アンティークのニュー本棚

 先日新しい本棚がお店に登場!

 5段組み・幅が大きめなので両側から本を挿せるのである。棚板を楔で固定するようになっているアンティーク棚。本棚というより雑貨とか、畳んだ服を並べたりするのによさそうだが。

 実はこの棚はちびまど用なんだけど、こちらに持ってきたらなんだか居場所を得てしまって、本棚としてこの場所に固定されそうな雰囲気。お店の中央にデデーンと置いてあるけど、存在感ありありでいい感じ(と、思っている)。惜しむらくは、狭いもんだから通路として機能する最低限の幅しかなく、引いて見られないこと。棚に張り付いて屈伸運動しないと下の段が見られないという・・・。

 その意味でもあと1mくらいお店の幅があればいいんだけどなーと。壁にへばりつくような棚の構成だけでなく、立体的なディスプレイをしたいですな。

 話は変わって、近々、天井近くのモール部分にズラーっと古いレコードなどを並べようかなと。旧店舗では袋に入れて壁にピンでとめたりしてディスプレイしていたみたいに。それは、ほろ酔いが終わってからかな。

 というわけで新しい本棚と、レコードディスプレイ、ぜひ見に来てください。

 今日の国分寺は晴れ。明後日はほろ酔い夜話ですよー。

 今日流れているのは、押尾コータローです。
b0304265_1525732.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-02-08 15:03 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 筋肉モリモリ棚 昭和なレシピ >>