中央線なお客様

 今日も今日とて一日がはじまる。

 どこからともなくカレーの匂いが・・・。ほんやら洞かな?仕込み中?昔出た中央線のムック本を読みながら、中央線の香りって、インドのお香か、カレーの匂いのような・・・などと考えてみる。

 しかしこの本にもいろんな中央線的な人が出てくるが、やっぱ中央線に住む人々は特別な何かを持っているのか、または全然特別じゃないんだけど、どこかイっちゃっているというか、独自な人々が多いなーと(笑)。

 お店にもほぼ毎日のように、ひとりふたり少しばかり変わったお客様がやって来る(笑)。べつにどこかおかしいということではなく、なんか違う感じの人(笑)。オーラ出まくりの人とか、妙にテンション高い人とか。やっぱ中央線でなければこの感じは出ないんだよねー(笑)。

 そういった、どこか位相のずれた世界が見えている人たちとお話するのはかなり面白い。いやいや、普通なんだよ、ある意味。ただ、自由が丘とか広尾とか、東京の東京たる場所ではちょっと醸し出されないであろう空気をこの中央線の人たちは持っているわけだよ、ほんと(笑)。

 このゆるい国分寺で、アートとかロックとか詩とか熱く語れるなんて、70年代じゃあるまいし、そんなわけなさそうだけど、うちのお店ではなぜかそんな風なお客様比率が高い(笑)。しかもオジサンおばさん世代にととまらず、若い世代にもそんな人たちが結構いるんだよね。やっぱ中央線沿線だから?・・・というわけで中央線すばらしい!というお話でした。

 今日の国分寺は晴れ。今日は東経大の卒業式であったか・・・

 今日流れているのは、サキソフォンの曲です。
b0304265_15214569.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-03-22 15:21 | 国分寺あれこれ | Comments(0)
<< アーカイブス・ウィーク①ちいさ... 新入荷情報92 >>