十二月の風

 もう師走。いつの間にか、どこもかしこも忙しい時期になっていました。

 新年の準備はお済ですか?済んでるわけないですよね、ふつうまだ。ていうか昔より正月感が薄いです。十二月ともなればうれしい気分になって正月ワクワクな感じだったのに。普通に月と年がかわるだけ・・・。

 高校生の頃、十二月の風が好きでよくフラフラと外を歩いていました。自転車ならすぐの場所にも、テクテク歩いて、風を感じていたわけです。多感であったあの頃とはまったく違う人になってしまっているのかもしれませんが、それでもあの頃のようにテケテケ歩けば、十二月の風を感じます。

 なんでもかんでも悲しかった高校生の頃の感性が多少なりとも残っているのかもしれないですが、道端の枯葉を踏んだだけで感傷的な気分になりました。ていうか感傷的ともまた違う、厭世感、でしょうかね。それだけ齢をくったということですかね。

 枯葉を踏みつつ十二月の風を感じる・・・それだけなのに、こころは静かになります。

 今日の国分寺は晴れ。暖かい。

 今日流れているのは、シミズヤスアキです。
b0304265_13513367.jpg
 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-12-05 13:51 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 世界がいっぱい 『滅びゆく武蔵野 第二集』光線 >>