疲労の果て

 よくドラマでクラ~っと倒れて次の場面では病院のベッドで点滴されながら「たいしたことないのよ」とか言ってる場面がたまにあるが、そんな感じになりそうな瞬間があって、ああマジでやば・・・てなところだった。

 ほんと無理がきかないお年頃になってしまったんだなーと思う。徹夜なんてもうできない?わしは、いや僕はまだまだやらなければならないことがあってこのままポックリ行くわけにもいかず、けれどもすべての知力・体力を足し合わせても20代の頃の3割くらいな気がする・・・。

 遠い昔の話だけど、ほぼ同い年数人で話をしていて、今一番欲しいものは何かという問いに、皆はお金と言い、自分は健康だと言ったら、金があればどうにでもなるみたいなはなしになって、でも健康なんてもんは金が有り余っていても関係ないし、人間、健康じゃなかったらいくら金があってもつまらなくないかと言うと、やっぱりそれでも金だと。

 いま声を大にして言いたいのはやっぱ健康が一番だということだ。そりゃ完璧な、じゃなくてもいいよ。少しくらいどこかが悪いなんてのは当たり前として、それでもやりたいことがやりたいと思うレベルで体と頭が動くっていうのが最高なんだと思う。

 でもこんなこと書いてると副店長が怒るわけですよ。体にいいことは何もしないで何を言っておるのか、って。それはそうなんで何も言えないんだけど、言いたいときもあるって話ですよ。特に昨日みたいな日は・・・。

 今日の国分寺は晴れ。暖かいです。

 今日流れているのは、クロノスカルテットです。
b0304265_145575.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-12-03 14:05 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 『滅びゆく武蔵野 第二集』光線 本日はアーカイブス『陸奥A子ふ... >>