アーカイブス・ウィーク①ちいさなお客様

 今日から1週間ほど、アーカイブス・ウィークと称して、これまでのブログの中から選んだものをお送りします。東京蚤の市出店準備と、ちびまどの諸々の進行が重なり、月末まで集中してそちらにシフトしますのでどうぞよろしくお願い致します。


「ちいさなお客様」:2013・10・26

 お店のすぐ前にあるバス停では、毎日様々な方がバス待ちをされている。学生さんや仕事帰りの女性が多いが、午後を半ば廻った頃になると子どもを連れた若いママさん(飲み屋ではなく)がちらほらいらっしゃる。   

 たいがいの子どもはバスを待つ時間がもどかしいから、何か遊べるものを探してお店の中を覗き込む。すると私が見ているので、はにかんで目をそらせたりする。それが面白いので、またじっと見ているとニコっと笑う。そんな中いつもお店の前に来ると、にゃーにゃーと猫の声真似をするお子さんがいるので、ある日そっとお店の中から窺がうと以前お店のドアに貼った写真の猫と会話しているのであった。

 そんな子どもたち向けの本を百円均一本箱に入れて店頭に置いてあるので、目ざとく見つけた子どもはママにねだる。買う買わないでやり取りしているうちにバスが来てまた今度となる事が多いが、ママの方が見つけて買って頂ける事もある。そんな時はたいがいママは子どもに百円玉を握らせ、子ども自身に買わせようとする。

 ママに背中を押された子どもは、片方に百円玉を握りしめ、もう片方の手で本を胸に押し付けながらおそるおそる入って来ると、上気した顔で、「くださいな」と言うのだ。あんまり可愛いので、はいはーいと変な受け答えをしながら百円玉を受け取ると、子どもは既にお店の踏み台に腰掛けて本を開き始める。あわてるのは外で見守っていたママの方で、バス来たよーと叫んでも子どもはもう本に夢中・・・。

 お店の中にある絵本は古いものが多いので大人のお客様が喜ばれるが、今の子どもたちが喜ぶのはノンタンだったりアンパンマンなのである。きっと大人になってノンタンを見たら、懐かしく感じることだろう。ノンタン、ありがとうね。


 今日の国分寺は晴れ。

 今日流れているのは昨日とおなじくサキソフォンの曲です。
b0304265_13515128.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-03-23 13:51 | お店あれこれ | Comments(0)
<< アーカイブ・ウィーク②自由な鳥... 中央線なお客様 >>