04-15 14:40 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)
<< 「サン・ジョルディの日」に オルゴールメリーの幻惑 >>