趣味は切手集め!?

 昭和な子ども(主に男の子)の趣味と言ったら、切手集めだったような。

 もちろんその頃の一時期、自分もせっせと切手集めにいそしんでいた。とはいえ、高価な切手を買えるわけでもなく、今思い出そうとしても全く思い出せないが、ま、普通の郵便切手を少し買い、友達どうしで交換を繰り返しながらちょっとはましな切手を手に入れるというパターンであったように思う。

 ちょっと離れた町に切手屋(古物の)があり、そこに行っては安めの、しかし郵便局では売ってない昔の切手を手に入れて、それを原資にしてトレードしていたんだっけなー。

 ちょっと変わっているけど安いタイプの国立公園ものとか。その辺りを数枚まとめて珍しいやつを1枚ゲットするとか。そんなことを繰り返して切手のバインダーに挟んで、うっとり眺めていたっけなー。

 ま、子どものすることだからすぐ飽きて、その辺にほっぽりだしてそれっきり。“月に雁”とか“見返り美人”なんかを持っていたらそりゃすごいけどね。よくマガジンとかサンデーの裏表紙に載っていた切手の通販広告の中のひときわ大きく載っていた“月に雁”が欲しかった・・・。

 なぜいま切手の話かというと、使用済み切手がドドーンと入荷したので。使用済みでも消印の押され方とか、昭和30年頃以前のものとかだとそれなりに蒐集したくなるそうで、ま、もちろん使用済みなので切手そのものの価値がどうのこうのではないんだけれど、なんとなくかわいいアイテム風でいいかなと。小分けにしてみたのでどうぞよろしく。コラージュなどの部材にどうでしょう?という話でした。

 今日の国分寺は晴れ。寒いです!

 今日流れているのは、押尾コータローです。
b0304265_1512565.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2017-01-23 15:12 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 戸梶圭太の『なぎら☆ツイスター... 新入荷情報84 >>