短パンと水玉の靴下

 あー、やっとこさで諸々終わりました。無事に生きているので何とかなったんだと思いますが、やっぱ詰めのあまいところは相変わらずで、反省点だらけです。

 東京蚤の市、ブックタウンフェス、ちびまどと、何やかんやと重なって、思った以上に疲労しましたが、あたまとからだが気持ちについて行かない場面もあり、齢を感じずにはいられませんが、同時にまだまだフル回転で動けるようなんとか頑張らねばと、周りの20代30代40代の人たちを見て感じたというわけです。

 下手をすれば息子か娘くらいの齢の人たちと同じ動きとセンスを共有できないとこういうイベントはむずかしい・・・けれどもそこはやっぱおじさんになってしまっている現実に向き合いながらも気持ちとセンスは若返らねばならないと、と。若かった頃を思い出すのではなく、いま若くあらねばならないということに気が付きました。ほんと勉強させていただいた(泣)。

 裾の短いパンツと水玉の靴下を履けるだろうか・・・いつかは!

 今日の国分寺は雨。さきほどやっとかたずけて普通に開けました・・・もう閉店時間ですが・・・

 今日流れているのは原田知世です。
b0304265_1842555.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-11-21 18:42 | お店あれこれ | Comments(0)
<< アジアの本屋 週末までごった返し! >>